就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「入社後にやりたい仕事」について質問された時の適切な答え方

更新日:2018/05/24

「入社後にはどんな仕事をしたいですか?」という質問は、新卒の面接の場で頻出な質問の1つです。

「入社後にどのような仕事をしたいか」は、しっかりと回答することが出来ないと、面接官に「志望度が低い」と判断されかねません。

面接官に良い印象を与えるためにも、しっかりと「入社後にやりたい仕事」について質問された時の回答を考えておくようにしましょう。

面接官が「入社後にやりたい仕事」を質問する意図

2634561264_ac780635b6_z J !wekump / rfeldein

面接官がこの質問をする意図は以下の2つです。

  • 学生の企業への理解度を測るため
  • 学生の価値観を知るため

順番に説明していきます。

学生の会社への志望度を測るため

面接官は「入社後やりたい仕事はなに?」と学生に質問して、その答えを知ることにより、学生が会社のことをしっかりと理解しているかどうかを確かめようとしています。

当然のことながら、会社のことを事前に調べていかないと、入社後にやりたい仕事を具体的に話すことは出来ません。

面接官は学生が語る「入社後にやりたい仕事」を聞いて、どれくらい会社のことを理解しているのかや、しっかりと企業研究をしてきたのかなどを調べようとしている、ということです。

学生の価値観を知るため

「入社後にやりたい仕事」というのは学生の価値観を反映します。

その学生がどのような志向、性格、能力を持っているのかを見極めて、会社にマッチするのか測ろうとする意図を面接官は持っています。

「入社後にやりたい仕事」を聞かれた時の適切な答え方

11682625885_4e0bdb28d8_z Hard Drive Repair / wwarby

この質問に答える時のポイントは以下の3つです。

  • 具体的に話す
  • 熱意を持って話す
  • 自分の強みと絡める

順番に説明していきます。

具体的に話す

入社後にやりたい仕事を話す時にはなるべく具体的に話すようにしましょう。

具体的に話せるということは、それだけ自分がその会社のことを良く知っているということです。

事前に入念な企業研究をしたということを面接官に思わせることが出来たら、自分のその会社に対する「志望度」が伝わるため、高評価を貰える可能性が格段に上がります。

熱意を持って話す

その会社に入ってやりたい仕事を話す時には、ハツラツと元気よく話すようにしましょう。

「強い魅力を感じます」だったり、「ワクワクします」などのような言葉を使うことにより、「その会社で働きたいんだ!!」という熱意を面接官に伝えることが出来ます。

熱意は合否に大きな影響を与えるので、しっかりと意識しておきましょう。

参考面接では「熱意」が最も大事

自分の強みと絡める

面接で「入社後にやりたいこと」を答える時には、自分の強みも同時にアピール出来るとなお良いです。

入社後にやりたい仕事が特に思い当らない場合は、自分の強みが最も活かせそうな仕事を「入社後にやりたい仕事」として話すことも可能です。

以上、『面接で「入社後にやりたい仕事」について質問された時の適切な答え方』についてでした。

新卒向け就活サービス

キャリアチケット

キャリアチケットは2019卒で就活をしている学生のための就職エージェントです。無料で相談可能なプロの就職アドバイザーと一緒に、面接練習やES対策を行い、少しでも有利に就活を進めましょう。

ニクリーチ

ニクリーチは焼き肉を食べながら選考を受けることができる、高学歴向けのスカウト型就活サイトです。お金はないけど肉は食べたい高学歴就活生は必ずチェックしておきましょう。

 - 仕事に関する質問