就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「あなたを動物に例えると何ですか?」と質問された時の適切な答え方

更新日:2018/08/07

Photo by Jf Brou on Unsplash

「あなた自身を動物に例えると何ですか?」という一風変わった質問を、新卒の面接では受けることがあります。

この記事では、そんな「例え」に関する質問について適切な答え方についてまとめました。

面接官がこの質問を聞く意図

7670507852_435cdf5fcc_z Nikon J1 10-30mm examples (manipulated) / xjrlokix

この質問をする目的は、学生のユーモアや、話術、機転が利くかどうかを確かめるため、と言われることが多いです。

しかし、○○に例えると?という質問はあまり意味があるものだとは思えません。

時間つぶしのためや、あまり準備してこなかった面接官が間をつぶすために、手元の資料に書いてある「質問例」を見て、とっさに質問しただけではないか、と考えることも出来ます。

目的がはっきりしない質問なので、回答する時はマイナス点を貰わないことを意識しましょう。

負けない戦いをすることが大事です。

例えの質問例

Photo by Boris Smokrovic on Unsplash

「あなたを動物に例えると何ですか?」という質問は、「例えの質問」の1つです。

似たような「例えの質問」を面接の場では受ける可能性があります。

そのような他の「例えの質問」には下記のようなものがあります。

  • 一言で表すと?
  • 動物に例えると何?
  • 色に例えると何色?
  • モノに例えると?

「あなたを動物に例えると?」という質問や、「あなたを色に例えると?」という質問は新卒の面接では聞かれることが多いようなので、念のため頭に入れておきましょう。

「○○を一言で表すと?」という質問も、されることがあります。学生の要約力を問う質問です。

この質問への適切な答え方

Photo by Wexor Tmg on Unsplash

「例え」に関する質問をするときに知っておきたいポイントはいくつかあります。以下の例を使って説明します。

【質問例】
あなたを動物に例えると?

【回答例
私は自分自身を動物に例えるなら、犬だと思っています。

何故なら群れを作って組織の中で生きていくのが得意だからです。

上記回答例のように回答する際に抑えておきたいポイントには以下の2つがあります。

  • 結論を最初に答える
  • 自分の強みを起点にして答える

それぞれ順番に説明していきます。

結論を最初に答える

Photo by chuttersnap on Unsplash

「あなたを動物に例えると何だと思いますか?」と質問された時には、はっきりと結論を最初に答えるようにしましょう。

上記回答例の場合は「私は動物に例えると犬だと思っています。」と結論を最初に話しています。

結論を最初に話すと圧倒的に話しが分かりやすくなります。

結論を最初にはっきりと表明してしまい、その後に理由を付けくわえる形で話せればそれだけで、他の就活生と差をつけることができます。

自分の強みを起点にして答える

Photo by Lemuel Butler on Unsplash

このような例えの質問をされた時でも、必ず「自分の強み」を軸に回答することにしましょう。

自分の強みや自己PRと主張した内容が同じだと、一貫性があることを面接官に伝えることが出来るため、信頼感が上がります。

逆に、たとえ話のような不意をついた質問に対して、その前の質問で答えた内容と全く逆のことを答えてしまうと、面接官に「この学生は噓をついているのではないか」と疑われてしまいます。

「自分の強み」を元に、回答を作成すれば、このような事態は避けることが出来ます。

まとめ

Photo by Victoriano Izquierdo on Unsplash

上述したように、面接で「あなたを動物に例えると何だと思いますか?」と質問された時には、結論から答えるようにしましょう。

また、結論で答える動物を考える時には、自分の強みを起点にして発想するようにしましょう。

以上、『面接で「あなたを動物に例えると何ですか?」と質問された時の適切な答え方』についてでした。


  面接でよく聞かれる"他の質問"

面接でよく聞かれる質問63コ

  19卒新卒におススメ就職エージェントランキング