就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「リーダー経験」について質問された時の適切な答え方

更新日:2018/07/13

Photo by rawpixel on Unsplash

「リーダーとして活躍した経験はありますか?」という質問をしてくる面接官は多いですが、学生はどのように答えるのが懸命なのでしょうか。

この記事では、面接で「過去にリーダーとして活躍した経験」について質問された際の答え方について解説していきたいと思います。

企業がこの質問を聞く意図

Photo by rawpixel on Unsplash

企業は学生に、将来的にはその会社のリーダーになって欲しいと思っているため、その学生のリーダーポテンシャルを知りたいと思っています。

サラリーマンは、出世するにつれて部下が増えます。

企業は、部下を持って、しっかりとリーダーシップを発揮し、バリバリ仕事をする人材を求めています。

また、リーダー経験は、部下として働く時も活きてきます。

何故なら、リーダーとして活躍したことがある人材は、リーダーの立場にたって物事を考えられるようになるからです。

例え、新入社員だとしても、リーダーシップを発揮した経験があれば、リーダーとして働く上司の気持ちが想像できるようになります。

企業は、このようにフォロワーとして働く上でもリーダーシップ経験は大事だと考えているので、面接の場で「リーダーシップ経験」を学生に聞きます。

「リーダー経験」を聞かれた場合の答え方

2446669822_0625f23620_z ROFLCon: The Internet Cult Leaders- Talk – 4 . 27 . 08 / brennanmoore

リーダー経験を聞かれた時の答え方のポイントは3つあります。

  • 具体的に話す
  • リーダーとしてどのような課題を解決したのかを話す
  • 規模の大小は気にしない

以下の回答例を使って、それぞれ順番に解説していきます。

【回答例】
私は高校生の時のサッカー部で部長としてリーダーを経験しました。私が通っていたサッカー部は、進学校だったため、高校三年生の時は特に、チームメンバーがサッカーと勉強でどっちつかずの状況でした。私はこの中途半端な状況を打破するために、顧問の先生と話し合い、練習時間を2時間に短縮し、サッカーと勉強のメリハリをつけることを提案し、実行しました。2時間の練習では密度の濃いものにするために、サッカーゴールを運んだり、グランド整備をしたりなどの雑用も積極的にこなし、チームの指揮を高めようと努力しました。その結果、チームメンバーはサッカーも勉強も両方とも、全力で取り組めるようになり、その後のサッカーの試合や受験の結果に良い影響を与えました。

具体的に話す

Photo by rob walsh on Unsplash

リーダシップ経験を答える時には、どのようなリーダーシップをとったのか具体的に言うようにしましょう。

上の例の場合だと、「サッカーゴールを運んだり、グランド整備をしたり・・・」などのように、具体的な作業を挙げることにより、雑務を積極的にこなしたことを説明しています。

具体的に説明することで、自分が経験したリーダーシップ経験をよりリアルに面接官に伝えることが出来ます。

リーダーシップ経験をでっち上がる学生も多くいるので、リアルな描写が出来ると、それだけで高評価を貰える可能性が上がります。

また、具体的に説明すると、自分がどのようなタイプのリーダーシップが得意なのかを、面接官に分かりやすく説明できるようになります。

自分が意図したことを面接官にしっかりと理解させるためには、具体的に話すことが欠かせません。

リーダーとしてどのような課題を解決したのかを語る

Photo by rawpixel on Unsplash

自分が発揮したリーダーシップによって、どのような課題を解決したのかを、リーダーシップ経験を面接官に聞かれた時に説明できるようにしましょう。

上の例の場合だと、「サッカーと勉強でどっちつかずなだったチーム状態」が課題です。

この課題を解決するために、上の例を書いた著者はリーダーシップを発揮しています。

リーダーシップを発揮した経験を説明する時に、自分が解決した課題を同時に説明すると、自分が経験したリーダーシップが飾りだけのものではなく、実際に役にたった、有効なものだったことを示唆することが出来ます。

仕事において必要になるリーダーシップも必ず、何かの課題を解決するためのものです。

リーダーシップ経験を使って、どのような課題を解決したのかを語れれば、他の学生と大きく差をつけることが出来ます。

規模の大小は気にしない

Photo by Nicholas Kampouris on Unsplash

リーダーシップを発揮した組織が小さくても構いません。

組織の大小は、リーダーシップの優劣につながるものではありません。

就職活動の場でも、リーダーシップを発揮した組織が小さかったとしても、それだけで低評価を貰うことはありません。

組織の大小よりも大事なことは、「どのようにリーダーシップを発揮したのか」ということと「そのリーダーシップを使って、どのような課題を解決したのか」ということです。

自分がリーダーとして活躍した組織の人数が少なかったとしても、恥じずに、自分のリーダーシップ経験を具体的に堂々と語れるようになりましょう。

まとめ

Photo by Vlad Tchompalov on Unsplash

上述したように、面接で「リーダー経験」について質問された時には、「リーダーとしてどのような問題を解決したのか」を意識して具体的に回答するようにしましょう。

また、リーダーとして活躍して課題を解決したのであれば、規模の大小は関係ないので、どんなに小さなことでも面接の場では自信を持ってアピールするようにしましょう。

以上、面接で「リーダー経験」について質問された時の適切な答え方についてでした。


  面接でよく聞かれる"他の質問"

就活生の皆さん、面接で良く聞かれる"他の質問"への対策は万全ですか? 就活キングの「面接で良く聞かれる質問」についての記事に目を通して、面接対策を盤石にしましょう。

■詳細はこちらから
面接でよく聞かれる質問63コ

新卒向け就活サービス

Meets Company

Meets Companyは、決定権を持った採用担当者と就活生をつなぐマッチングサービスです。その場で内定を獲得することも可能なMeets Companyを利用して、爆速で就活を終わらせてしまいましょう。

キャリアチケット

キャリアチケットは2019卒で就活をしている学生のための就職エージェントです。無料で相談可能なプロの就職アドバイザーと一緒に、面接練習やES対策を行い、少しでも有利に就活を進めましょう。

ニクリーチ

ニクリーチは焼き肉を食べながら選考を受けることができる、高学歴向けのスカウト型就活サイトです。お金はないけど肉は食べたい高学歴就活生は必ずチェックしておきましょう。

 - 過去の経験を問う質問