さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

就活生なら自己分析に絶対取り組むべき2つの理由

更新日 2018/10/20

Photo by rawpixel on Unsplash

「自己分析が必要って世間では言われてるけど、実際やらなくても何とかなるでしょ?」と甘い考えをお持ちの就活生の皆さんへ。

残念ながら自己分析には絶対に取り組む必要があります。

「自己分析に取り組まなくても何とかなる」ということは決してありません。

自己分析に取り組まないと面接に落ちまくるなど大変な目に合います。

就活生なら自己分析には絶対に取り組む必要があります。

その理由は下記の2つです。

  • 面接で「自分に関する質問」に答えられるようにするため
  • 志望する会社・業界を決めるため

それぞれ順番に説明していきます。

面接で「自分に関する質問」に答えられるようにするため

Photo by Farzad Nazifi on Unsplash

面接の場では「自分はどのような人間であるか」を説明しなければなりません。

そのためには「自分は何者か」ということを正確に理解しておかなければなりません。

自己分析をしっかりとしなければ「自分の強み」や「自分の価値観」などを言語化することは難しいです。

面接の場で聞かれたらしっかりと分かりやすく簡潔に「自分」を表現するために自己分析をする必要があります。

普通の人は「あなたの強みは?」という質問にいきなり答えることは出来ません。

しっかりした準備なしに、人に分かりやすく「自分の強み」を伝えることが出来る人はいません。

しっかりと自己分析をして面接官に「自分」をアピール出来たら面接を通過する可能性が上がります。

面接で良いパフォーマンスを発揮するために自己分析は欠かせない準備なのです。

志望する会社・業界を決めるため

Photo by Clint Adair on Unsplash

自分が本当にやりたいと思っている仕事はどんなものなのかを知るために、自己分析は役にたちます。

自己分析で「将来自分は何をしたいのか」ととことん考えればその答えに沿った就職先を選ぶことが出来るからです。

「将来自分は何をしたいか」という問いへの答えが「家族を持ち幸せに暮らしたい」だったら生活が安定する大企業への就職を考えるべきです。

一方、「将来自分は何をしたいか」という問いへの答えが「組織に縛られず自由に生きてみたい」だったら個人で稼ぐ力が早く身に付く仕事を選ぶべきです。

一部の学生は子供のころから明確な夢があるために「将来自分は何をしたいのか」と考える必要がないのかもしれません。

しかし、ほとんどの学生は「自分のやりたいこと」など特にないため自己分析として深く考える必要があります。

まとめ

Photo by Trung Thanh on Unsplash

以上のように、自己分析は「自分を正確に説明するため」と「自分が望む会社・業界を決めるため」に取り組む必要があります。

面接の場で面接官は「この人はどのような人なのだろうか?」ということを気にしています。

面接官に正確に自分について説明するためには、事前に自己分析に取り組んで「自分を正確に理解する」プロセスが欠かせません。

面接の場での質疑応答に的確に応じるためにも、自己分析にはしっかりと取り組んでおくようにしましょう。

自己分析に取り組む方法については下記記事にて解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

以上、『就活生なら自己分析に絶対取り組むべき2つの理由』についてでした。

Copyright© 就活キング , 2018 All Rights Reserved.