さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

就活前には文章力を上げておくべき理由

更新日 2018/11/06

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

就職活動では、エントリーシート(ES)を書く必要があるため、文章を書く力があると、有利に働きます。

文章を書く力は、訓練すれば誰でも上げることが出来るので、就職活動を開始するまでに、まだ時間がある学生は、文章力を上げる取り組みをしてみるべきです。

膨大な量のESを書くことになる

6800836137_5ec690073d_z普通の学生は、就職活動を通して20社以上の会社にエントリーをします。だから、20種類以上のESを書かなければなりません。

ESの形式は、300文字から1000文字ほどの量で、3つほどの設問に答えるものが一般的です。

これだけの量のものを、20種類以上書かなければならないので、その量は膨大なものになります。

もちろん、他の会社で使った文を使いまわしたり、「楽天みんなの就職活動日記」に書いてある志望動機から引っ張ってきたりすることにより、これらの労力は軽減することが出来ます。

しかし、これらの方法は本来はやるべきではないですし、いつもこの方法で乗りきれるかといったら、そうではありません。

それよりも、自分の文章力を上げることにより、より高品質な文章を効率よく生産出来るようになったほうが得策です。

文章力を上げることはESの通過率を上げるという面で役にたつだけではなく、多くのESをさばく能力をも上げ結果的に複数の会社にエントリーすることも可能にします。

文章力を上げる方法?

Photo by Nick Morrison on Unsplash

文章力を上げる方法は、自分で文章を書いてみる他にありません。

紙のノートに毎日日記を書いてもよいですし、インターネット上にブログを開設してみても良いでしょう。

とにかく、文章力を上げるためには、実際に自分の手と頭を動かして文章を書いてみることが大事です。

もちろん一朝一夕では文章力は上がりません。

毎日着実にコツコツと継続して取り組むことにより、文章を書く力が上がり、ESへの良い対策になります。

文章力を上げることは面接の場でも役にたつ

Photo by Helloquence on Unsplash

文章を書くということは、自分が伝えたいことをまとめて、それを形にするということです。

このプロセスは、話をする時にも共通します。

話をする時も、自分が伝えたいことをまとめて形にしています。

つまり、文章力を上げることは、分かりやすく話をする力を上げることも意味するのです。

簡潔に分かりやすくまとめて、相手に伝わるように話す力は、面接の場でも非常に役にたちます。

文章力を上げることは、エントリーシートを書く時のみならず、面接の場で話す能力を上げるという側面においても、強力な好影響を与える取り組みです。

Copyright© 就活キング , 2018 All Rights Reserved.