就活キング

WEB版就活マニュアル登場

代表的な航空会社の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界情報まとめ

更新日:2018/07/20

Photo by Randy Fath on Unsplash

この記事ではANAとJAL、スカイマークの初任給、平均年収、3年後離職率についてまとめました。

航空会社に興味のある就活生は是非参考にしてみてください。

主要な航空会社の各種データ比較

Photo by Gary Wann on Unsplash

主要な航空会社の各種データー比較は下記の通りです。

会社名 総合職初任給(※1) 平均年収(※2) 3年後離職率(※3) 参考リンク
ANAホールディングス  大卒:212,000円 739万円 NA 新卒採用サイト
日本航空(JAL)  初任給:222,000円 632万円  NA 新卒採用サイト
スカイマーク  490万円  新卒採用サイト
※1 総合職初任給は各会社の新卒採用サイトから抜粋
※2 平均年収はマイナビウーマンこっそり年収チェッカーより抜粋
※3 3年後離職率は就職四季報2019年版 より抜粋。各会社の残業時間や残業代、有給消化、ボーナス、平均勤続年数などの、より詳しい情報は就職四季報2019年版を購入すれば確認出来ます。

それぞれの会社を順番に紹介していきます。

ANA

国内線首位。もともとは国内線専門だったが、JALの破綻に伴い大量の発着枠を獲得し、国際線旅客輸送量が急伸。ANAは、All Nippon Airlineの略。全日本空輸とも呼ばれる。2016年卒生が選ぶ就職人気ランキング第2位。(参考:東洋経済ONLINE

JAL

国際線首位。米同時多発テロや、JASとの統合失敗、無理な拡大路線などが原因で、2010年に経営破綻をしたが、経営再建をし2012年に再上場をした。JALはJapan Airlinesの略称。2016年卒生が選ぶ就職人気ランキング第12位。(参考:東洋経済ONLINE

スカイマーク

2015年1月に民事再生法の適用を申請い経営破綻。投資ファンドのインテグラル、ANA、日本政策投資銀行と三井住友銀行の折半出資ファンドがスポンサーとなり再建中。(参考:ロイター

LCCについて

LCC(格安航空会社) 説明
ジェットスター・ジャパン  JALが出資
ピーチ・アビエーション  ANAが出資
バニラ・エア  ANAが100%子会社化
春秋航空日本  中国の格安航空会社である春秋航空が出資
日経業界地図 2018年版 参照 。日経業界地図 2018年版を購入すれば、より細かい業界情報を知ることが出来ます。

LCCとは、Low Cost Carrerの略称です。日本語では格安航空会社と呼ばれます。LCCの台頭や、海外からの観光客の増加の影響で、旅客者数は近年増加しています。

航空会社を受ける学生は、LCCについてもしっかりと調べておきましょう。

下記に、航空会社を受ける学生が使う業界の志望動機をまとめたので参考にすると良いです。

関連記事航空業界を受ける時に知っておきたい志望動機

以上、『代表的な航空会社の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界情報まとめ』についてでした!


  他業界の各種データ比較

就活生の皆さん、他業界の初任給・平均年収・離職率もすでに調査済みですか? 就活では様々な業界の選考を受けるかと思いますので、この機会に他業界の各種データも確認しておきましょう。

■詳細はこちら
業界別各種データ比較

新卒向け就活サービス

Meets Company

Meets Companyは、決定権を持った採用担当者と就活生をつなぐマッチングサービスです。その場で内定を獲得することも可能なMeets Companyを利用して、爆速で就活を終わらせてしまいましょう。

キャリアチケット

キャリアチケットは2019卒で就活をしている学生のための就職エージェントです。無料で相談可能なプロの就職アドバイザーと一緒に、面接練習やES対策を行い、少しでも有利に就活を進めましょう。

ニクリーチ

ニクリーチは焼き肉を食べながら選考を受けることができる、高学歴向けのスカウト型就活サイトです。お金はないけど肉は食べたい高学歴就活生は必ずチェックしておきましょう。

 - 商社・流通・海運・航空業界の各種データ比較