さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

メガバンクの初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界情報

更新日 2019/01/16

就活キング
メガバンクの初任給、平均年収、3年後離職率ってどのくらいなんじゃ?

総合金融グループを形成しているメガバンクの初任給、平均年収、3年後離職率の比較と、業界基本情報についてこの記事ではまとめました。

メガバンクに興味のある就活生は是非参考にしてみてください。

メガバンクの各種データ比較

会社名 総合職初任給(※1) 平均年収(※2) 3年後離職率(※3) 参考リンク
三菱東京UFJ

修士:23万円

大卒:20万5000円

1061万円 NA 新卒採用サイト
みずほ銀行

院卒:23万円

大卒:20万5,000円

986万円 NA 新卒採用サイト
三井住友銀行

院卒:23万円

大卒:205,000円

 1187万円 NA 新卒採用サイト

※1: 総合職初任給は各会社の新卒採用サイトから抜粋

※2: 平均年収はマイナビウーマンこっそり年収チェッカーより抜粋

※3: 3年後離職率は就職四季報2019年版 より抜粋。各会社の残業時間や残業代、有給消化、ボーナス、平均勤続年数などの、より詳しい情報は就職四季報2019年版を購入すれば確認出来ます。

メガバンクの初任給はどの会社も大学院卒が23万円、学部卒が20万5千円となっています。

3年後離職率は公表されていません。銀行は激務なため3年以内に多くの人が離職していると言われています。

メガバンクの現状

メガバンクグループに所属している会社が行っている事業には以下のようなものがあります。

  • 銀行
  • 信託銀行
  • 証券
  • 消費者ローン
  • リース
  • ベンチャーキャピタル
  • クレジットカード
  • 国際投信

銀行業務とは基本的に個人や法人にお金を貸して、利子で儲ける事業のことです。

信託銀行とは、銀行業務と信託業務と両方行う会社のことです。銀行業務というのは主に上記の通りです。

信託業務というのは、委託者から不動産やお金、債券や株式、相続関連業務などを請け負って、委託者の代わりにその財産の管理・処分などを行うことにより手数料を稼ぐ業務です。

証券というのは、株の売買の仲介業のことです。個人に株式投資を進めたり、法人に新規株式発行の提案などをすることにより手数料を稼ぐ業務です。

消費者ローンというのはアコムやレイクなどのような個人を対象とした金貸し業務のことです。カードローンともいわれます。

リースというのは、クライアントの希望する物件などを購入し、お客様に長期間貸すことによって手数料を稼ぐ事業です。

参考昭和リース

ベンチャーキャピタルというのは、ベンチャー企業に投資をして儲ける事業です。

クレジットカード事業と言うのは、ご存じのとおり、クレジットカードを取り扱う小売店から手数料を稼ぐビジネスのことです。

このようにメガバンクグループは内部に様々な金融ビジネスを行う会社を持っています。

志望動機

銀行を志望している学生は以下の記事にも目を通して、自分が銀行を志望する理由を考える時の役に立ててください。

なお、銀行を受ける学生が使う志望動機のうち、多いものの1つが「信頼関係が欠かせない仕事に魅力」というものです。

以上、『メガバンクの初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界情報』についてでした。

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.