さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

面接では「熱意」が最も大事

更新日 2018/11/02

Photo by Noah Silliman on Unsplash

リクルート社が、新卒採用を実施した企業にしたアンケート結果によると、「企業が採用基準で重視する項目」の2位が「学生の企業への熱意」です。

企業が面接のときに特に重視しているポイントの一位は「学生の人柄」です。「人柄」は簡単に変えられるものではありません。

そうすると、面接の対策として最も効率的で効果的なのは、企業が面接のときに重視している評価項目で2位の、「学生のその企業への熱意」を高めることになります。

しかし、多くの学生は「熱意」が大切だということに気が付いていません。

面接の前に「その会社への熱意」を見せられるにはどうしたらよいのか、ということを考えていないことは非常に勿体ないことです。

リクルート調査重視する項目

出典:リクルート就職

企業への熱意とは何か?

9285812653_8eaa7eae43_z

学生の受験する企業への熱意とは、

この会社で働きたいんだぁぁ!!

という、強い気持ちのことです。

なぜ企業は熱意を重視するのか?

Photo by Carl Heyerdahl on Unsplash

企業は「学生は皆、仕事が出来ない」と考えています。

下記記事でも説明した通り、企業は「学生が将来成長してくれるかどうか」を指標として評価しています。

間違いなく熱意がある学生は熱意がない学生より将来成長する見込みがあるように感じられるので、新卒の採用面接の場では熱意が重要になってくるのです。

これは新卒の場に限ったことです。転職市場では、熱意よりも志願者のスキルのほうが重要視されます。

新卒の学生は、働いた経験がないので、全員スキルはゼロです。

全員スキルゼロだからこそ、熱意が重要になってきます。

熱意を見せるにはどうすれば良いのか?

3656515615_11556748fa_z面接の場で面接官に熱意を見せるためには、「どれだけ自分がその会社で働きたいのか」ということを熱く語る必要があります。

熱意を伝えるのに重要なのは、話す内容よりも、話す声の大きさやトーンに依るところが多いです。

誰でも自分の趣味だったりを誰かに伝えるときにはテンションが上がって、熱く語ってしまいますよね。その時の話し方を面接の場でも発揮出来れば最高です。

声の大きさやトーンを変えて、熱意のある話し方を演じるのも良いですが、それだけではなく、ボディーランゲージも付け加えると、さらに熱意が伝わりやすくなります。

熱意を面接の場で表現するためには、しっかりと企業研究をする必要があります。

企業研究をして、その会社の良いところを見つけましょう。

そして、その会社の面接の3時間前になったら、少しづつ熱意を高めていって、面接の時間になったら本気でその会社のことが好きだと思えるような心理状態に持っていきましょう。

もう一度言う、「熱意」は凄く重要だ

Photo by Nathan Dumlao on Unsplash

新卒の就職活動の面接では、企業が「熱意」をかなり大きな評価項目としているのにも関わらず、そのことを知らない学生が多いです。

だからこそ、面接の場で「熱意」を見せることが出来たら、他の学生と大きな差をつけることができ、内定に大きく近づけます。

以上、『面接では「熱意」が最も大事』という内容についてでした。

Copyright© 就活キング , 2018 All Rights Reserved.