さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

「自分が働いている姿を具体的にイメージすること」は、かなり重要

更新日 2018/11/10

Photo by Marcela Laskoski on Unsplash

面接の前に取り組んでおくべき最も大事なものの一つが、「自分がその会社で働いている姿を具体的にイメージすること」です。

この記事では「面接前に具体的にその会社で働いていることをイメージする」ということはどういうことなのか解説していきたいと思います。

「具体的に働くことをイメージする」とはどういうことか?

Photo by Tom Grimbert on Unsplash

具体的に働くイメージをするということは、「朝起きてその会社に電車で出勤して机に座り具体的な業務に取り掛かり、同僚とランチをしてその後にクライアントを訪問する」などのように普通の一日の働く様子を具体的にイメージすることです。

具体的というのは本当に具体的でなければなりません。通勤経路や、ランチの場所、業務内容などを具体的に想像することは面接にプラスに働きます。

なぜ「具体的にイメージすること」が大切なのか?

5399951973_a6a046a4f1_z This way please / neilarmstrong2

具体的にイメージすることが大切な理由には以下のようなものが考えられます。

  • 熱意を高めるため
  • その会社のことを詳細に知る努力をするため
  • 面接官に志望度の高さを伝えるため

それぞれ順番に説明していきます。

熱意を高めるため

Photo by Aidan Hancock on Unsplash

新卒の面接では学生の間に能力の差異があまりないため、熱意が合否を分けるポイントになっています。

具体的にその会社で働くことをイメージすると、その会社で働きたいとい気持ちも同時に高めることが出来ます。

熱意を高める方法は他にもありますが、より現実的な熱意を高めるためには「具体的にその会社で働くイメージをすること」以外に存在しません。

その会社のことを詳細に知る努力をするため

Photo by Markus Spiske on Unsplash

具体的にその会社でイメージすることは、その会社の細かなことを知らないければ出来ません。

つまり、具体的にその会社で働くことをイメージしようとすると、その会社のことをより細かく調べなければなりません。

企業研究と言っても度合があります。なんも目的もなしに企業研究をすると、どうしてもその研究内容が浅くなりがちです。

しかし、「その会社で働くことを具体的にイメージできるかどうか」というところに焦点を当てると、企業研究を深くやらざるをえません。

別の言葉で言えば、具体的にその会社で働くイメージをすることは、十分な企業研究が出来ているかどうか確認をするために、すべきものです。

面接官に志望度の高さを伝えるため

Photo by Pineapple Supply Co. on Unsplash

具体的にその会社で働くイメージが出来ていれば、志望理由などがとても具体的になります。

具体的に志望理由や、その会社の魅力などを面接の場で面接官に伝えることが出来れば、自分の志望度の高さを面接官に伝えることが出来ます。

「志望度」というのは新卒の面接では重要なポイントです。

志望度が高い学生は、必ず志望度が低い学生より高く評価されます。企業は学生に長い期間働いてほしいと考えているため、志望度の高い学生を好むからです。

具体的に働くことをイメージすることにより、面接官に志望度の高さを示しましょう。

Copyright© 就活キング , 2018 All Rights Reserved.