さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

既卒就活のコツとは? 既卒就活で重要な3つのポイント

更新日 2018/12/23

就活ガール
既卒の就職活動には何かコツとかあるの?

既卒としての就職活動には、知っておくだけで無駄な努力をしなくても済む「就活のコツ」というものが存在します。

このちょっとしたコツを知っている人と、そうではない人では、就職活動の生産性に大きな差がついてしまいます。

既卒として就職活動を行う人は、周りの既卒就活生に遅れをとらないためにも、必ず「就活のコツ」を事前に確認し、就職活動の進め方について戦略を組み立てるべきです。

本記事では「既卒就活のコツ」として3つのポイントを紹介していきます。

本記事の内容をしっかりと理解して、実際にそれを既卒就活の方法に活かすことが出来れば、あなたの既卒としての就活は成功に近づくこと間違いなしです。

既卒就活のコツ

それでは既卒就活のコツを紹介していきます。既卒就活の3つのコツは下記の通りです。

  • 行動量を増やす
  • 「既卒の就活は厳しい」という幻想を捨てる
  • 既卒者の就活方法について正しく理解する

それぞれ順番に説明していきます。

既卒就活のコツ①: 行動量を増やす

1つ目の「既卒就活のコツ」は、行動量を増やすことです。

なぜ行動量を増やすことが「既卒就活のコツ」になり得るのかと言うと、既卒就活生の大半が行動量が少ないという弱点を抱えており、それは実際にデータに表れているからです。

下記の「2018年マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」によると、既卒者は「エントリー数」「個別企業セミナー参加者数」「エントリーシート提出者数」「エントリーシート通過社数」「面接受験社数」という全ての項目で、新卒者に比べて行動量が少ないことが分かります。

参考:2018年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査 

「既卒者は新卒者に比べて行動量が圧倒的に少ない」という事実がデータにより示されており、これが既卒者の弱点になってしまっているということです。

既卒者の方は弱点である「行動量」の少なさを挽回できれば、それだけ周りの既卒就活生と比べても有利に就活を進めることが出来ます。

このため、「行動量を増やすこと」は「既卒就活のコツ」の1つになり得るのです。

既卒就活生のあなたは、まずは積極的に「エントリー」や「説明会参加」などのアクションを起こすようにしましょう。

既卒就活のコツ②:「既卒の就活は厳しい」という幻想を捨てる

2つ目の「既卒就活のコツ」は、「既卒の就活は厳しいという幻想を捨てる」ということです。

下記記事でも説明した通り、既卒として就活をしている人は「既卒になった理由を適切に説明できないから」「大手ばかり志望してしまうから」等の理由から「既卒の就活は厳しい」と言われることが多いです。

世間が「既卒の就活は厳しい」という雰囲気であるため、多くの既卒生も同様に「既卒の就活は厳しい」という幻想に囚われていることが多くなってしまいます。

しかし「既卒の就活は厳しい」という幻想に囚われることは、既卒就活生の自信の喪失につながるため良いことは全くありません。

既卒就活生は自信を取り戻すためにも「既卒の就活は厳しい」という幻想を捨てる努力をし、自信を持って就活に臨みましょう。

就職活動において自信は、面接の場での求職者の雰囲気に直結するため、非常に重要になってきます。

面接を受けに来た人が「自信満々」だと頼りがいが有り仕事が出来そうに見えますが、「自信が無さそう」だと、頼りにならなそうで仕事が出来なさそうに見えてしまいます。

面接官に「自信満々」な様子を見せて、「仕事が出来そうな印象」を与えることが出来れば、それだけ合格の可能性は上がります。

そのためにも、「既卒の就活は厳しい」という幻想を捨てて、自信を持って就活を進めるようにしましょう。

既卒就活のコツ③: 既卒者の就活方法について正しく理解する

3つ目の「既卒就活のコツ」は、既卒の就活方法について正しく理解することです。

既卒の就職活動の方法について正しく理解するために必要なことは、まず既卒就活生が利用可能な就職支援サービスにはどのようなものがあるのかを知ることになります。

既卒就活生が利用できる就職支援サービスには「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」という3つのタイプがあります。

「公共サービス」というのはハローワークなどの国や地方自治体などが運営する公的な就職支援サービスのことです。

「求人サイト」は、リクナビやマイナビ、Re就活等のような、あらゆる会社の求人情報を掲載しているWEBサイトのことです。

「就職エージェント」とは、既卒者の就活支援を、就活相談から求人紹介、履歴書/面接対策、内定後フォローなど一気通貫して行ってくれる就職支援サービスになります。

この3つのタイプの既卒者向け就職支援サービスを正しく理解することが既卒就活のはじめの1歩になります。

3つのタイプ全てを含めた、既卒者向け就職支援サービスについては下記記事にて紹介していますので、参考にしてみてください。

さて、既卒者が利用できる就職支援サービスは「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」という3つのタイプがある、ということを説明しましたが既卒就活生はどれを利用するべきなのでしょうか。

就活キング編集部では、下記記事にて「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」という3つのメリット/デメリットを詳細に比較した結果、就職エージェントの利用を既卒生のあなたに推奨しています。

「公共サービス」や「求人サイト」ではなく、「就職エージェント」の利用を推奨する理由については上記記事にて詳細に解説してします。

ここでその内容を簡単に説明すると「就職エージェント」を利用すれば「プロの就職アドバイザーによる就活サポートを受けられる」ことと「自分に最適な質の高い求人に効率よく応募できる」という2つの利点を得られることが「就職エージェント」を利用するべき理由になります。

つまり、既卒就活生のあなたは就職エージェントの利用を検討するべきであり、さらに検討するべきなのは「数ある既卒者向けの就職エージェントのうち、どの就職エージェントを利用するべきなのか」ということになります。

就活キング編集部では、「既卒者の方がどの既卒者向け就職エージェントを利用するべきなのか」を検討する際に役立つよう、下記記事にて既卒者向け就職エージェントをランキング形式で紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

まとめ

以上の通り、既卒就活のコツは下記の3つでした。

  • 行動量を増やす
  • 「既卒の就活は厳しい」という幻想を捨てる
  • 既卒者の就活方法について正しく理解する

特に3つ目の「既卒者の就活方法について正しく理解する」という点においては、既卒就活の命運を左右するほど重要なものになります。

既卒就活で重要なことは、最初に「既卒者が利用可能な就職支援サービス」には「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」という3つがあり、「就職エージェント」を利用すると多くの既卒生の方にはメリットが大きいということを覚えておきましょう。

さらに、「数ある既卒者向けの就職エージェントのなかから、どのエージェントを利用するべきか」についての検討も非常に重要になってきますので、ご自身の就活を良い方向に持っていくためにも慎重に検討するようにしましょう。

以上、『既卒就活のコツとは? 既卒就活で重要な3つのポイント』という話題についてでした!

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.