さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

鉄鋼業界を受ける時に知っておきたい志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)

更新日 2019/04/30

就活キング
鉄鋼業界を志望する理由として、何を言えば良いのじゃろうか?

鉄はあらゆる製品に使われる材料であり、そんな鉄を作る鉄鋼業界は大きな産業を支えるために欠かすことのできない業界です。

そんな鉄鋼業界を受ける就活生が面接時に使える志望動機と初任給/平均年収/3年後離職率等ついて本記事ではまとめていますので是非参考にしてみてください。

鉄鋼業界を受ける時に使える志望動機

鉄鋼業界を受ける時に使える志望動機には下記があります。

  • 鉄作りのダイナミックさと緻密さに魅力を感じた
  • 基盤材料として産業を支えている鉄鋼自体に魅力を感じる
  • 大学で材料学を勉強したから、それを活かしたい
  • 工場見学をしたときに「鉄鋼作り」がカッコよく見えたから
  • 社会インフラを支られる、かつモノ作りが出来る業界だから

鉄鋼業界を受ける学生が使う志望動機で最も多いものは「鉄鋼作りのダイナミックさにひかれた」というものです。

鉄つくりは大きな工場で、ダイナミックに行われます。

工場見学をさせていただいた経験などと絡めて「このダイナミックさに魅力を感じたため鉄鋼業界で働きたい」と言う学生は非常に多いです。

36 新日本製鐵5

鉄作りの現場を見れば、誰でも少年のように胸が高鳴って憧れを感じます。

その気持ちを志望動機に使えば、とても納得感のある理由になるはずです。

ダイナミックさの次に志望動機として使われるものが多いのが「あらゆる産業を支える鉄作りに魅力を感じる」というものです。

鉄は、車や建物、電化製品などありとあらゆるものに使われています。

鉄は、現代のあらゆるモノつくりに欠かせないものです。

このような「社会に欠かせない」ということを持ち出して、鉄鋼産業の重要さとともに志望動機を話せれば面接官に納得して貰える可能性は上がります。

その他には、ただ単に「鉄つくりがカッコよいと思うから」や「鉄が好きだから」ということを志望動機にしている学生もいます。

大学時代に工学部などで材料学の勉強をした学生は「大学で勉強したことを活かしたい」ということを志望動機にすることが多いです。

鉄鋼業界の基本情報

平均年収  563万円
平均勤続年数  15.5年
 平均年齢  38.6歳
 労働者数 70,331人
 業界規模  16兆1,282億円

出典:業界動向SEARCH.COM

鉄鋼業界の平均年収は563万円と比較的高い水準になっています。

平均勤続年数は15.5年と比較的長めです。

平均年齢も38.6歳と高めになっています。

鉄鋼業界では一人前の仕事が出来るようになるまでに、他の業界より多く時間がかかることがあることが平均勤続年数の長さや平均年齢の高さに繋がっています。

鉄鋼会社の各種データ比較

会社名 総合職初任給(※1) 平均年収(※2) 3年後離職率(※3) 参考リンク
新日鉄住金 高専:181,500円
学部:203,500円
修士:229,000円
837万円 NA 新卒採用サイト
JFEスチール 大学:211,500円
修士:238,500円
博士:293,770円
942万円 9.8% 新卒採用サイト
神戸製鋼所  院了:229,500円
大卒:204,060円
540万円 3.4% 新卒採用サイト
日新製鋼  修士:229,600円
学部/高専:203,600円
- NA 新卒採用サイト

※1: 総合職初任給は各会社の新卒採用サイトから抜粋

※2: 平均年収はマイナビウーマンこっそり年収チェッカーより抜粋

※3: 3年後離職率は就職四季報2019年版 より抜粋。各会社の残業時間や残業代、有給消化、ボーナス、平均勤続年数などの、より詳しい情報は就職四季報2019年版を購入すれば確認出来ます。

鉄鋼会社の初任給は標準的です。新日鉄住金と、JFEスチールの平均年収はかなり高い水準です。

日新製鋼の平均年収と3年後離職率は不明です。

世界の主要鉄鋼メーカーの粗鋼生産量

順位 社名
1位  アルセロール・ミタル  ルクセンブルク
2位 新日鉄住金 日本
3位 河北鋼鉄集団 中国
4位  宝鋼集団 中国
5位 ポスコ 韓国
... ... ...
9位 JFEスチール 日本
日経業界地図 2019年版参照 。日経業界地図 2019年版を購入すれば、より細かい業界情報を知ることが出来ます。

1位はルクセンブルクのアルセロール・メタルという会社です。ルクセンブルクは、ドイツとベルギーとフランスの間にある国のことです。

2位は日本の新日鉄住金です。3位から5位までは中国と韓国の会社です。日本国内2位のJFEスチールは世界9位です。

高炉/電炉/特殊鋼

高炉と電気炉の違いは鉄の造り方です。高炉は鉄鉱石を石炭で還元して銑鉄を得る方式のことです。

電気炉は、スクラップ鉄を集めて電気炉で溶かし、溶鉄を得る方式のことです。

鉄鋼のなかには普通鋼と特殊鋼という分類もあります。

特殊鋼というのは、自動車のギアやベアリングなどの強い耐性が求められる部品に使われる鉄鋼のことです。

以上、『鉄鋼業界を受ける時に知っておきたい志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)』という話題についてでした!

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.