就活キング

WEB版就活マニュアル登場

アパレル業界を受けるときに使える志望動機

更新日:2018/07/19

Photo by Clark Street Mercantile on Unsplash

アパレル業界は、多くの人にとってとても身近な業界の1つであるため、その分志望する学生も多いです。

この記事では、そんなアパレル業界を志望する学生が使える志望動機についてまとめました。

アパレル業界を受ける時に使える志望動機

Photo by PHUOC LE on Unsplash

アパレル業界を受ける時に使える志望動機には下記のようなものがあります。

  • 服が好き
  • オシャレ(ファッション)が好き
  • 接客スタッフへの憧れ
  • お客様に喜んでもらえるサービス
  • 人と接することが好き

アパレル業界を受ける学生が使う志望動機で最も多いものは「服が好き」というものです。

服やオシャレが好きだから、それを仕事にしたいというのは、最も使われる理由です。

ただ、「好きだから、それを仕事にしたい」というと、薄っぺらい感じになってしまうので、言い方に注意しましょう。

「好きだから、仕事にしたい」という言うよりは、「小さいころからオシャレが好きで、よく洋服屋に行っていた。その時に見た店員さんがかっこ良く見えたので、アパレルショップで働きたいとずっと思っていた」などと言ったほうが、断然説得力がでます。

ファッションやオシャレが好き、という以外でよく使われる、アパレル業界を受ける時の志望動機は、「接客に魅力を感じる」というものです。

アパレル業界での接客は、他の業界での接客と違う点が多いので、この点を志望動機に使えば、「それって他の業界でも一緒では?」というツッコミを受けるリスクが減ります。

アパレル業界での接客は基本的に、お客さんにピッタリとついて、時にはお勧めの洋服を紹介したりする仕事です。

自分がおすすめした洋服にお客様が満足してくれたら、スタッフの喜びも大きいため、この点を志望動機として使う学生も多いです。

アパレル業界の基本情報

平均年収  507万円
平均勤続年数  12.3年
 平均年齢  38.9歳
 労働者数  35,663人
 業界規模  4兆7,867億円

出典:業界動向SEARCH.COM

アパレル業界の平均年収は507万円と、標準的な水準になっています。

平均勤続年数は12.3年と、長くも短くもない値です。

アパレル業界での代表的な会社

Photo by Ethan Hoover on Unsplash

アパレル業界での代表的な会社には下記があります。

  • ファーストリテイリング
  • オンワードホールディングス
  • ワールド
  • しまむら
  • 青山商事

アパレル業界には、ユニクロやしまむらといたカジュアルな服を販売する会社や、洋服の青山や、AOKIなどのように紳士服をメインに販売する会社があります。

アパレル会社を志望している会社は、下記の記事を見て大手アパレル会社の各種労働データの比較と、業界基本情報を確認しておきましょう。

関連記事アパレル会社の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界基本情報
iDAというアパレル業界に特化した就職サービスがあるので、アパレル業界に興味のある人は下記のリンクから無料会員登録をして、情報を随時確認しましょう。

【iDA】アパレル業界の求人・転職なら!


  他業界の志望動機

就活生の皆さん、他業界を受ける時に使える志望動機もすでに考えていますか? 就活では様々な業界の面接を受けるかと思いますので、この機会に他業界の志望動機についても確認しておきましょう。

■詳細はこちら
業界別志望動機

新卒向け就活サービス

Meets Company

Meets Companyは、決定権を持った採用担当者と就活生をつなぐマッチングサービスです。その場で内定を獲得することも可能なMeets Companyを利用して、爆速で就活を終わらせてしまいましょう。

キャリアチケット

キャリアチケットは2019卒で就活をしている学生のための就職エージェントです。無料で相談可能なプロの就職アドバイザーと一緒に、面接練習やES対策を行い、少しでも有利に就活を進めましょう。

ニクリーチ

ニクリーチは焼き肉を食べながら選考を受けることができる、高学歴向けのスカウト型就活サイトです。お金はないけど肉は食べたい高学歴就活生は必ずチェックしておきましょう。

 - 小売り・食品業界の志望動機