さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

日用品業界を受ける時に知っておきたい志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)

更新日 2019/04/29

就活キング
日用品業界を志望する理由として、何を言えば良いのじゃろうか?

トイレットペーパーや洗剤などを造っている日用品業界を受ける学生が使う志望動機についてこの記事ではまとめました。

日用品業界はトイレタリー業界とも呼ばれます。

日用品業界を受ける時に使える志望動機

日用品業界を受ける学生が使う主な志望動機は以下の通りです。

  • 「人々の身近なところで役に立つものを造りたい」という思いが叶えられると思ったから
  • 日用品を通じて、多くの人のQOL(Quality of Life)の向上に貢献できると感じたから
  • 人々の日常生活を支えることの出来る仕事だから
  • 環境対応をしっかりと行っていることに魅力
  • 自分が作ったり販売したりする商品が日常生活で目にできることに、やりがいを感じる

日用品業界を受ける学生が使う志望動機のなかでキーワードとなってくるものは「身近」という言葉です。

「人々の身近なところで役にたつ仕事に魅力」だったり、「自分がした仕事が人々の身近な生活で役にたっていることを実感できる仕事がしたい」などのように、「身近」という言葉を使った志望動機を使う学生が多いです。

日用品業界を志望する理由を話す時には、日用品業界にはあるけれども他の業界にはない特徴を言わなければなりません。

そうしなければ、「それじゃあ他の業界でも同じじゃない?」と面接官に突っ込まれる可能性があるからです。

日用品業界にしかない特徴というのは、やはり「日常」だったり「身近」という言葉を使って表せるものが多くなります。

「身近」というキーワード以外を使った志望動機としては、「環境に優しい製品造り」というものがあります。

日用品業界の会社説明会に行くと、環境に配慮した製品造りをしていることを聞くことになるので、この点を志望動機として使う学生が居ます。

その他には「人々の生活の質を上げることが出来る仕事だから」というものが志望動機として使う学生がいます。

日用品業界の基本情報

平均年収  677万円
平均勤続年数  16.2年
 平均年齢  41.8歳
 労働者数 16,162人
 業界規模  2兆5,689億円

出典:業界動向SEARCH.COM

日用品業界の平均年収は677万円と比較的高めの水準です。平均勤続年数と、平均年齢は標準的です。

日用品メーカーの各種データ比較

会社名 総合職初任給(※1) 平均年収(※2) 3年後離職率(※3) 参考リンク
ライオン
博士:245,580円
修士:232,520円
大学:213,610円
742万円 10.6% 新卒採用サイト
ユニ・チャーム 修士:224,000円
大学:205,100円
858万円 0% 新卒採用サイト
花王 博士:261,000円
修士:233,000円
学部:213,500円
高専:183,000円
780万円 4.5% 新卒採用サイト
小林製薬 大学:214,150円
修士:232,090円
654万円 10% 新卒採用サイト
エステー 大卒:213,000円
修士:229,000円
697万円 - 新卒採用サイト

※1: 総合職初任給は各会社の新卒採用サイトから抜粋

※2: 平均年収はマイナビウーマンこっそり年収チェッカーより抜粋

※3: 3年後離職率は就職四季報2019年版 より抜粋。各会社の残業時間や残業代、有給消化、ボーナス、平均勤続年数などの、より詳しい情報は就職四季報2019年版を購入すれば確認出来ます。

日用品メーカーの初任給は標準的な水準です。平均演習は比較的高いです。

日用品メーカーの分類

タイプ 社名 説明
外資  プロクター&ギャンブル(P&G)  日用品世界最大手
 ユニリーバ 日用品世界2位
日系 ライオン  オーラルケアに強み
ユニ・チャーム 生理用品で首位
小林製薬 芳香剤首位
エステー 防虫剤首位
クラシエホールディングス ホーユーが子会社化
日経殺虫剤メイン 大日本除虫菊 キンチョウ
アース製薬 殺虫剤最大手
フマキラー 園芸用品も充実
日経業界地図 2019年版参照 。日経業界地図 2019年版を購入すれば、より細かい業界情報を知ることが出来ます。

日用品業界には、ライオンや花王、ユニ・チャームのような日系企業だけではなく、P&Gやユニリーバのような外資系の会社もあります。

日用品は幅広いため会社によって得意な製品が異なります。各会社がどの製品を得意としているのかをしっかりと抑えておきましょう。

日用品業界での職種

日用品会社の職種は様々なものがあります。

花王の新卒採用ホームページの募集職種を見ると、以下のような職種を応募していることが分かります。

  • 研究職
  • 生産技術職
  • 総合職
  • 総合職ビジネスプロセスエンジニア
  • クリエイティブ職

研究職というのは日用品の新製品開発のための仕事です。

大学で、生物や化学、化学工学、機械電気系分野、歯学系分野を勉強した学生が好まれるようです。

生産技術職というのは、製品の工場での製造工程に関わる仕事です。高専生や、電気系、機械系の学生が求めれます。

総合職というのは、営業や、経理、マーケティングなどの業務を担当します。

ITシステムを担当するビジネスプロセスエンジニアも募集されています。

広告などを作成する時に使うコピーライティングなどを担当するクリエイティブ職なども日用品メーカーは募集をしています。

日用品業界に興味のある人は下記の記事にも目を通して、日用品業界を志望する他の学生がどのような志望動機を使っているのかを知っておきましょう。

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.