さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

損害保険会社を受ける時に使える志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)

更新日 2019/05/04

就活キング
損害保険会社を志望する理由として、何を言えば良いのじゃろうか?

「安定」と「高給」の両方を兼ね備えているのが、損害保険会社です。

損害保険会社を受ける学生が、志望動機としてよく用いるものをまとめてみました。

損害保険業界を受ける時に使える志望動機

損害保険業界を受ける時に使える志望動機には下記のようなものがあります。

  • 「安心」を与えることにより人の役に立ちたい
  • 事故にあった経験から損害保険の大切さに気づき仕事にしたいと思った
  • 企業・個人の挑戦を保険により支える仕事に魅力を感じた
  • 社会貢献度の高い仕事だと思うから
  • 人が一番助けを求めている時にサポートすることが出来る

損害保険業界を受ける学生の志望動機のキーワードとなっている言葉は、「安心」と「支える」の二つです。

無難な志望動機を作りたいならば、取り敢えずこの言葉を使っておけば間違いありません。

「安心」を使った損害保険会社への志望動機は、「お客様に安心を与えることにより、精神的な面で社会に貢献したい。」のような感じで、書く学生が多いようです。

「支える」を使った志望動機は、「私は人を支える仕事がしたいと思っています。お客様の挑戦を保険によって支えたいです」というのと近いことが多いです。

個人的に、損害保険に助けられた経験を使った志望動機も多く見られます。

幼少期に交通事故にあった時や、震災で被害にあった時に損害保険によって助けられた経験を持ち出して、志望動機を構成するパターンです。

生命保険と違って、損害保険は、いろいろな種類の保険商品をそろえています。

この点に留意して、損害保険会社の志望動機に「あらゆる」という言葉を使う学生は多く居ます。

損害保険業界の基本情報

平均年収  903万円
平均勤続年数  14.8年
 平均年齢  43歳
 労働者数  19,811人
 業界規模  8兆4,719億円

出典:業界動向SEARCH.COM

損害保険会社の平均年収は903万円と、かなり高い部類です。

平均勤続年数も14.8年と非常に長い水準になっています。

業界規模も8兆円台半ばでかなり大きい部類です。

損害保険会社の各種データ比較

会社名 総合職初任給(※1) 平均年収(※2) 3年後離職率(※3) 参考リンク
東京海上ホールディングス 大卒:203,430円
修士:22万250円
1390万円  グループ各社で様々 新卒採用サイト
MS&ADインシュアランスホールディングス  グループ各社で様々 1101万円  グループ各社で様々 新卒採用サイト
損保ジャパン日本興亜ホールディングス  グループ各社で様々 1174万円  グループ各社で様々 新卒採用サイト

※1: 総合職初任給は各会社の新卒採用サイトから抜粋

※2: 平均年収はマイナビウーマンこっそり年収チェッカーより抜粋

※3: 3年後離職率は就職四季報2019年版 より抜粋。各会社の残業時間や残業代、有給消化、ボーナス、平均勤続年数などの、より詳しい情報は就職四季報2019年版を購入すれば確認出来ます。

損害保険会社は相次ぐ合併により現在は大手3社に統合されています。

合併はしたもののグループ各社はそのまま営業をしているところも多いため、上記の初任給と、3年後離職率は「グループ各社で様々」という表記になっています。

注目すべきところは損害保険会社の平均年収です。

どの会社もとても高額です。

3メガグループに属する会社

3メガグループ 社名 参考
東京海上ホールディングス 東京海上日動火災保険株式会社  東京海上グループ国内損害保険事業
日新火災海上保険株式会社
イーデザイン損害保険株式会社
MS&ADインシュアランスホールディングス  三井住友海上 MS&ADインシュアランスホールディングス-主要グループ会社の構成  
三井ダイレクト損保
あいおいニッセイ同和損保
損保ジャパン日本興亜ホールディングス 損害保険ジャパン日本興亜 損保ジャパン日本興亜ホールディングス-国内損害保険事業
そんぽ24損害保険
セゾン自動車火災保険
日経業界地図 2019年版参照 。日経業界地図 2019年版を購入すれば、より細かい業界情報を知ることが出来ます。

損害保険業界は3つの大きなグループがグループ会社を束ねている形になっています。

主な各3メガ会社のグループ会社は上記の通りです。

損害保険会社の売り上げ比率

Photo by Clem Onojeghuo on Unsplash損害保険とは、個人や企業に自己や災害による損害の保証を提供することです。

損害保険会社の売り上げ比率の順位は以下のようになっています。

順位 保険対象
1位 自動車
2位 火災
3位 自動車損害賠償責任
4位 損害
5位 海上

どの損害保険会社も半分近くの売り上げ比率を自動車保険が占めています。

自動車を運転する人はほぼ全員が自動車保険に加入しているので、損害保険会社の売り上げの半分近くが自動車保険によるものだというデータは納得がいきます。

以上、『損害保険会社を受ける時に使える志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)』についてでした!

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.