さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

証券会社を受ける時に使える志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)

更新日 2019/04/30

就活キング
証券会社を志望する理由として、何を言えば良いのじゃろうか?

証券業界の仕事は、学生にとって具体的にイメージするのが難しいです。

そんな証券業界を受けるときに使える志望動機について、この記事ではまとめました。

証券会社を受ける時に使える志望動機

証券会社を受ける時に使える志望動機には下記のようなものがあります。

  • お客様との信頼関係が欠かせない仕事に魅力
  • 投資の社会的な意義の発展に貢献したい
  • ファイナンスに関するあらゆることが勉強できる
  • 厳しい環境で成長したい
  • マネー(投資)が好き

証券会社を受ける学生が良く使う志望動機は「お客様の資産を預かるためには、お客様から信頼をいただかなければならない。そんな仕事に魅力を感じる。」というものです。

証券会社の新卒採用のために行う説明会では、この「信頼関係」というのが一つのキーワードとなってくるため「信頼関係」を志望動機に入れる学生が多いのかもしれません。

「お客様との信頼関係が欠かせないことが魅力」ということの次に目立つ、証券会社を受ける学生の志望動機は「投資をもっと浸透させたい」というものです。

「日本には金融資産を持っているのに、投資をせずに貯蓄をしている人が多い、この状況を変えるための一助になりたい」というような感じで「投資」を社会に広めること自体を志望動機として多くの学生が用います。

その他には「金融知識を身に着けることによってビジネスマンとしての基礎をつけたい」などのように、ファイナンスの勉強の一環として証券会社で働きたいということを志望動機にする学生もいます。

数は少ないですが「証券会社という厳しい業界で仕事をすることによって自分を鍛えたい」ということや「お金が好きだから証券業界で働きたい」ということを志望動機にする学生も存在します。

証券会社の基本情報

平均年収  761万円
平均勤続年数  9.3年
 平均年齢  40.6歳
 労働者数  7,551人
 業界規模  3兆9,006億円

出典:業界動向SEARCH.COM

証券会社の平均年収は761万円と非常に高い水準になっています。

業界規模も4兆円近くと、とても大きいです。

ただし、証券業界は過酷な仕事という噂が多い業界です。

飛び込み営業などのノルマが課され、そのノルマを達成できないとこっぴどくお叱りを受ける仕事なので、平均年収が高いのはもっともなのかもしれません。

主要な証券会社の各種データ比較

会社名 総合職初任給(※1) 平均年収(※2) 3年後離職率(※3) 参考リンク
野村ホールディングス 大卒:232,300円 1455万円 NA 新卒採用サイト
SMBC日興証券 大卒:27万円 - NA 新卒採用サイト
三菱UFJ証券ホールディングス 大卒:23万円  1224万円 NA 新卒採用サイト
みずほ証券 院卒:230,000円
大卒:205,000円
 659万円 - 新卒採用サイト
大和証券グループ 大卒:240,000円 1045万円 NA 新卒採用サイト

※1: 総合職初任給は各会社の新卒採用サイトから抜粋

※2: 平均年収はマイナビウーマンこっそり年収チェッカーより抜粋

※3: 3年後離職率は就職四季報2019年版 より抜粋。各会社の残業時間や残業代、有給消化、ボーナス、平均勤続年数などの、より詳しい情報は就職四季報2019年版を購入すれば確認出来ます。

大手証券会社の初任給は23万円~27万円程です。平均年収は1000万円前後と高い水準です。

3年後離職率はほとんど全ての会社が公開していません。

証券業務は激務なため3年後離職率が高いことが予測されます。

証券会社の業界地図

規模 社名 説明
大手 野村ホールディングス 業界トップ
大和証券グループ 業界2位
三菱UFJグループ 三菱UFJ証券ホールディングス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
モルガン・スタンレーMUFG証券
三井住友グループ SMBC日興証券
SMBCフレンド証券
準大手 岡三証券グループ 三重県が地盤
東海東京フィナンシャルホールディングス 中部地区が地盤
中堅 いちよし証券 新興市場に強み
岩井コスモホールディングス 関西最大手
丸三証券 資産管理営業に強み
東洋証券 中国株に強み
水戸証券 茨城を中心に人気
藍澤証券 アジア株に強み
極東証券 外国債券に強み
日経業界地図 2019年版参照 。日経業界地図 2019年版を購入すれば、より細かい業界情報を知ることが出来ます。

証券業界の大手は、3メガバンクグループと、野村証券と大和証券です。

メガバンクグループの証券会社はグループ会社をいくつか持っています。

証券業界には大手5社に続いて、準大手の2社と、中堅の7社があります。

証券会社は激務なので中堅でもある程度の年数働けば良い給料が貰えます。

リテールとホールセールス

証券会社には主にリテール部門とホールセールス部門があります。

リテール部門は個人の株式や投資信託の販売の手数料で儲ける部門です。

一方、ホールセール部門は、法人を対象に営業をし増資や社債発行をするときに手数料を取ります。

以上、『証券会社を受ける時に使える志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)』という話題についてでした!

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.