さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

不動産業界を受ける時に知っておきたい志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)

更新日 2019/04/30

就活キング
不動産業界を志望する理由として、何を言えば良いのじゃろうか?

志望動機を作るが難しい業界の一つが、不動産業界です。

そんな、不動産業界で使える志望動機について、この記事ではまとめました。

不動産業界を受ける時に使える志望動機

不動産業界を受ける時に使える志望動機には下記のようなものがあります。

  • 不動産が好き
  • 資格がある(宅建)
  • 不動産投資の勉強が出来る
  • 実力主義
  • 人の生活に必ず必要な3つの要素である「衣食住」のうちの一つである「住」を提供する仕事にやりがいを感じる。

不動産業界はそれらしい志望動機を作るのが難しいです。

どうしても「不動産が好きだから」だとか、「不動産に強み興味があるから」というような、志望動機を自分の経験をもとにしたストーリーと一緒に話すのが、一番説得力のある志望動機なように感じます。

また、不動産の営業職は、成果に応じた報酬体系のもとで働くため、実力主義が蔓延っている仕事です。

志望動機として、「実力主義」を挙げるのは悪い選択ではないです。

人間の生活の基本となる「衣食住」という言葉を持ち出して、不動産業界の志望動機を作る学生は多いですが、正直あまり良いものとは言えないです。

「衣食住」という言葉を持ち出すだけでは不十分なので、それに加えて他の理由や、自分の経験などを伝えられる良い志望動機になります。

不動産業界の基本情報

平均年収  618万円
平均勤続年数  7.6年
 平均年齢  39.3歳
 労働者数  45,886人
 業界規模  10兆8,599億円

出典:業界動向SEARCH.COM

不動産業界の平均年収は618万円と高めの水準です。平均勤続年数は7.6年と、比較的短めです。

不動産営業の場合はノルマが課される場合が多いため、成果が上げられない人にとっては、不動産業界は厳しい環境です。

しかし、成果が挙げられる人の場合は、給料も上がる傾向にあるようです。

不動産影響は、体育会系の雰囲気があるところが多いため、厳しい世界です。覚悟を持った上で働き始めるべきでしょう。

主要な不動産会社の各種データ比較

会社名 総合職初任給(※1) 平均年収(※2) 3年後離職率(※3) 参考リンク
三井不動産 大卒:210,000円
院了:250,000円
1112万円 0% 新卒採用サイト
住友不動産 大卒:220,000円
院卒:246,000円
649万円 NA 新卒採用サイト
東急不動産 大卒:222,100円
院卒:236,300円
1212万円 8.9% 新卒採用サイト
三菱地所 大卒:210,000円
院了:245,000円
1229万円  0% 新卒採用サイト
野村不動産 大卒:195,000円
短大:185,000円
1014万円  7.1% 新卒採用サイト

※1: 総合職初任給は各会社の新卒採用サイトから抜粋

※2: 平均年収はマイナビウーマンこっそり年収チェッカーより抜粋

※3: 3年後離職率は就職四季報2019年版 より抜粋。各会社の残業時間や残業代、有給消化、ボーナス、平均勤続年数などの、より詳しい情報は就職四季報2019年版を購入すれば確認出来ます。

大手不動産業界の初任給は20万円22万円で、標準的な水準です。

三井不動産と三菱不動産の3年後離職率は0%と非常に低いです。平均年収も、他の業界と比べて高い水準です。

不動産業界の現状

不動産業界の現状として「業界マップ」及び「不動産業界の業務内容」について紹介していきます。

業界マップ

タイプ 社名
総合不動産  三井不動産
住友不動産
東急不動産
三菱地所
野村不動産
東京建物
不動産流通 三井不動産リアルティ
住友不動産販売
アパート賃貸中心 大東建託
レオパレス21
東建コーポレーション
オフィスビル 賃貸中心 ヒューリック
森ビル
NTT都市開発
森トラスト
日経業界地図 2019年版参照 。日経業界地図 2019年版を購入すれば、より細かい業界情報を知ることが出来ます。

不動産業界の業務内容

不動産業界の業務内容は大きく分けて主に、営業、企画・開発、管理の3つです。

営業は法人営業や、マンションなどの販売営業、不動産売買の仲介や、賃貸仲介などを担当します。

このように不動産業界の営業職は多くに種類があります。

企画・開発職は、土地を取得し、どのような建物を建てるか決めて、建設工程プロジェクトの計画をたてたりする仕事です。

不動産建設に関する一連の流れを担当します。

ビルやマンションの維持管理をするのも不動産業界の仕事です。不動産関係のトラブルに対処したりする仕事を担当します。

以上、『不動産業界を受ける時に知っておきたい志望動機と各種データ比較(初任給/平均年収/3年後離職率)』という話題についてでした。

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.