さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

公務員試験失敗後の就活完全マップ

更新日 2018/10/13

Photo by Matt Ragland on Unsplash

一番安定している公務員という仕事に就くために試験勉強をしていたけれど、残念ながら不合格になってしまった読者の方へ。

公務員試験に失敗したとしても人生が終わった訳ではありません。

民間企業に就職して活躍すれば将来多くの収入を得られるかもしれませんし、やりがいのある仕事に出会えるかもしれません。

世の中のほとんどの人が民間企業で仕事をしているのが現代の日本です。

公務員試験に失敗したとしてもいくらでも幸せな人生を送るチャンスがあります。

落ち込みすぎずに切り替えて、民間への就職に向けて動き出しましょう。

本記事では、公務員試験失敗者の就職活動に関するあらゆる情報についてまとめています。

本記事で紹介されている記事に目を通せば、公務員試験失敗後の就職活動は完璧です。

是非、目を通してみてください。

公務員試験失敗後の就活すすめ方

公務員試験に失敗してしまった後はどのように就職活動を進めれば良いのでしょうか?

「公務員試験失敗」という特殊な状況からの就職活動に関する情報は、世の中にあまり出回っていないのが現状です。

しかし、公務員試験失敗者は、公務員試験失敗後ならではの就職活動の進め方があるはずです。

下記記事にて、公務員試験失敗後の就職活動の進め方について解説していますので参考にしてみてください。

公務員試験失敗後の就職方法

公務員試験失敗後の就職活動では、求人サイトや就職エージェント、大学のキャリアセンターなど様々な機関を利用することが可能です。

様々な方法のなかで一体どれが公務員試験失敗者にとって最も効率的な就職活動の方法なのでしょうか?

下記記事にて、公務員試験失敗者にとっての最も効率的な就職活動の方法についてまとめていますので、是非参考にしてみてください。

公務員志望者が民間就職に不利な理由

残念なことに、一定数の企業は公務員を志していた若者を正社員として雇用するのを避ける傾向があります。

公務員試験に失敗した直後の読者の方には厳しい現実かもしれませんが、これが事実です。

「なぜ少なくない数の企業が公務員試験失敗者の採用を避ける傾向にあるのか」ということは、これから就職活動をはじめる公務員試験失敗者の方が知っておいて損はない情報です。

あまり認識したくない現実かもしれませんが、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

公務員と民間を併願する人が知っておきたいこと

公務員を志す学生のなかには、公務員試験の勉強をしながら民間の就職活動を進める人がいます。

公務員試験の勉強と民間への就職活動を両方同時に進めるのは簡単なことではありません。

下記記事にて、公務員試験と民間への就職両方を目指す人に向けて知っておきたいことをまとめましたので参考にしてみてください。

公務員をあきらめるべき年齢

公務員試験を目指す人のなかには、一度失敗した後に再度チャレンジする人も存在します。

しかし、いつまでも公務員になるために勉強を進める訳にはいきません。

公務員になるのをあきらめて民間への就職活動に切り替えるべき年齢というものが明確に存在します。

下記記事にて公務員になるのを諦めて民間への就活に切り替えるべき年齢についてまとめていますので目を通してみてください。

公務員試験失敗者が登録しておくべき就職エージェント

若者向けの就職エージェントのなかには、公務員試験に失敗した人の支援に強みを持つ就職エージェントが存在します。

そんな、公務員試験失敗者の就職支援に強みを持つ就職エージェントを下記記事にてまとめていますので、是非覗いてみてください。

以上、『公務員試験失敗後の就職活動対策完全マップ』についてでした!

Copyright© 就活キング , 2018 All Rights Reserved.