さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

既卒での就職活動に東京への上京は不要な理由

更新日 2018/10/30

就活キング
既卒で就職活動をする際には、絶対に東京や大阪などの大都市に上京する必要があるのじゃろうか?

地方在住で、これから既卒として就職活動をはじめる人が感じる疑問の1つが「既卒として就活する時には東京や大阪などの大都市などに出ていく必要があるのか?」ということです。

東京や大阪の近辺に住んでいる場合ならまだしも、大都市までの距離が遠かったら就職活動のために毎回移動するだけでも結構大変ですよね...。

地方在住の人は、できるだけ自分が住んでいる地域から離れずに就職活動を行えた方が便利に決まっています。

実際に本記事で紹介をする「ある方法」を利用すれば、地方在住だとしても上京せずに既卒として就職活動を行うことができます。

本記事では「既卒として就活をする際に必ずしも上京するべきではない理由」と「上京せずに就職活動をすすめる方法」について順番に説明していきます。

既卒での就活は上京が必須なのか

9338731922_8bcddb8bfb_z

既卒での就活における上京の必要性について以下3つの観点から考察します。

  • 利用する就職サービスによる
  • 就職サービスが都市部に固まっているのは事実
  • 地方に強い就職エージェント

それぞれ順番に説明していきます。

利用する就職サービスによる

Photo by Danka & Peter on Unsplash

既卒として就職活動をする際に上京する必要があるかどうかは、利用する就職サービスに依存します。

ハローワークやヤングハローワークなどの公的就職支援サービスを使う予定なら、地方に滞在したまま就職活動を行うことが出来ます。

しかし、ハローワークなどの公的就職支援サービスで紹介される求人は質が低いものが多いというデメリットがあります。

ハローワークに質が低い求人が多い理由は、企業が無料で求人広告をハローワークに出稿することが出来るからです。

ハローワークなどの公的就職支援サービスを使わない場合、つまり、民間の就職支援サービスを使う場合は、残念ながら、就職活動をするためには上京しなければならないことになることが多いです。

東京や大阪などの大都市での就職サポートにしか対応していない就職エージェントが多いことがその理由です。

しかし、いくつかの就職エージェントは地方でのサポートにも対応しているので、その詳細については後述します。

ハローワークなどの公的支援サービスや、民間の就職支援サービスなどの、既卒の就活生が使える就職支援サービスは以下にまとまっているので合わせて読んでおくと良いでしょう。

就職サービスが都市部に固まっているのは事実

Photo by chuttersnap on Unsplash

民間の就職支援サービスが都市部に固まっているのは事実です。

既卒向けの就職支援サービスを10年以上行ってきたジェイックというサービスの支店は、東京、新宿、横浜、大宮、名古屋、大阪といずれも都市部にあります。

また、既卒向け就職支援サービスとして有名なサービスの一つでもあるハタラクティブの支店は、渋谷と立川にしかありません。

このように、既卒向けの就職支援サービスの支店は都市部にはないため、地方で就職活動をするのは難しい状況になっています。

以上のような状況を考えると、地方に住んでいる既卒の人は、就職活動をするためには上京する必要がある、と言うべきなのかもしれません。

地方に強い就職エージェント

Photo by Marcelo Vaz on Unsplash

以上のように、既卒向けの就職エージェントは都市部に集中していますが、数ある就職エージェントのなかには、地方に強いものも存在します。

地方に強い就職エージェントは、いい就職.comです。

いい就職.comは電話での相談や、就職アドバイザーの地方出張などのサービスを用意しているので、地方にいても就職活動を行うことが可能です。

地方に強い就職エージェントについては下記の記事にまとめたので、合わせて読んでみてください。

まとめ

以上のように、ハローワークやサポステのような公的な就職支援サービスを利用する場合は上京せずに地方で就職活動を進めることが可能です。

しかし、民間の就職支援サービスを利用する場合は、ほとんどのサービスが都市部に集中しているのが現実であるため、就活に取り組むためには都市部に出ていく必要があります。

ただ、数は少ないですが下記記事で紹介されているような、いくつかの数少ない就職エージェントは、地方での就職活動にも対応しているため、利用することができます。

まとめると、ハローワークのような公的な就職支援サービスを利用する場合を除き、ほとんどの場合は既卒として就活をする時は上京する必要がありますが、特殊対応をしてくれる数少ない就職エージェントを利用する場合は、必ずしも上京する必要はないということです。

以上、「既卒で就職活動するために必ずしも上京するべきではない理由」という話題についてでした。

Copyright© 就活キング , 2018 All Rights Reserved.