就活キング

WEB版就活マニュアル登場

第二新卒で大手に就職は無理なのか? いやいやラストチャンスです。

Photo by Jacek Dylag on Unsplash

現在勤めている中小企業から第二新卒として大手への就職を目指している20代の若手社会人の方へ。

新卒での就活が思うようにいかずに中小企業に就職する羽目になった若手社会人の多くは「第二新卒での大企業への就職は無理なのではないか?」と不安に感じているかと思います。

確かに今現在中小企業に勤めていると、自分が大企業から内定を得ることが出来るのはあまり想像できないですよね…。

しかし、実際は全く無理ではありません。

むしろ、第二新卒としての就職活動は大企業に就職する絶好の機会であり、最後のチャンスです。

この第二新卒として就職できるタイミングを逃したら、二度と大企業には就職できないと考えてください。

本記事では第二新卒での大手企業への就職が全く無理ではない理由について説明していきたいと思います。

第二新卒で大手に行くのが無理ではない理由

Photo by Max Kukurudziak on Unsplash

第二新卒で大手に行くのが無理ではない理由は「大企業は積極的に第二新卒採用をしているから」です。

大企業が積極的に第二新卒採用に取り組むようになったのは最近なので、あまり「大企業が積極的に第二新卒採用に取り組んでいる」という事実は知られていません。

近年は終身雇用制度が限界にきているため、新卒で入った会社から他の会社に転職をすることは珍しくなくなってきました。

また、多くの大企業では団塊の世代の退職が相次いでいるため、正社員の人手不足に見舞われています。

特に日本の少子高齢化の影響で、多くの大企業では若手人材が足りていません。

新卒で入社した社員もすぐに他の会社に転職してしまうのが現状です。

以上のような時代背景から、近年大企業は積極的に第二新卒採用に取り組むことになったのです。

このため、多くの20代の若者にとって、第二新卒で大企業に行くことは決して無理ではありません。

むしろ、第二新卒という立場で就職できることは、この上ないチャンスなのです。

大企業が第二新卒採用を好む理由

Photo by Mathilde Cureau on Unsplash

大企業が第二新卒採用を好む理由をもう少し詳しく説明していきます。

大企業が第二新卒採用に積極的に取り組んでいる理由は下記の通りです。

  • 新卒者の3年以内離職率が30%と高水準
  • 大企業では若手社員を積極採用している
  • 第二新卒者は育成コストがかからないため企業に大きなメリットがある

それぞれ詳細に説明していきます。

新卒者の3年以内離職率が30%と高水準

大企業が第二新卒者の採用に積極的に取り組んでいる1つ目の理由は、新卒入社者の3人に1人が3年以内に退職してしまうため、代わりの人材を雇う必要があるからです。

せっかく新卒でたくさん採用したのに3人に1人が辞めてしまったら、代わりの人材を採用しないと瞬く間に大企業と言えども深刻な人手不足になってしまいます。

辞めてしまった新卒者を埋め合わせる形で採用されるのが第二新卒者なのです。

下記のデータを見ると、大学を卒業して新卒で入社した人の約30%が3年以内に離職することが確認できます。

参考新規学卒就職者の学歴別就職後3年以内離職率の推移(厚生労働省)

3年以内に離職する人の埋め合わせとして第二新卒者を採用するということは、各企業の3人に1人の人材が3年ごとに第二新卒という形で入れ替わるということです。

3年ほど働いてみると、その会社が自分に合うかどうか分かると思います。

3年働いてみて、その会社でこれからもずっと働きたいとは思わない人が3人に1人くらいなので、約30%が3年以内に離職するのですね。

第二新卒として就活をすれば、辞めてしまった3人に1人の新卒者の枠を埋め合わせる形で就職することが出来ます。

第二新卒者は有名大企業に就職できる可能性が十分あるということを示しています。

大企業では若手社員を積極採用している

大企業が第二新卒者を積極的に採用している理由の2つ目は、大企業は若手社員を優遇して採用していることです。

下記の厚生労働省の調査資料によると、大企業は34歳以下の人材を他の年代の人材より積極的に採用していることが読み取れます。

参考人手不足の現状把握について

大企業は、若手人材をじっくりと育てて将来活躍してほしいという計画を持っているため、育て甲斐のある若手人材を積極的に採用しているということです。

第二新卒者は、新卒で入社してから概ね3年前後の人材を指すので、多くの場合20代の若手人材になります。

20代の若手人材は大企業が最も採用したい層に該当します。

第二新卒者は20代という若さという最強の武器を持っているため、大企業が積極的に採用したい人材に該当するのです。

第二新卒者は育成コストがかからないため企業に大きなメリットがある

大企業が第二新卒者を積極的に採用している3つ目の理由は、第二新卒者は育成コストがかからないため、企業にとって大きなコスト面でのメリットがあることです。

普通に考えてみればわかりますが、もし企業が第二新卒者ではなく新卒者を採用すると、社会人としてのマナーなどゼロから仕事についての基本動作を指導していく必要があります。

何も知らない新卒社員に仕事を教えて社会人として基本動作を身に着けさせるには少なくとも1年はかかります。

もし大企業が新卒者ではなく、第二新卒者を採用することが出来ればこの教育コストを節約できることになるのです。

この教育コストは馬鹿になりません。

新入社員の人件費1年分は軽く超すほどの教育コストを大企業は負担しています。

もし、第二新卒者を採用すれば、新入社員の人件費1年分を超すほどの教育コストを支払う必要はなくなります。

多くの大企業にとって、教育コストを削減できるという面において非常にコストパフォーマンスの良い選択なのです。

まとめ

Photo by Darran Shen on Unsplash

以上のように、大企業は積極的に第二新卒採用に取り組んでいるため、決して第二新卒で大手に就職することは無理ではありません。

大企業にとって、第二新卒者を採用することは「3年以内に辞めてしまう新卒者の埋め合わせができる」「じっくりと育成したい若手社員を獲得できる」「新卒者より育成コストがかからない」という3つにおいて大きなメリットがあるのです。

逆に言うと、大企業にとって第二新卒者ほど中途採用する人材として相応しい層はないため、第二新卒のタイミングを逃すと大手企業に入社することは難しくなってしまいます。

大企業に入社する最後のチャンスは第二新卒のタイミングであると考えても間違いありません。

大手企業への就職を目指す人は絶対にこの機会を逃さずに大企業に就職できるよう第二新卒としての就活のスタートを検討してみてください。

以上、『第二新卒で大手企業に就職するのが全く無理ではない理由』についての話題でした!