さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

中卒でも東京で一人暮らしできるのか? まずはフリーターから始めて正社員に転職するべき理由

更新日 2018/11/14

Photo by Nycholas Souza on Unsplash

東京での一人暮らしを夢見て高校を中退する勢いのある若者は日本に数多くいます。

しかし、そんな中卒の若者の多くは実際にどうすれば東京で一人暮らしができるのか理解できていません。

東京で親の力に頼らず一人暮らしを達成するために一番問題となるのが、どうお金を工面するかです。

安定した収入を確保することが出来れば東京で一人暮らしをすることができます。

それでは、どうやって東京に出て自分の力で安定した収入を確保すれば良いのでしょうか。

本記事では、中卒者が東京に出てきてから安定した収入を確保し、理想とする東京ライフを送るまでのステップを解説していきます。

中卒者が東京で安定した収入を確保するまでの手順

Photo by Rohan on Unsplash

中卒者が東京で安定した収入を確保するまでの手順は下記の通りです。

  • ステップ1:2か月分の生活費と引っ越し資金(計35万)を確保する
  • ステップ2:東京でアルバイトを始める
  • ステップ3:アルバイトをしながら正社員に転職する
  • ステップ4:正社員として一生懸命働き収入をアップさせていく

それぞれ順番に説明していきます。

ステップ1:2か月分の生活費と引っ越し資金(計35万)を確保する

Photo by chuttersnap on Unsplash

東京で一人暮らしをはじめるために最初にするべきことは、2か月分の生活費と引っ越し資金を確保することです。

多くの中卒者は東京に引っ越しをしたらまずはアルバイトをすることになります。

しかし、アルバイトをして実際に給料が振り込まれるまでには長くて2か月ほどのタイムラグがあります。

だいたい仕事をした月の翌月の15日か25日に給料が支払われるのが一般的なアルバイトです。

このため、一人暮らしをするために東京に上京してきた中卒フリーターは、最初の2か月は給料に頼った生活は出来ません。

だから、東京への引っ越しを完了させる前に最低限2か月分の生活費は確保しておく必要があります。

東京での1カ月分の生活費は節約すれば15万円に抑えることができます。

つまり、2か月分の生活費とは30万円のことです。

まずは30万円の生活費を用意するようにしましょう。

また、引っ越しをする際には敷金が必要になります。

家賃5万円の物件への引っ越しをする際には、敷金として家賃と同額の5万円を支払う必要があります。

つまり、引っ越しをするためには、この敷金の5万円も準備しておく必要があるということです。

2か月分の生活費と合計すると35万円です。

まずは東京への引っ越しを完了させる前に35万円を準備するようにしましょう。

それでは、どうやって35万円を準備すれば良いのでしょうか?

高校を中退した中卒者が35万円を調達する方法には下記のようなものがあります。

  • 地元でアルバイトをして貯金する
  • 親から支援しても貰う
  • 消費者金融などから借金する(※要注意)

一番現実的で誰にも迷惑をかけない方法が、地元でアルバイトをして35万円ためることです。

自分の力で稼いだ金で東京に状況するなら誰も文句は言いません。

可能な限り地元でアルバイトをして35万円を貯めるようにしましょう。

次に現実的な方法としては、これは親の賛同を得られている場合に限りますが、親からお金を支援してもらうことです。

親との関係性にもよりますが、親から上京資金を支援してもらうことは昔から一般的なので、お願いしてみても良いでしょう。

最後の消費者金融などから借金する選択肢ですが、これは可能な限り避けるようにしましょう。

高金利の借金を抱えてしまうと、この先の人生に暗雲が漂ってしまいます。。

ステップ2:東京でアルバイトを始める

Photo by Oscar Ovalle on Unsplash

ステップ1として、2か月分の生活費と引っ越し資金を確保したら、東京に実際に引っ越しをしまずはアルバイト探しを行いましょう。

いきなり正社員に就職しても良いのですが、正社員になるためには面接を何度も受けたりして時間がかかります。

正社員になるために就活をしているだけで、せっかく用意した35万円が無くなってしまう羽目になりかねません。

このため、すぐに契約して働きはじめることができるアルバイトをまずは東京に出たら探すようにしましょう。

アルバイトは、アルバイトEXなどのバイト求人サイトを使えばいくらでも探すことができます。

東京でバイトをスタートして、ひとまず東京での一人暮らしライフをスタートさせるようにしましょう。

ステップ3:アルバイトをしながら正社員に転職する

Photo by Arnel Hasanovic on Unsplash

東京でアルバイトを開始したら、バイトをしながらで良いので正社員への転職を模索しましょう。

バイトをしながら正社員就活を行えば、生活費の心配をする必要はありません。

しかし、ずっとアルバイトをしたままだと生活は苦しいままなので、出来るだけ早く正社員への転職を実現できるようにしましょう。

東京では正社員の求人がたくさんあるため、中卒者だとしても正社員として働くことは出来ます。

中卒者向けの求人を多く持つ就職エージェントを利用すれば、簡単に正社員への就職を実現することができます。

中卒者向けの求人を多く持つ有名な就職エージェントには就職Shopなどがありますので、利用してみてください。

就職Shopは、『リクナビ』や『タウンワーク』などでお馴染みの株式会社リクルートが運営するフリーター向けの就職支援サービスです。

リクルートグループが持つ豊富な求人には当然中卒者向けのものも数多く含まれます。

就職Shopを利用して正社員への転職を実現し、理想とする東京ライフへの第一歩を踏み出しましょう。

ステップ4:正社員として一生懸命働き収入をアップさせていく

Photo by Chris De Wit on Unsplash

正社員に就職できたら取り敢えずは一安心です。

ただ、取り敢えず安心なだけであって、ずっと安心である訳ではありません

正社員として就職できたとしても、若いうちは給料が低いです。

低い給料のままだと、アルバイト時代よりはましだとしても、いつまでたっても豊かな生活を送ることは出来ません。

東京で豊かな生活を送るために、正社員として一生懸命働き収入をアップさせていきましょう。

将来は、必要に応じて転職をしても良いでしょう。

独立して自分のビジネスをスタートさせても良いです。

大事なことは正社員として目の前の仕事に真摯に取り組むことです。

正社員として目の前の仕事に真摯に取り組んだ積み重ねが、明るい未来をもたらしてくれます。

頑張っていきましょう。

まとめ

Photo by Joel Henry on Unsplash

以上のように、中卒者が東京で一人暮らしを開始する大まかなステップは下記の通りです。

  • ステップ1:2か月分の生活費と引っ越し資金(計35万)を確保する
  • ステップ2:東京でアルバイトを始める
  • ステップ3:アルバイトをしながら正社員に転職する
  • ステップ4:正社員として一生懸命働き収入をアップさせていく

上記のようなステップを踏めば、理想とする東京ライフを実現することが出来ます。

ただ、一朝一夕に達成できるステップは1つもありません。

どれも一定期間コツコツと努力を積み重ねることにより、超えることができるステップです。

コツコツと真摯に目の前のやるべきことに集中して、理想とする東京ライフを実現してみてください。

以上、中卒者が東京で一人暮らしを開始する方法についての話題でした!

Copyright© 就活キング , 2018 All Rights Reserved.