さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

フリーターが正社員になるための面接で使える2つの志望動機

更新日 2019/01/07

フリーターの方が正社員になるために避けては通れない関門の1つが「面接」です。

面接では様々な質問を受けることになりますが、その中でほぼ確実に聞かれるものは「志望動機」についてです。

面接官から「なぜ当社を志望していただけたのですか?」と質問された時のために、フリーター就活生は事前に「志望動機」について考えておく必要があります。

本記事ではフリーターの方が正社員面接の場で自信を持って説明できる「志望動機」についてまとめていますので、参考にしてみてください。

フリーターが正社員面接で使える志望動機

フリーターが正社員面接で話す志望動機は、基本的に以下の2パターンになります。

  • 自身の過去の経験を活かすことが出来るから
  • 会社の事業に興味があるから

それぞれ順番に説明していきます。

自身の過去の経験を活かすことが出来るから

フリーターが正社員になるための面接で使う志望動機として、最も多いパターンが「自分の過去の経験を活かせるから」というものです。

基本的な論理としては「自分は今まで○○な経験をしてきたので、その経験を活かして御社に貢献出来ます」という形になります。

「自分の経験を活かせるから」というパターン使った志望動機の例

フリーター時代に携帯電話の販売店でアルバイトをしていた女性が「事務職を受ける時に使える志望動機の例」には以下のようなものが考えられます。

就活ガール
志望動機の例
私は携帯電話販売店でのアルバイト経験を通して、書類を用いた携帯電話契約手続きを多くしてきました。

この経験から書類作成スキルや読解スキル、分かりやすく説明する能力などを鍛えることが出来ました。

御社の事務職として働き始めたら、私のこのようなスキルを活かせると考えたため志望させていただきました。

上記のように「過去の経験から得た能力を活かしたい」と言えば、納得感のある志望動機を作ることが出来ます。

面接を受ける会社の事業に興味があるから

2つ目のフリーターが正社員面接を受ける時に使うことが出来る志望動機のパターンは「会社の事業に興味があるから」というものです。

基本的な論理構成というのは「事業内容に魅力を感じるから御社で働きたいと思っている」というものになります。

「好きだからやりたい」という単純な論理です。

「会社の事業に興味があるから」というパターンを使った志望動機

医療機器販売会社の営業職のための面接を受けているフリーターが「会社の事業に興味があるから」というパターンを使った志望動機の例は以下の通りです。

就活ガール
志望動機の例
私は「がん治療のための医療機器の販売」という事業自体に興味があるため御社を志望しています

私の祖母は20年前にがんにかかり余命数年と医師から告げられていましたが、当時最新鋭だったがん治療機器のおかげで現在まで生きています。

私の祖母のようにがんの医療機器によって長生き出来る人を増やす御社の「がん治療機器の販売」という事業は、社会に多大な貢献をしていると考えているので強い魅力を感じます。

上記のように「がん治療機器の販売という事業自体に魅力を感じる」と言ってしまえば立派な志望動機になります。

魅力を感じる理由を自分の体験などを使ってさらに説明できるようになるとなお良いです。

まとめ

以上のように、フリーター就活生が面接の場で使うことが出来る志望動機は「自身の過去の経験を活かすことが出来るから」「会社の事業に興味があるから」という2つでした。

「自身の過去の経験を活かすことが出来るから」という志望動機は、基本的にフリーター時代に取り組んでいたアルバイトの仕事内容を引用する形で話すことになります。

フリーター時代のアルバイトの内容で、今志望している会社での業務に活かせるものがあれば「その経験を存分に活かすことが出来るから」という志望動機を面接の場で説明するようにしましょう。

また「会社の事業に興味があるから」という志望動機を言う時には、「なぜその事業に興味があるのか」という理由とセットで話すようにしましょう。

「その事業に興味を持ったきっかけ」と一緒に話すことが出来れば、面接官の心に響く「志望動機」に仕上げることが出来るはずです。

以上、『フリーターが正社員になるための面接で使える2つの志望動機』という話題についてでした!

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.