さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

フリーターがアルバイトをしながら効率的に就職活動をすすめるたった1つの方法

更新日 2018/11/06

work

Photo by Eddy Klaus on Unsplash

フリーターの方が正社員になるために就職活動をする時には通常、アルバイトをしながら就活をすすめることになります。

アルバイトを一回辞めて就職活動に専念することも可能なのですが、それだと生活費が底をつくなどのリスクがあるため、多くの場合はアルバイトと並行して就職活動を進めます。

しかしアルバイトをしながら同時に就職活動を進めるのは時間に余裕がないなどの理由で、難しいこともあるかと思います。

そこで本記事では、フリーターの方がアルバイトをしながら就職活動をすすめる方法について解説していきます。

アルバイトをしながら就職活動をすすめる方法の説明に入る前に「アルバイトをしながら就職活動をすすめるメリット/デメリット」についても紹介します。

アルバイトをしながら就職活動をすすめるメリット/デメリット」を踏まえた上で、「アルバイトをしながら就職活動を進める方法」について理解するようにしてください。

アルバイトをしながら就職活動をするメリット

「アルバイトをしながら就職活動をするメリット」には主に以下の2つがあります。

  • 貯金が底をつきるリスクを回避できる
  • 面接官からの印象が良くなる

アルバイトをしながら就職活動をすると「貯金が底をつきる」などのような状況になることはまずないので、精神的な安定を手にすることが出来ます。

アルバイトをしないで就職活動をする場合、時間がたつごとに貯金が減っていき生活もままならなくなってしまうため、大きな焦りを感じてしまうことになります。

また「今現在アルバイトをして、しっかりと働いている」という事実は、「アルバイトすらしていない」という状況に比べて、明らかに社会的な印象が良いです。

アルバイトをしているだけで、面接官の求職者に対する第一印象は間違いなく良くなります。

アルバイトをしながら就職活動をするデメリット

一方「アルバイトをしながら就職活動をするデメリット」には主に以下の2つがあります。

  • 就職活動に取り組む十分な時間が確保できない
  • 面接官からの印象が悪くなる

フリーターのアルバイト頻度は、週5~6回などとても多いため、アルバイトをしながら就職活動をすると「時間が足りない」という問題が発生します。

せっかく正社員になるために就職活動をするのに、アルバイトのために時間を取られてしまったら本末転倒です。

アルバイトをしながら就職活動に取り組む際には、アルバイトの勤務スケジュールに多少余裕を持たせる必要があります。

また、アルバイトをしていないと「ただのニート」になってしまうので、面接官からの印象が悪くなってしまうリスクがあります。

「ただのニート」だと思われないためにも、フリーターの方は就職活動する時にはアルバイトと同時並行で進めるべきだと言えるでしょう。

アルバイトをしながら就職活動をすすめる方法

work2

Photo by rawpixel on Unsplash

以上のようなメリット/デメリットを踏まえて、アルバイトをしながら就活に取り組むフリーターの方にお勧めしたい就職活動の方法をご紹介します。

アルバイトをしながら就職活動を進める効率的な方法はずばり、就職エージェントを利用することです。

就職エージェントを利用すると、エージェントの担当者は求職者の代わりに「応募手続き」や「面接の日程調整」などを行ってくれます。

また、就職エージェント担当者は応募する企業について精通しているため「面接を受ける企業に関する詳細な情報」を教えてくれます。

このため、就職エージェントを利用すれば「応募手続き」や「面接の日程調整」、さらには「企業研究」にかける時間を大幅に短縮することができます。

このように、エージェントを上手く利用すれば就職活動に費やす時間を大幅に短縮することが出来るため、アルバイトをしながら就活をすすめるフリーターは就職エージェントを利用するべきです。

アルバイトと同時並行で就職活動をすすめるフリーターの方におススメな就職エージェントについては、下記記事にてランキング形式で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

以上、『フリーターがアルバイトをしながら就職活動をすすめる方法』についてでした!

Copyright© 就活キング , 2018 All Rights Reserved.