さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

【徹底比較】フリーターは就職エージェントを利用するべきなのか? 他の手段と比べた時のメリットとはなにか。

更新日 2019/02/25

就活ガール
フリーターが正社員就活をする時って就職エージェントを利用するべきなの?

フリーターが就職活動をする時にはどのような手段を利用するべきなのでしょうか?

インターネットで「フリーター 就活」などと調べてみると、就職エージェントの広告がたくさん出てくるので「フリーターの就活では就職エージェントを利用するのが普通なのかな?」と思った人もいるでしょう。

しかし、本当にインターネット広告にたくさん表示されているように、フリーターが就活をする際には就職エージェントを利用するべきなのでしょうか?

本記事では、このような疑問に答えるべく「フリーターの就活では就職エージェントを利用するべきなのか」について検証していきたいと思います。

これから正社員になるために就職活動をはじめようとしているフリーターの方は特にですが、ぜひ参考にしてみてください。

フリーターが利用可能な「就職エージェント以外」のサービス

「フリーターの就活では就職エージェントを利用するべきなのか?」という疑問について検証する前に、まずはフリーターが「就職エージェント以外」に利用可能なサービスにはどんなものがあるのか紹介します。

フリーターが就職エージェント以外で利用可能なサービスには様々なものが数多くあるのですが、大きく分けると公共サービスと求人サイトの2つになります。

1つ目の公共サービスとはハローワークやサポステなどの、国や地方自治体が運営する就職支援サービスのことです。

もう1つの求人サイトとは、正社員求人の情報を掲載しているWEBサイトのことで、フリーター就活生はそのサイトを利用する際には、自分で求人を探して応募をする必要があります。

就職エージェント以外にフリーターが利用可能な「公共サービス」と「求人サイト」という2つの就活支援サービスについての詳細は下記記事にて解説していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

さて、就職エージェント以外でフリーターが利用利用可能なサービスは「公共サービス」と「求人サイト」であるということは、「就職エージェントを利用するべきなのか?」について検討する際には、この2つのカテゴリと就職エージェントを比較検討すれば良い、ということになります。

このため、以下では「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」という3分類それぞれのメリットデメリットを比較検討することにより、「フリーターは就職エージェントを利用するべきなのか?」について検証していきます。

フリーターは就職エージェントを利用するべきなのか?

それでは、フリーターが正社員になる際に利用可能な就活サービス3分類である「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」のメリット/デメリットを比較していきたいと思います。

3分類それぞれのメリット/デメリットのまとめは下記表の通りです。

サービス種類 メリット デメリット
公共サービス
  • ハローワークにしかない求人が豊富
  • 地方の求人でも豊富
  • 求人の質が低い
  • 職員が公務員である
求人サイト
  • 短時間で豊富な求人に目を通せる
  • 時間をかければ掘り出し求人も発見可能
  • 自分で求人の調査/選択/応募をする必要がある
  • 競争率の高い求人が多い
就職エージェント
  • プロの就職アドバイザーによる就活サポートを受けられる
  • 自分に的確な質の高い求人に効率よく応募できる
  • 自分で豊富な求人全てに目を通せる訳ではない
  • エージェントの意図通りに就職させられることがある

この表のメリット/デメリットを比較しながら、「就職エージェントを利用するべきなのか?」について検証していきたいと思います。

そもそも就職エージェントとは何か?

「就職エージェント」と「公共サービス」、「求人サイト」のメリット/デメリットをそれぞれ比較する前に「そもそも就職エージェントとは何か?」について確認しておきたいと思います。

就職エージェントというサービスは、エージェントの担当者が仕事を探す求職者と実際に面談を行うなどのコミュニケーションをとりながら、履歴書添削や面接対策、求人紹介などの、就職活動に関してあらゆる角度からサポートしてくれるサービスのことです。

仕事を探す求職者は、エージェントの事務所に実際に足を運び、担当者と1対1で面談を行いながら就活を進めることが出来るため、就活に関して分からないこと等を随時質問できるなど、1人で就活をする際には得られないメリットを享受すること出来ます。

就職エージェントは求職者を実際に就職させることにより、企業から手数料をいただくビジネスモデルを採用しているため、ライザップではないですが、求職者の就職成功にコミットしてくれるという特徴があります。

就職エージェントと公共サービスのメリット/デメリット比較

就職エージェントについての簡単な説明をしたところで「フリーターは就職エージェントを利用するべきなのか?」について検討するために、就職エージェントと公共サービスのメリットの比較に移りましょう。

上記表でも説明した通り、就職エージェントのメリットには「プロの就職アドバイザーによる就活サポートを受けられる」ことと「自分に的確な質の高い求人に効率よく応募できる」ことの2つがあります。

一方、公共サービスのメリットには「ハローワークにしかない求人が豊富」なことと「地方の求人でも豊富」なことの2つがあります。

このような就職エージェントと公共サービスそれぞれのメリットについて考えると、人口の少ない地方で就職活動をする場合はハローワークなどの公共サービスを利用すると良いが、都市部で就職活動を行う場合は就職エージェントを利用した方が良いと言うことができます。

人口が少なく過疎化が進んでいる地方では、そもそも会社の数が多くないため、就職エージェントのサービス提供範囲外となっていることが多いです。

このため、過疎化の進んでいる地方で就職活動を行う場合は、就職エージェントを利用したくても利用することが出来ずハローワークなどの公共サービスを利用するしか手段がなくなってしまいます。

都市部で就職活動をする場合でもハローワークなどの公共サービスを利用することは可能ですが、公共サービスで紹介している求人は必ずしも質が高いものではありません。

「都市部で給料などの待遇が良い求人を効率よく探す」という目的を持っているのであれば、公共サービスではなく就職エージェントを利用した方が良いと言えるでしょう。

就職エージェントと求人サイトのメリット/デメリット比較

就職エージェントと公共サービスのメリット/デメリットについて比較した後は、就職エージェントと求人サイトのメリットについて比較していきたいと思います。

求人サイトとは、求人情報を掲載しているWEBサイトのことです。就職エージェントは実際に担当者が面談等のコミュニケーションを通して就活をサポートしてくれるのに対し、求人サイトは特に担当者からのサポートなどはなく、ただ単に求人が掲載されています。

このため、求人サイトを利用して就活を行う際には、自分で求人を探して応募をするといったアクションを起す必要があるのです。

さて、そんな求人サイトのメリットには「短時間で豊富な求人に目を通せる」ことと「時間をかければ掘り出し求人も発見可能」という2つがあります。

求人サイトはその性質上、たくさんの求人をWEBサイトに掲載しているため、自分でサイトを回遊すれば数多くの求人情報を手にすることができます。

したがって、時間をかけてじっくりと求人サイトに掲載されている情報を漁れば掘り出し物の求人を見つけることができるかもしれません。

就職エージェントの場合、求人の紹介は、エージェントの担当者が求職者の希望や適正を考慮した上で紹介してくれる形になります。

このため、「自分で求人を探す」のか「エージェントのアドバイザーが求人を紹介してくれるのか」という点で求人サイトと就職エージェントは決定的に異なる、と言うことが出来そうです。

一般的に求人情報というのは膨大な数存在するため、自分で自分に合った求人を見つけるのは困難を極めます。

就職エージェントを利用すれば、エージェントの担当者が求人を紹介してくれるので、求人サイトを利用した場合に感じる、自分で自分にあった求人を探す煩わしさを感じる必要はありません。

従って、時間がなく効率的に就職活動を進めたい就活生は、求人サイトではなく就職エージェントを利用するべきであると言えるでしょう。

一方で、自分で求人をしっかりと眺めて時間をかけてじっくりと就職活動を進めたい場合は求人サイトを利用するのも良い手段だと言えます。

求人サイトで一通りどんな求人があるのか目を通してから就職エージェントを利用してみるという手段も考えることが出来ます。

以上説明してきたことをまとめると、膨大な求人のなかから自分にあった求人を探す手間を省略したい人や、履歴書対策や面接対策などのエージェントならではのサービスの利用にも興味がある人は、求人サイトではなく就職エージェントを利用するべきだと言えるでしょう。

就職エージェントのデメリットへの対策

ここまで就職エージェントのメリットに注目して、公共サービスと求人サイトと比較してきましたが、当然のことながら就職エージェントにもデメリットがあります。

就職エージェントのデメリットには「自分で豊富な求人全てに目を通せる訳ではない」ことと「エージェントの意図通りに就職させられることがある」という2つがある訳ですが、それぞれにどのように対応するべきなのかについて説明してみたいと思います。

なぜなら、いくら就職エージェントのメリットが、公共サービスや求人サイトと比較した際に優れているとはいえ、就職エージェントのデメリットがそのメリットを上回るほど悪いものだったら、鼻から就職エージェントなど利用するべきではないと考えることが出来るからです。

就活キング編集部では、就職エージェントには上記で紹介した2つのデメリットがあるが、それぞれのデメリットは求職者の対応次第では克服することが可能だと考えています。

まず1つ目のでデメリットである「自分で豊富な求人全てに目を通せる訳ではない」ことに関しては、就職エージェントの担当者としっかりとコミュニケーションをとり、自分の希望や適性を正確に伝えることが出来れば、エージェントの担当者が適確な求人を紹介してくれる可能性が高まるため、自分で豊富な求人全てに目を通す必要などなくなると考えることが出来ます。

また、エージェントに紹介される求人だけでは満足できず、自分で求人全てに興味がある場合は、就職エージェントに足を運ぶ前に求人サイトに目を通すことにより対応することも出来ます。

2つ目のデメリットである「エージェントの意図通りに就職させられることがある」ことに関しては、複数の就職エージェントと同時に交渉を進めることにより対応可能です。

もし就職エージェントの担当者が自分勝手で、あなたが望む求人ではなく、自分が勧めたい求人を紹介してきた場合は、すぐにその就職エージェントと交渉するのを辞めて、別の就職エージェントとの交渉を進めれば良いと考えることが出来ます。

就職エージェントを利用する場合は、就活生のあなたが交渉の主導権を握るためにも、下記記事で解説した通り、複数の就職エージェントと同時に交渉を進めるべきです。

ここまで説明してきた通り、就職エージェントのデメリットは、エージェントを利用するあなたの考え方や対応次第では、いくらでもその不利益を回避することが可能なのです。

まとめ

ここまで、フリーターが就職エージェント以外に利用可能な他2つの就活サービスである「公共サービス」と「求人サイト」との比較を通じて「フリーターは就職エージェントを利用するべきなのか?」について検証を行いました。

その結果、就職エージェントのメリットを考えると、都市部で効率よく就職活動を行う場合、「公共サービス」や「求人サイト」ではなく就職エージェントを利用するべきであるという結論になったことを紹介しました。

また、就職エージェントが抱えるデメリットも、求職者側が例えば複数の就職エージェントと同時に交渉を進めるなどの工夫した対応を行えば、不利益を避けることが出来ることも紹介しました。

本記事で紹介した「フリーターは就職エージェントを利用するべきなのか?」に関する一連の議論をもとに、フリーター就活生のあなたがご自身が就職活動をする際に就職エージェントを利用するべきなのか検討してくれると嬉しく思います。

以上、『【徹底比較】フリーターは就職エージェントを利用するべきなのか? 他の手段と比べた時のメリットとはなにか。』という話題についてでした!

Copyright© 就活キング , 2019 All Rights Reserved.