さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

正社員就職を検討しているフリーター向けの求人/就活サイト4選

更新日 2019/02/25

就活ガール
フリーター向けの求人サイトにはどんなサービスがあるの?

これからフリーターから正社員になるために就職活動をする人の多くは、フリーター向けの「求人/就活サイト」についてまとまった情報が知りたいと考えているかと思います。

確かに「フリーター向けの求人サイト」というニッチな分野の情報だと、なかなかまとまった情報が見つからないのが現実ですよね...。

そこで就活キング編集部では、これから正社員になるために就活を行うフリーターのあなたのために、フリーター向けの求人サイト、就活サイトについての情報をまとめてみました。

フリーター就活生のあなたの役にたつ情報になっているかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

前提:フリーター向け就活サービスは求人サイトだけではない

フリーター向けの求人サイトについて紹介する前に、まず前提として「フリーター向けの就活サービスは求人サイトだけではない」という話をさせてください。

フリーターの方が利用可能な就活サービスは数多くありますが、それらを分類すると「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」という3つになります。

本記事で解説しようとしている「求人サイト」という分類は、フリーター向けの就活支援サービスの3分類のうちの1つの分類にしか過ぎないのです。

フリーターの方が利用可能な就活サービスは「求人サイト」だけではなく、「公共サービス」や「就職エージェント」もあるということを覚えておいてください。

「公共サービス」や「就職エージェント」についての説明や、3分類全てをひっくるめた就活支援サービスまとめについては下記記事にて紹介していますので、詳細について興味がある方は是非参考にしてみてくだい。

フリーターが利用可能な求人サイト4選

それでは、フリーター就活生が利用可能な求人サイトの紹介になります。

フリーター就活生が利用可能な求人サイト4選と、それぞれのサービス概要は下記の通りです。

サービス名 サービス概要
リクナビNEXT 社会人向けの転職求人サイト最大手。フリーター向けの求人も有り。新卒向け求人サイト『リクナビ』が起源。
バイトルNEXT バイト経験を活かして「正社員就職」という次に進むフリーター就活生向けの求人サイト。アルバイト求人情報サイト『バイトル』が起源。
Re就活 20代専門の求人サイト。20代フリーター向けの求人も多数有り。
en転職 エン・ジャパンが運営する大手転職サイト。フリーターも利用可能。

それぞれのサービスについての詳細を順番に解説していきます。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは社会人向けの大手転職求人サイトです。

リクナビNEXTは、新卒向け求人サイトである『リクナビ』と同じ系列であり、株式会社リクルートにより運営されています。

リクナビNEXTでは下記のように「フリーターから正社員を目指す」という条件で検索すれば、フリーター向けの求人を多数閲覧することが可能になります。

参考:フリーターから正社員を目指すの求人 -リクナビNEXT

また、下記のようにフリーターから正社員に就職をした先輩の体験談も随時公開されているようです。

参考:脱・フリーター! 「はじめての正社員」への道 -リクナビNEXT

リクナビNEXTは業界最大手の求人サイトであるため、求人数は随一です。このため、自分が住んでいる地域や希望する職種で検索をかけてみても求人を見つけることが出来る可能性が高いです。

ただ、リクナビNEXTは主に社会人の転職をサポートする就職支援サービスであるため、フリーターの正社員就職を専門としている訳ではありません。

このため、リクナビNEXTで見つけた求人に応募し面接を受ける場合は、同じフリーターではなく既に正社員としての経験を詰んだ経験者と競争する羽目になることが予測されます。

参考:リクナビNEXT

バイトルNEXT

バイトルNEXTは、アルバイト求人サイト「バイトル」が「バイトルNEXT」という別ブランドで正社員求人まで手を広げたサービスです。

アルバイトの求人サイトに起源があるため、フリーターと相性の良いサービスであると言うことが出来ます。

『正社員でのキャリアがなくても、バイト経験を活かして次のステージへチャレンジできる「次へ進む」を応援するサイト』というコンセプトを持っているため、アルバイトでの経験を存分に活かして正社員への就職を考えたいフリーターの方は前向きに利用を検討するべきでしょう。

参考:バイトルNEXT

Re就活

Re就活は、東証一部上場企業である「学情」が運営する20代向けの求人サイトです。

Re就活はフリーター特化という訳ではないのですが、20代に特化しているため、今フリーターでもまだ20代であるフリーターの方は利用することが出来ます。

近年、新卒一括採用&終身雇用という日本の高度経済成長を支えた雇用形態に綻びが生じている影響で、多くの企業は「新卒」や「既卒」、「第二新卒」といったカテゴリに囚われない採用活動に乗り出しています。

実際、多くの企業にとって従業員が20代と若いのであれば、その従業員が新卒であれ既卒であれ、あまり能力や働き方に関係ないはずです。

こういった背景から「20代の若者」向けの求人サイトという新しいカテゴリーが注目を浴びています。

当然、今現在フリーターでも20代であればメインターゲットになりますので、「新卒」や「既卒」、「第二新卒」などの垣根に囚われない就職活動に惹かれる方は是非利用を検討してみてください。

参考:Re就活

en転職

エン転職は、エン・ジャパンが運営する大手転職求人サイトです。

メインターゲットはフリーターではなく社会人ですが、下記のエン転職のQ&Aページでも回答されている通りフリーターも利用することが出来ます。

参考:フリーターからの就職でも、このサイトを使って良いですか? -エン転職Q&A

フリーターが就活をする際には「未経験者歓迎」の求人を中心に目を通し、積極的に応募すると良いことも解説されています。

社会人の転職を主なターゲットとして求人サイトであるため、フリーター向けの「未経験者歓迎」の求人を探すのは簡単ではありませんが、よ~く求人を探してみれば掘り出し求人が見つかるかもしれません。

参考:エン転職

最後に:フリーターが利用するべき就活支援サービスとは?

ここまでフリーター向けの求人サイト4選を紹介してきましたが、先ほども説明した通り、フリーターが利用可能な就職支援サービスは「求人サイト」だけではなく、「公共サービス」や「就職エージェント」もあります。

この、「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」という3分類のうち、フリーターが利用するべき就活支援サービスはどの分類のサービスなのでしょうか?

就活キング編集部は下記記事にて、「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」のメリット/デメリットを比較検討した結果、フリーター就活生が利用するべき就活サービスは、都市部で効率的に就職活動を進めるという条件下においては「就職エージェント」であると結論づけました。

「公共サービス」「求人サイト」「就職エージェント」という3分類のメリット/デメリットを詳細に比較検討した過程に興味がある方は上記記事を参考にしてみてください。

また、フリーター向けの「就職エージェント」とひとくちに言っても、全部で9個と数多くあるため、ここでも選ぶのが大変になることが予測されます。

フリーター就活生のあなたが、全部で9個の「就職エージェント」のなかから、自分に合ったエージェントを選ぶ際の助けになるよう、就活キング編集部ではフリーター向けの就職エージェントをランキング形式で紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

以上、『正社員就職を検討しているフリーター向けの求人/就活サイト4選』という話題についてでした!

Copyright© 就活キング , 2020 All Rights Reserved.