さぁ、スマートな
 就活をはじめよう!

  • MENU

男はフリーターだと結婚できないって本当? フリーターだけど結婚したい男性が知っておくべきベストな方法

更新日 2019/03/05

就活ボーイ
俺もそろそろ良い年だし結婚を考えたい...。

だけど、やっぱりフリーターだと結婚は難しいのかな...。

このような悩みをもつ、現在フリーターとして働いている男性のあなたへ。

20代後半になると特にですが、周りの友人が結婚し始めることもあり「自分もそろそろ結婚したい」と考えることが増えるかと思います。

そんななか、今彼女もいない状況だと特に「自分は本当に結婚できるのかな...」という不安を感じてしまうことも多いかと思います。

なおかつ、今正社員ではなくフリーターとして働いている状況だと周りや両親から「フリーターだと結婚できないよ」などという無言のプレッシャーを受けることもあるかと思います。

フリーターでいても十分に生活することは可能ですが、それが結婚できない原因になり得ると考えると、正社員になる選択肢も頭をよぎりますよね。

果たして、「男はフリーターだと結婚できない」というのは本当なのでしょうか?

本記事では「男性はフリーターだと結婚できないって本当?」ということについて検証していきたいと思います。

また、今現在フリーターをしている男性が結婚するためにとれるベストな選択についても合わせて解説していきます。

男性はフリーターだと結婚できないって本当?

それではいきなり本題ですが、「男性はフリーターだと結婚できない」というのは本当なのでしょうか?

答えは、残念ながら限りなく事実に近いです。

より正確に言うならば、「男性はフリーターだと結婚できる可能性がとても低い」という表現になるでしょう。

ショックを感じるかもしれませんが、まずはこの「男性はフリーターだと結婚できる可能性が限りなく低い」という事実をしっかりと認識するようにしましょう。

「男性はフリーターだと結婚できる可能性が限りなく低い」という事実を認識した後には、「なぜフリーター男性は結婚できる可能性が低いのか」という理由について理解するようにしましょう。

フリーター男性が結婚できない理由を理解すれば、今現在フリーターをしている男性がどのような行動をとれば、自分が結婚できる可能性を少しでも上げることができるのか分かるようになるので、理由について理解することは非常に重要です。

なぜ、男性フリーターは結婚できる可能性が低いのでしょうか?

その答えはただ1つで「経済力がないから」に他なりません。

男性は経済力がないと結婚が非常に難しくなってしまうのです。

「男性は経済力が低いと結婚が非常に難しくなってしまう」という事実は、様々なデータでも実際に示されています。

下記の厚生労働省による調査データによると、20代・30代男性の既婚率は、年収が増大するのに比例して増大していることが読み取れます。逆に、年収が下がるほど既婚率が下がっており、経済力がないと結婚することが難しいことも読み取ることができます。

参考:厚生労働省職業安定局‐非正規雇用対策・若年雇用対策について

フリーターをしている男性は多くの場合、経済力が高くありません。だから、フリーターをしていると結婚できる可能性が低くなってしまうのです。

男性の皆さんは分かると思いますが、あなたが付き合ったり結婚したりする女性は出来れば美人の方が良いですよね?

筆者も自分が付き合ったり結婚したりする女性はブスより美人のほうが良いと思っています。

おそらくこれはほとんど全ての世界中の男性が感じていることかと思います。

実は、男性が結婚相手の女性を選ぶ際に顔を重視するのと同じように、女性は結婚相手の男性を選ぶ際に相手の経済力を重視しているのです。

少し下品な文章ですが、世の中ではこんなことが言われたりします。

「結婚は顔と金の交換である。」

結婚において、男性は女性の顔を重視しているのに対して、女性は男性の経済力を重視していることを端的に表している文章ですね。

「結婚は顔と金の交換である。」という文章は少し下品ですが、世の中の真理の一部を表していることは間違いありません。

就活ボーイ
「結婚は顔と金の交換」なんていう価値観はヒドイ。そんな価値観を持っている女性はこっちからお断りだよ...
その気持ちも分かるわよ。でも世の中の残酷な事実として「結婚は顔と金の交換」という側面があるのは本当だと思うわ。
就活ガール

男性は経済力がないと結婚できない3つの理由

ここまで、「フリーター男性は結婚できる可能性が限りなく低い」というのは事実であり、その理由はフリーター男性の経済力にあるという話しをしました。

ここからは「なぜ男性は経済力がないと結婚できないのか」という理由について説明していきたいと思います。

経済力がない男性が結婚できない理由について正確に理解すれば、それだけ結婚するために経済力をつける重要性を理解することができるので、理由について理解することは非常に重要になります。

それでは、経済力がない男性が結婚できない理由は下記の3つになります。

  • 女性が結婚相手に求める第一条件は経済力だから
  • 女性が結婚相手に求める希望年収に届かないから
  • 経済力がないことは過去に努力をしなかった証だから

それぞれの詳細について順番に説明していきます。

理由①:女性が結婚相手に求める第一条件は経済力だから

経済力がない男性は結婚できない1つ目の理由は、女性が結婚相手に求める第一条件は経済力だからです。

2ちゃんねる等でよく話題になっていますが、女性は結婚相手を選ぶ際に年収を必要以上に気にしており、その傾向は各種調査にも表れています。

Yellow Ballonの調査によると、女性が結婚相手に求めるもの第一位はまさしく経済力になっています。

また、アニヴェルセル総研による調査では、女性が結婚相手の男性に求めるものとして、第一位の「性格が合うこと」、第二位の「思いやりを感じること」に続いて、第三位に「収入が安定していること」がランクインしています。

このように、各種調査データでも女性が結婚相手の男性に求める条件として「経済力」は上位に入ってくる項目なのです。

フリーター等をしていて経済力がない男性は、女性が結婚相手の条件として求める経済力を往々にして満たしていないため、結婚するのが難しくなってしまうという現実があるのです。

理由②:女性が結婚相手に求める希望年収に届かないから

経済力がない男性が結婚できない2つ目の理由は、女性が結婚相手に求める年収が高く、経済力がないと届くことのできない水準だからです。

アニヴェルセル総研による調査によると、女性が結婚相手に求める年収第一は「500万円以上」という結果になっています。

日本人の平均年収は約420万円なので、女性が結婚相手に求める希望年収500万円は、平均年収より80万円ほど高いということになります。

平均年収より80万円より高いため、多くの20代や30代前半の男性は、女性が結婚相手に求める年収500万円に届くことが出来ません。

当然、フリーターをしていたらどんな職種だとしても年収500万円以上稼ぐのは難しいと言えるでしょう。

理由③:経済力がないことは過去に努力をしなかった証だから

経済力がない男性が結婚できない3つ目の理由は、経済力がないことは過去に努力をしなかった証だと思われてしまうからです。

残酷なことを言っているようですが、これはある意味で事実です。

経済力というのは、基本的に勤めている会社が支払ってくれる年収と対応します。

良い会社に勤めると経済力が高くなるし、悪い会社に勤めると経済力が低くなってしまうということです。

良い会社に入れるかどうかというのは、学歴と大きく関連します。

学歴の高い人は、世間で大企業と言われている会社に入社しやすい一方、学歴が低いと中小零細企業にしか入社できず、結果として年収が低くなってしまいます。

学歴というのは、「過去に努力をして勉強をしてきたか」を測る指標でもあります。

だから、「経済力の低い人は過去に努力をしなかった人間だ」などと言われてしまうのです。

もちろん経済力が低くても、過去に多大な努力をした人も多く存在します。

例えば部活やボランティアなどに対して努力をしてきた人は、それが学歴に繋がらず、結果として経済力をつけることができなかったのかもしれません。

しかし、世間では「経済力がない人は過去に努力をしてこなかった人である」と思われてしまう風潮があるのも事実です。

過去に努力をしたのにも関わず、世間から「努力不足」だと思われてしまうのは納得がいかないかもしれませんが、事実は事実なので仕方がありません。

就活ボーイ
「経済力がないことは過去に努力をしなかった証だ」なんて極論だよ。稼ぎが少なくたって努力家の人はたくさんいると思うよ。
たしかにそうね。でも全体的な傾向として「経済力がない人は努力が足りていない」というのは事実よね...
就活ガール

女性の場合はフリーターでも結婚可能

ここまで「男性フリーターは経済力がないため結婚は難しい」ということについて説明してきました。

経済力がない男性フリーターの結婚が難しいことは分かりましたが、女性フリーターの場合はどうなのでしょうか?

実は、女性の場合、男性とは異なり、フリーターだとしても結婚が難しくなったりすることがありません。

その理由は男性と女性それぞれの、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の有配偶率の差を見ると明らかです。

下記の厚生労働省の調査によると、男性の有配偶率は正規雇用労働者が非正規雇用労働者を大きく上回っているのにも関わらず、女性の有配偶率は正規雇用労働者が非正規雇用労働者を下回っています。

参考:厚生労働省職業安定局‐非正規雇用対策・若年雇用対策について

このデータから言えるのは「男性は正規雇用労働者になれば明らかに非正規雇用労働者の場合に比べて有配偶率が上昇するが、女性の場合は正規雇用労働者になっても非正規雇用労働者の場合に比べて有害配偶率が上昇するどころか逆に下がる」ということです。

難しい言葉での説明になってしまったので、もっと簡単な言葉で説明すると「男性はフリーターから正社員になることが結婚において非常に重要になるが、女性の場合はその限りではなく、むしろ逆にアルバイトなどの非正規雇用の方が婚姻率が高い」ということになります。

「男性と女性では同じフリーターでも結婚への難易度というのは大きく異なる」ということですね。

今現在フリーターをしている男性にとっては不公平に感じるかもしれませんが、「女性フリーターは男性フリーターより結婚においては相当有利な立場にいる」というのは事実として知っておくようにしましょう。

就活ボーイ
男はフリーターだと結婚は難しいのに、女はフリーターでも結婚は簡単なんて不公平だ!
確かにそうかもしれないけど、女は見た目が凄く影響してるからお互いさまよ!
就活ガール

男性がフリーターのまま結婚した場合に陥る状況

以上のように、女性とは異なり男性はフリーターだと結婚することが難しいですが、男性がフリーターであることのデメリットは結婚前だけではなく、もし仮に結婚できた場合の結婚後も続くことになります。

男性がフリーターでいることは、結婚前には結婚できる可能性を下げてしまいますし、結婚後には下記のような状況に陥るリスクを抱えることになるのです。

今現在フリーターをしている男性は、結婚前のデメリットだけではなく、もし仮に結婚できた場合の結婚後にも下記ようなデメリットがあることを知っておいてください。

  • 奥さんが正社員として働かなければならない
  • 子供を産めない/育てられない
  • 質素倹約を徹底しなければならない

それぞれ順番に説明していきます。

奥さんが正社員として働かなければならない

もし男性がフリーターのまま結婚した場合に陥る状況の1つが「結婚した奥さんが正社員として働かなければならない」ということです。

男性のあなたがフリーターだと当然のことながら収入が少ないため、生活費を十分にまかなえるほどの生活費を稼ぐことが出来ません。

結果として奥さんに正社員として働いてもらうしかなくなります。

逆に考えれば、奥さんが正社員として仕事をしていれば男はフリーターでも何とか結婚生活を成り立たせることが出来ます。

しかし、あなたがフリーターで奥さんが正社員だと、まるでヒモのように奥さんに養ってもらっているようで情けないですよね...。

また、夫がフリーターなのに自分が正社員として働いていて家計を支える気概のある女性はそんなに多くはないことが予想されます。

奥さんが正社員として働いてくれれば、男性がフリーターだとしても結婚生活を成り立たせることは出来ますが、世間一般的な常識からいってもあまり現実的ではありません。

結婚した後に自分がフリーターで経済力がないからといって、奥さんに正社員になるようお願いしなければならない状況は、男性がフリーターのまま結婚した時のデメリットの1つだと言うことができるのです。

子供を産めない/育てられない

男性がフリーターのまま結婚した場合に陥る可能性のある2つ目の状況は、子供を産めないし育てられない状況になります。

当然のことながらある程度の収入がないと、子供を育てることは出来ません。

男性がフリーターのまま結婚した場合、かなり長時間仕事をしないと、子供と、子供を育てる奥さんの収入をまかなうことは出来ません。

フリーターのまま結婚して低賃金のまま甘んじていると、子供を立派に育てるだけの経済力を確保することは非常に難しいということを理解するようにしましょう。

質素倹約を徹底しなければならない

男性が正社員にならずにフリーターのまま結婚した場合に陥る3つ目の状況が、質素倹約を徹底しなければならないことです。

これも、フリーターだと正社員に比べて年収が少ないことで生じる問題の1つです。

男性がフリーターのまま結婚して家族を養っていく場合、収入が少ないので、その分支出を減らさなければなりません。

外食費や生活費などの節約をするだけではなく、車やマイホームなどを購入することも難しいことが予測されます。

結婚した後もフリーターのままでいると、かなりの質素倹約な生活をする必要がある状況に陥る可能性があることを覚悟するようにしましょう。

就活ボーイ
正社員にならずにフリーターのまま結婚すると色々なリスクがあるんだね...
そうよ。フリーターをしていることは構わないけど、将来奥さんに迷惑かけるかもしれないことは知っておいてね。
就活ガール

フリーター男性が結婚するための現実的な方法

ここまで「フリーター男性は経済力が低いため結婚することが難しい」ということについて説明してきました。

また万が一、フリーターをしたまま結婚できたとしても、結婚後に「質素倹約を徹底しなければならない」状況や「奥さんに正社員で働くようお願いしなければならない」状況に陥るリスクがあることも説明しました。

以上を踏まえて、フリーター男性が結婚をして、結婚後も比較的安定した生活を送るために、今するべきことは何なのでしょうか?

それは、うすうす勘付いているかもしれませんが、正社員になることです。

正社員になれば、フリーター男性は結婚できる可能性が格段に上昇します。

また、結婚後もフリーターのまま結婚した場合に抱えることになるリスクを負わず、比較的安定した生活を送ることができます。

就活キング
うすうす気がついてるかもしれんが、フリーター男性が結婚する可能性を少しでも上げるためのベストな方法は、やはり正社員になることなんじゃ。
本当にそうなの? どうしてフリーター男は正社員になると結婚できる可能性が上がるんですか?
就活ボーイ

フリーター男性が正社員になると結婚できる3つの理由

フリーター男性はフリーターから正社員になれば結婚できる可能性を格段に上げることができると説明しましたが、それはなぜなのでしょうか。

フリーター男性が正社員になると結婚しやすくなる理由として考えられるものは下記の3つになります。

  • 年収が上がるから
  • 社会的な信頼がうまれるから
  • 結婚相手の両親に了承してもらえるから

それぞれの理由について順番に説明していきます。

理由①:年収が上がるから

フリーター男性が正社員になると結婚できる1つ目の理由は「年収が上がるから」ということです。

先ほども説明しましたが、女性が結婚相手の男性に求める第一条件は「経済力」であるため、年収が上がると結婚できる可能性が格段に上がります。

フルタイムで働いているフリーターの方の一部は「正社員になっても給料はあまり変わらないよ」と考えているのかもしれませんが、ボーナスやその他福利厚生などを考慮すると、正社員の方が待遇が高いのは明らかです。

下記記事での就活キング編集部の調査によると、25歳~29歳の世代だと、フリーターの平均年収は140万円であるのに対し、正社員の平均年収は310万円であり、170万円の差があります。

実際にデータとしてもフリーターと正社員の年収の違いは明らかであり、正社員になって年収が上がると結婚できる可能性も上がるので、フリーター男性は結婚するために正社員になるべきだと言えます。

理由②:社会的な信頼がうまれるから

フリーター男性が正社員になると結婚しやすくなる2つ目の理由は、社会的な信頼が生まれ、周りがあなたに対して感じる印象にプラスの影響を与えることが出来るからです。

想像してみてください。もしフリーターのままのあなたがある女性と付き合って、その女性が友達とランチにいった時に「その彼はどんな仕事をしてるの?」と聞かれる場面のことを。

おそらくフリーターのままのあなたと付き合っている彼女は「非正規だけど塾の先生をしている」などと答えるのでしょうが、出来れば「非正規」ということは伝えたくないのではないでしょうか。

同じように、フリーターのままのあなたが付き合っている彼女が両親に「彼氏ができた」ことを伝えた時に、その両親から「その彼はどんな仕事をしてるの?」と聞かれる時のことを想像してみてください。

もし「フリーターとして働いている」とでも答えたら、絶対に彼女の両親は良い印象を抱かないですよね...。

このように、フリーターでいることは社会的な信頼が低く、周りから良い印象を抱かれないため、結婚相手として選ばれる可能性を下げてしまうのです。

逆にいえば、フリーターから正社員になれば、社会的な信頼を勝ち取り、周りが良い印象を抱いてくれることも可能なため、結婚まで至る可能性を上げることが出来るのです。

理由③:結婚相手の両親に了承してもらえるから

フリーター男性が正社員になると結婚できる可能性が上がる3つ目の理由は「結婚相手の両親に了承してもらいやすいから」です。

2つ目の「社会的な信頼がうまれるから」とも似たところがありますが、フリーターでいると、結婚相手の両親から結婚を認めてもらえないかもしれません。

また、結婚を認めてもらえないだけではなく、付き合っている途中に彼女の両親が彼女に「その彼氏と付き合い続けるの?」といったプレッシャーがかかり、途中でフラれてしまうかもしれません。

あなたのことを本当に好きな彼女の場合、あなたがフリーターだからといって両親に結婚を認めてもらえないと、精神的な苦痛を感じてしまうかもしれません。

いずれにせよ、フリーターをしていると、相手の両親も巻き込んだ「結婚」という行動を移す時に、正社員である場合に比べて数多くの障壁に阻まれる可能性があるのです。

結婚相手の両親を納得させてスムーズに結婚まで進むためにも、フリーター男性は結婚前に正社員になるべきであると考えることができます。

就活キング
フリーターから正社員になると経済的に豊かになるだけではなく、社会的な信頼も増すため、結婚できる可能性がグンっと上がるんじゃ。
なるほど。ところでフリーターから正社員に就職するにはどんな方法をとれば良いの?
就活ボーイ

フリーター男性が正社員に就職する方法

以上のように、男性は「年収が上がるから」「社会的な信頼がうまれるから」「結婚相手の両親に了承してもらえるから」という3つの理由で正社員になると結婚できる可能性が高まることを説明してきました。

それでは、今現在フリーターをしている男性が正社員になるためにはどのように就職活動を進めれば良いのでしょうか。

フリーターの方が就職活動をする時に利用可能なサービスには大きく分けて「就職エージェント」「求人サイト」「ハローワークなどの公共サービス」の3つがあります。

この3つのなかから、就活キング編集部がフリーター男性の方に利用をおススメしているのが「就職エージェント」になります。

理由は、フリーターから正社員になる際には就職エージェントを利用するのが一般的であることに加え、就職エージェントを利用すれば、自分で求人探しや、応募や面接の手続きをする必要がなく、他の方法より圧倒的に効率よく就職活動を進められるからです。

フリーターから正社員になる際に利用可能な就職エージェントについては下記記事にてまとめていますので、あなたに合いそうな就職エージェントを選ぶ際に参考にしてみてください。

また、就職エージェントを利用する際には必ず複数のエージェントを同時に利用するようにしましょう。

複数のエージェントと同時並行で連絡をとっておけば、もし1つのエージェントの対応に不満があった場合に、すぐに他のエージェントに切り替えることが出来ます。

就活生のあなたがどう頑張ったとしても、就職エージェントの担当者の対応が悪いリスクは避けられないので、リスクヘッジのためにも複数の就職エージェントと同時に交渉を進めると良いでしょう。

就活ボーイ
なるほど、フリーターから正社員になる時には就職エージェントを利用すれば良いのか!
そうじゃ。エージェントの対応が悪かった時のリスクヘッジのためにも、複数のエージェントと同時に交渉を進めるとなお良いぞ!
就活キング

まとめ

ここまで「フリーター男性の結婚」に関して説明してきたことをまとめますね。

まず大前提の事実として「男性はフリーターをしていると、女性が結婚相手に求める経済力に届かないため、基本的に結婚することが難しい」ということを辛いですが抑えましょう。

一方、大変不公平なことながら、女性の場合はフリーターだとしても男性のように結婚が難しくなることはなく、むしろ結婚しやすくなる傾向にあることも説明しました。

また、フリーター男性の結婚は難しいですが、もし難しい状況のなかでも結婚できた場合でも「質素倹約を迫らるリスク」や「奥さんに正社員として働くようお願いしなければならないリスク」を抱えることになります。

以上のような状況を踏まえた上での、フリーター男性が結婚するために今とれるベストな行動は「正社員になること」になります。

なぜなら、フリーターから正社員になれば「年収が上がる」ことに加え「社会的な信頼が増す」というメリットを享受することができ、格段に結婚する可能性を上げることが出来るからです。

さらに、フリーター男性が結婚する可能性を少しでも上げるべく正社員就活をする際にとれるベストな方法は就職エージェントを利用することです。

フリーターから正社員になる際に利用をおススメする就職エージェントは下記記事にて紹介していますので、いくつかあなたに合いそうなエージェントを選んで実際にコンタクトをとってみてください。

以上、『男はフリーターだと結婚できないって本当? フリーターだけど結婚したい男性が知っておくべきベストな方法』という話題についてでした!

Copyright© 就活キング , 2020 All Rights Reserved.