就活キング

WEB版就活マニュアル登場

WEBテストでの不正受験について

      2015/08/28

最近は多くの企業が、学生にテストセンターで能力試験を受験させています。その背景にあるのは、学生の不正なWEBテスト受験です。学生個人のPCでWEBテストを受験させると、学生は好きなだけ不正行為を働くことが出来ます。それを防ぐために、絶対に不正を働くことのできないテストセンターで、学生に能力試験を受験させる動きが広まりました。

学生のWEBテスト不正受験は後を絶たない

8347243550_e545f70b8d_z Exam / 18614695@N00

学生の不正なWEBテスト受験方法で主なものは以下の通りです。

  • 友達と一緒にパソコンに向かって問題を解く。(協力)
  • WEBテストが得意な友達に問題を解いてもらう。(替え玉)
  • 捨てアカウントを使って、問題をすべてスクリーンショットにとって保存し、ゆっくり時間をかけて考える。
  • 極秘で出回っている問題の解答集を手に入れる。

このような方法を使って不正にWEBテストを受ける学生はたくさんいます。不正を働いたとしても、ばれるリスクが極めて低いです。だから、不正を働く学生は後を絶ちません。

WEBテスト不正受験の是非

このように不正を働くことに関しては賛否両論あります。

本来禁止されているものなんだから、やっていいはずがない!」という、非常に真面目な意見がある一方、

バレル可能性は、ほとんど0なのだから、不正をしないほうがアホだ」という、したたかな意見もあります。

どちらの意見も納得できます。WEBテストで不正を働くかどうかは、その人次第ということでしょうか。

誰でも不正が出来る、尚且つ、不正受験をしてもバレル可能性がゼロという状況で、試験を受けさせる企業が悪い」という考え方もできます。さらに深く考えると「そのような企業は、暗に、ずる賢い学生を求めているのだ」という結論を得ることも出来ないわけではありません。

「WEBテストでズルをするやつは許せない!」と思う人は、「ズルく受験をした人が得をするような、選抜方法を採用している企業なんかで働きたくない」と考えてしまえば、それで良いのかもしれません。

もう少し、ひねくれた考え方をすると、「不正受験をするためには、ある程度の情報感度と、友達が必要だから、企業はそのような能力を見ているはずだ」と理解することも出来ます。

このWEBテストの不正受験に関する是非に関しては、さまざまな考え方があります。トータルに考えて、自分が不正受験をするのかどうかを考えるべきでしょう。ちなみに、筆者は不正受験はしませんでした。

まとめ
不正受験の是非については様々な意見があるが、最終的には自分で判断しよう

18卒学生注目の就職マッチングサービス

Meets Company

Meets Companyはイベント参加で内定獲得が叶う新しい形の就職マッチングサービスです。18卒新卒で就活をしている学生の話題を独占中。

就活基礎知識はこちら

 - SPI・筆記試験・WEBテスト対策