就活キング

WEB版就活マニュアル登場

大学生向け海外インターンシップ 「海外ビジネス武者修行プログラム」の特徴まとめ

      2017/09/03

海外ビジネス武者修行プログラムとは?

海外ビジネス武者修行プログラム

「海外ビジネス武者修行プログラム」とは、ベトナムに2週間滞在して、自分たちで考えたビジネスプランを実行する、大学生向けのインターンシッププログラムのことです。

2週間、ベトナムというアジアの新興国に滞在し、さらにそこでビジネスをすることによって、「海外での実践的な経験」や、「人間的な成長」をすることができます。

下記の動画は、この「海外ビジネス武者修行プラグラム」のPV(プロモーションビデオ)です。

動画を見れば分かる通り、この海外ビジネス武者修行プログラムでは、同年代の仲間とチームで取り組みます。

チームで何かを成し遂げる経験を通して、これから社会で活躍できる能力を鍛えることが出来ます。

どんな人に海外ビジネス武者修行プログラムはお勧めなのか

以下のような学生に、海外ビジネス武者修行プログラムはお勧めです。

  • 将来は海外で働きたい学生
  • 新興国での活動に興味がある学生
  • 英語を使って仕事をしたい学生
  • 「やりたいことを自由に実現できる」ことに魅力を感じる学生
  • 就職活動のためのネタを作りたい学生

英語を使ってのビジネスをベトナムでの2週間では経験するので、英語力を伸ばすことが出来ます。

将来海外で仕事をしたいと思っている人や、英語を使って仕事をしたい人にとっては絶好の成長機会です。

新興国でのボランティアや、NGOなどの活動に興味のある学生も、この「海外ビジネス武者修行プログラム」に参加する価値があります。

「今の自分に満足しておらず、環境を変えることで自分を大きく変えたい」と思っている学生も、これまで海外ビジネス武者修行プログラムに参加してきました。

また就職活動でアピールできるネタ作りに困っている学生は、参加することにより、「ベトナムでの2週間のビジネス経験」という、他の学生にはない、自分ならではのアピールポイントを作ることが出来ます。

「海外ビジネス武者修行プログラム」Q&A

どのくらいの期間?

A. 2週間です。

英語が出来なくても大丈夫?

A.  英語が話せなくても問題はありません。これまでに参加した学生も英語は得意ではありませんでした。このプログラムを通して、英語でコミュニケーションをとるマインドと、帰国後に英語を勉強するモチベーションを身に着けることが出来ます。

他の参加はどんな人?

A.  参加者の割合は、大学1年生が13%、2年生が26%、3年生が35%、4年生が21%、修士の学生が5%という構成になっています。

男女比は、男性53%、女性47%とほぼ半々です。

就職活動を控えている大学2年生と3年生が多く参加しています。

誰がサポートしてくれるの?

A. 海外ビジネス武者修行プログラムでは、学生の活動をサポートする人をファシリテーターと呼びます。

ファシリテーターとは、「促進する人」という意味の英語です。

ファシリテーターには、大企業で人財育成や組織力強化に従事した経験がある人材開発コンサルタントや、起業家、戦略コンサルタントがいます。

安全性は大丈夫?

A. このプログラムを行うベトナムのホイアンは世界遺産都市なので、とても治安が良いです。外国から多くの観光客も訪れています。

「世界遺産都市で、外国からの観光客にも人気」というポイントは、確かな安全性の高さを示しています。

地方からでも説明会に参加出来る?

A. 海外武者修行プログラムの説明会は全国で開催されています。

また、スカイプを使った個人説明も可能です。

 - 学生向けサービス