就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「入社後にやりたい仕事」を聞かれた時の答え方

   

「当社に入社したらどんな仕事がしたいですか?」という質問も、新卒の面接で良く聞かれる質問の1つです。

具体的に働いているイメージが出来ているかが勝負

この質問は学生の「志望度」を測るための質問です。「志望度」というのは、「どのくらい本気で、その会社で働きたいと思っているか」ということです。

志望度が高い学生であれば、具体的にその会社で働いているイメージをしているはずなので、「入社後にやりたい仕事」を聞かれたときに、しっかりと答えることが出来ます。

逆に、その会社に対する志望度が低い学生、つまり滑り止めとしてその会社を受けている学生は、具体的にその会社で働いているイメージをしていないので、「入社後にやりたい仕事」に、しっかりと答えることが出来ません。

企業は、「入社後にやりたい仕事」を聞いて、学生がその会社で具体的に働いているイメージをしているかどうか確認することにより、学生の志望度を測ってきます。

ということは、学生は面接官に「入社後にやりたい仕事」を聞かれた時には、その会社への志望度が高いということを示すために、面接の前に、その会社で具体的に働いてるイメージをしておくべきです

具体的に働いているイメージをするためには

461529334_318033c42c_z (fake) bussines man / xurde

以上のように、「入社後にやりたい仕事」という質問に適格に答えるためには、自分がその会社で働いているイメージをすることが欠かせません。

それでは、実際に具体的に働いているイメージをするためには、何が必要なのでしょうか。以下のようなことが考えられます。

  • 仕事の内容を完全に理解する
  • どの仕事がやりたいか、自分の軸に照らして選ぶ
  • 会社の雰囲気をつかむ
  • 会社の理念を理解する
  • 人事制度を知ることにより現実可能性を考える
  • 勤務地を知る

 

仕事の内容を完全に理解する

その会社の業務内容を完全に理解しましょう。

ここでいう仕事内容の理解は、その会社のビジネスモデルの理解だけではなく、実際にどのような業務を行っているのかを理解するということです。

その会社で働いている従業員が、朝から晩まで、一日にどのような仕事をしているのかを、具体的にイメージできるようになるまで、企業研究やOB訪問を通して、調べるようにしましょう。

また、その会社にどのよう職種があるのかも完全に理解するようにしましょう。職種別に、どのような業務をしているのか具体的にイメージできるまで、理解に努めるべきです。

 

どの仕事がやりたいか、自分の軸に照らして選ぶ

自分がその会社に入社後に、具体的に働いているイメージをするためには、どの職種で働きたいのかを決めなければなりません。

ここでいう職種は、営業職や、エンジニア職と言ったおおざっぱなものではなく、もっと細かいものです。

例えば、営業職だったら、法人向けなのか、一般消費者向けなのかや、どのような商品を営業するのか、ということです。

より、細かく、自分がやりたい仕事内容を、自分がどんな仕事をしたいのかという軸に照らして、選びましょう。

 

会社の雰囲気をつかむ

具体的にその会社で働いているイメージを持つためには、その会社の社風をつかむ必要があります。

例えば、日経企業と、外資系企業だったら、間違いなく、会社の雰囲気が異なるので、実際に働くイメージをすると、同じ業務ないようだったとしても、違うものになります。

その会社の説明会に参加したり、社員の方とお話しをすることにより、会社の雰囲気をつかんで、自分が具体的にその会社で働いているときに役立たせましょう。

 

会社の理念を理解する

会社がどのような理念、目標を持っているのかを知ることも、具体的にその会社で働く姿をイメージするために必要です。

目標が異なれば、当然、業務内容や行動にも違いが出てきます。日々、従業員の人がどのような理念を抱えて仕事をしているのかを知らないと、正確にその会社で働いていることを想像することは出来ません。

 

人事制度を知ることにより、現実可能性を考える

自分が具体的にイメージした業務内容が、人事制度の都合で実現できないものだったら意味がありません。

例えば、大手のメーカーに入って、一年目からアメリカで働きたい、またはアメリカで働いていることを具体的にイメージしていたしても、意味がありません。何故なら、日経の大手メーカーは入社一年目の社員を外国に駐在させることは、人事制度上絶対にやらないからです。

人事制度を知らないで、自分のやりたい仕事を言うと、ただの絵空事になります。絵空事を言っていると、確実に面接官から低評価を貰うことになります。

現実的な自分が働いている姿を想像するためには、人事制度を理解する必要があります。

 

勤務地を知る

働く場所を知ることも、自分がその会社で働いていることを具体的にイメージするためには必要です。

東京で働くのと、福岡で働くのでは、全く異なる働き方になります。自分がその会社の新入社員になったときに、どの場所に配属される可能性が高いのか、ということをしっかりと知っておきましょう。

 

その「入社後にやりたい仕事」は、自分に向いているということも話す

「入社後にやりたい仕事」に対する仕事に、しっかりとした答えをするためには、自分がその会社で働いている姿を具体的にイメージすることが大切だということを述べてきました。

実際に「入社後にやりたい仕事」に対して答えを言うときには、自分がイメージしている内容をそのまま話せばよいのですが、その時に気を付けておきたいことがあります。

それは、その入社後にやりたい仕事が、自分の能力を発揮できる仕事だ、ということをしっかりとアピールする、ということです。

入社後にやりたい仕事といっても、「その仕事をやりたいんだ!!」とただ言うだけでは、幼稚園児が「ママ、ケーキ食べたい!!」とわがままを言っているのと変わりません。

「その仕事をやりたい!」という意欲を示すだけではなく、「その仕事を高いレベルでこなす能力を自分は持っている」ということも同時にアピール出来るようにするべきです。

18卒学生注目の就職マッチングサービス

Meets Company

Meets Companyはイベント参加で内定獲得が叶う新しい形の就職マッチングサービスです。18卒新卒で就活をしている学生の話題を独占中。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問