就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「5年後、10年後の自分」について聞かれた時の答え方

   

面接の場で「5年後10年後の自分はどうなっていると思いますか?」と聞かれたら、

そんなの分かるわけねぇだろ!!!

と答えたくなる気持ちになりますが、そう答えるわけにはいきません。

そこで、この記事ではこの質問を聞かれた時の適切な答え方について、まとめました。

企業がこの質問を聞く意図

3460602028_1603ca8c81_z The Future… [Explored] / cuppini

  • 学生が長く働いてくれるかどうか確かめたい
  • 学生の価値観と、企業の方向性が一致しているか。社風に合うか

 

この質問を企業が学生に聞く意図は、その学生が長くその会社で働いてくれるかを確かめるためです。

当たり前ですが、企業は長く働いてくれる学生を、すぐに辞めそうな学生より高く評価します。

5年後、10年後にも、その会社で働き続けることを確認することは、間違いなくこの質問を聞く目的の一つです。

この質問を聞く、考えられるもう一つの理由は、学生と企業の価値観がマッチするかを知ることです。

5年後、10年後の自分のプランというのは、その人の価値観が大きく影響します。学生と企業のミスマッチを防ぐために、必要な質問です。

この質問への答え方

この質問への正しい答え方は、その会社でのキャリアを語ることです。

企業は長い間働いてくれそうな学生を好むので、その会社で少なくとも10年は働き続ける前提で話が出来ると良いです。

例えば、ITシステム業界を受ける学生だったら、

「最初の5年間でSEとして一人前になり、プロジェクトリーダーになれるようになりたいです。」

などのように、5年後のプランを語れると、良い回答になります。

この質問に答える時のポイント

以上のように、「5年後、10年後の自分」について質問されたときには、その会社で働き続けることを前提として回答すると、面接官に、長く働いてくれるということをアピールできるので、効果的です。

その会社で長く働くことを前提に回答する時には、抑えておきたいポイントが2つあります。

出世する意欲

ただ、長く働くことをアピールするだけでなく、出世欲ものぞかせたほうが良いです。

出世欲を見せれば、前向きであることをアピールできます。前向きで、やる気満々でエネルギッシュな様子を面接官に見せることは、間違いなくプラスに働きます。

その会社で歩めるキャリアを理解する

面接を受ける前に、OB訪問や、説明会などでの質問で、その会社に新卒で入った場合に歩めるキャリアについて、しっかりと理解しましょう。

自分が語ったその会社でのキャリアプランが、現実的に叶えるのが難しい場合、絵空事を言っているということになってしまいます。

「5年後、10年後の自分」を聞かれた時には、その会社での現実的なキャリアプランをしっかりと理解したうえで、その会社で長く働くことを前提とする回答が出来るようにしましょう。

18卒学生注目の就職マッチングサービス

Meets Company

Meets Companyはイベント参加で内定獲得が叶う新しい形の就職マッチングサービスです。18卒新卒で就活をしている学生の話題を独占中。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問