就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「一番長く続けてきたこと」について聞かれ時の答え方

   

何事も継続が大事です。社会はコツコツと継続できる人材を求めています。

継続できる人材を見極めるために聞かれる質問が「一番長く続けてきたことは何ですか?」というものです。

企業がこの質問を聞く意図

5432985520_196c86a4b0_z Golden Gate Bridge sunset moment long exposure study continue / davidyuweb

「あなたの人生の中で一番長く続けてきたものは何ですか?」という質問は、その学生がコツコツと継続して物事に取り組める人間であるかどうかを確かめるために聞かれます。

仕事で成果を残すには、継続が欠かせません。「継続は力なり」や、「チリも積もれば山となる」などの言葉がある通り、昔から、「継続」は何かで成果を出すために必要不可欠なものだと言われてきました。

コツコツと継続できる力というのは、「学歴」で判断される場合もあります。偏差値が高い大学に合格した、ということはコツコツと勉強を重ねてきたことを意味するので、コツコツと継続して努力出来る人であることを示している、という論理で、大学名を使って評価する企業は多いです。

ただ、エントリーシートに通ってしまえば、学歴はもう関係ありません。

参考ESに通ってしまえば学歴は関係ない

エントリーシートが通った後の面接で、企業が「あなたの人生で最も長く継続してきたこと」を聞くということは、面接まで進んだ学生のなかでも、誰がよりコツコツと努力できる人間かを見極めたい、と企業が思っているということです。

「一番長く続けてきたこと」に対する適切な答え方

自分の人生で本当に長く続けてきたことを、しっかりと答えるようにしましょう。

参考までに、「一番長く続けてきたこと」に対する答えには、以下のようなものがあります。

  • 日記
  • 料理
  • 書道
  • スポーツ
  • 読書

 

日記や、読書などは毎日欠かさず行っている人は少なからずいます。それを行っていた期間が長ければ長いだけ、継続する力を証明することができます。

サッカーやランニングなどのスポーツも、「長く続けてきたこと」への答えとして使うことが出来ます。

続けてきた結果、成長した面も同時に伝えよう

ただ、自分が人生において最も継続したものを伝えるだけではなく、その継続によって得たものも同時に伝えられるようになりましょう。

毎日日記を書いている場合には、「文章を書く力が上がった」と、成長を語ることが出来ますし、毎日読書をしていた場合は、「速読力がついた」と自分の伸びた部分をアピールすることが出来るようになります。

サッカーをずっと続けてきた場合には、「体力」や「チームプレー」などの、仕事をする際にも役にたつことを、「継続をした結果学んだこと」として、面接の場で話すことが出来ます。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問