就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「今までで一番感動したこと」について聞かれた時の答え方

      2016/03/03

「人生で最も感動した体験」というのは、案外しっかりと考えないと分からない質問です。

企業がこの質問を聞く意図

企業が学生に、「今までで一番感動したこと」を聞く理由は、学生の人柄や価値観を知るためです。

人生で最も感動した経験などを話す様子を見ることは、エントリーシートではなく、面接でしかできない、学生の人柄を評価する方法です。

学生の人柄や価値観を聞き出すことにより、その学生が、会社の社風や価値観と合うかどうかを見極めることにより、せっかく入社した学生が、会社とうまく合わずにすぐに退職してしまう可能性を、少しでも減らそうとしています。

「人生で一番感動したこと」への適切な答え方

3674906958_cde5e99e81_z scream / karochkin

企業はこの質問をすることにより、学生の人柄や価値観を知りたいと思っているので、学生も自分の人柄や価値観が伝わるように、「人生で一番感動したこと」を話すようにするべきです。

ストーリーで語る

自分の人柄や価値観を面接官に伝えるためには、ただ、自分が感動したことを伝えるだけではなく、「なぜ感動したのか」や、「感動した結果、自分の行動を変えようと思ったか」なども一緒に話せると良いです。

感動する事象というのは、ある程度決まっていますが、感動する理由というのは人によってバラつきが出ます。感動をした理由や、その出来事を通して学んだことも話せれば、自分の他人とは異なる人柄や価値観を面接官に効果的に伝えることが出来ます。

多くの学生が使う「人生で一番感動したこと」

  • 映画
  • 「学生時代頑張ったこと」のストーリー
  • 人の優しさ
  • 先生の言葉
  • 誰かが努力している様子
  • チームワーク

「本や映画に感動した」と言う学生は多いです。もし、面接の前に自分の人生を振り返って、感動したことを見つけていなかった場合、とっさに本や映画を感動したものとして選ぶ人は多いです。

本や映画だと、「人生で一番感動したこと」として語れるほどのインパクトがありません。出来れば、「人のやさしさ」や「チームワーク」などの人と関わることのほうが望ましいです。

人とチームを組んで取り組んだことによる感動ストーリーを伝えることが出来れば、自分が感動するポイントを伝えることにより自分の人柄を正確に面接官に伝えることが出来るようになるだけではなく、自分はチームで動く経験を多く積んできている、ということもアピールすることが出来ます。

仕事は基本的にチームで取り組むものなので、チームで取り組んだ経験をアピールすることは、新卒の就職活動において、効果的に働きます。

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問