就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「性格診断で○○という結果が出ているけど。。。」と言われた場合の答え方

   

エントリーシートを提出するのと同じタイミングで、性格診断を受けさせてくる会社があります。

この性格診断の結果を使って、面接の場で質問されたらどのように答えるべきなのでしょうか。

面接官が「性格診断」の結果を使って質問してくる意図

性格診断の結果を使って質問する面接官の意図は、検査結果通り、学生が長所・短所を持っているかどうか確かめることです。

学生に長所・短所を聞く時に、ただ単に「あなたの長所は?」や「あなたの短所は?」と聞くと、学生がしっかりと準備してきた答えを言う可能性があるので、学生の本音が聞けないかもしれません。

しかし、もし適性検査に出ている結果を使って質問すれば、学生は用意した回答を使うことが出来ないため、その場で回答を考えなければならない状況になります。

「適性検査では、あなたの弱みは○○と出ているけど、どうなの?」と質問することにより、学生の本当の弱みを知ることが出来る可能性があるため、面接官は適性検査の結果を使って、学生に質問することがあります。

 

性格診断を使った質問への答え方

6092105212_f625893db6_z Interview Questions / skewgee

性格診断を引用した質問をされた場合には、もしその性格診断の結果が当たっていたら、しっかりと回答するようにしましょう。

一方、もし性格診断の内容が全くの検討違いのものだったら、「性格診断の結果はそのようなものかもしれませんが、実際は違います。。。」と否定するようにしましょう。

性格診断の結果を否定しても、面接官にマイナス評価をされることはまずないです。

何故なら、面接官も適性検査の結果が全て正確に当てはまるとは考えていないからです。

適性検査の結果を引用した質問をされても、普通の質問に答える時と同じように、冷静に回答するようにしましょう。

性格診断の結果を使った質問例

  • 性格診断で、短気という結果が出てるけど、実際はどうなの?
  • 性格診断で、「せっかち」という結果が出てるけど、せっかちなの?
  • 性格診断で「人を引っ張ることに自信がある」という結果が出てるけど、どう?
  • 性格診断で、「自信過剰」という結果が出てるけど?

 

性格診断・適性検査の結果を使っての質問には上記のようなものがあります。

性格診断で出た結果の長所を引用しての質問よりは、短所を引用しての質問のほうが聞かれる可能性が高いです。

性格診断のテストを受ける時に自分が選択した短所を、しっかりとメモをしておくなどの対策をして、面接の場で、その短所を引用した質問がされても大丈夫なように心構えを作っておきましょう。

性格テストについての情報を以下の記事でまとめたので、参考にしてみてください。

参考SPIの適性(性格)テストを受ける前に、知っておくべきこと

18卒学生注目の就職マッチングサービス

Meets Company

Meets Companyはイベント参加で内定獲得が叶う新しい形の就職マッチングサービスです。18卒新卒で就活をしている学生の話題を独占中。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問