就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「他の志望動機」について聞かれた場合の答え方

   

メインの「志望動機」に加えて、「他の志望動機」も聞いてくる面接官が居ます。このような質問に答える時の留意点についてこの記事ではまとめました。

面接官が「他の志望動機」を聞く意図

面接官は学生に「他の志望動機は?」と聞くことにより、学生の「就職活動の軸」を知ろうとしています。

「就職活動の軸」というのは、どのような基準で自分が受ける会社を決めているのか、ということです。その学生がどのような仕事をしたいのか、どのような特徴のある会社で働きたいと思っているのか、を反映しています。

就職活動の軸を知りたければ、「就職活動の軸は?」という質問をすれば良いように思えるのですが、面接官はそうはしません。なぜなら、学生が用意してきた就職活動の軸を答える可能性があるため、本音を聞けないかもしれないからです。

面接官は「他の志望動機」を聞くことにより、間接的に、本音でその学生がどのような軸で就職活動をしているのか知ろうとしています。

「他の志望動機」を聞かれた場合の答え方

18663465943_5c773a26f7_z company / frosch50

「他の志望動機」を聞かれた時に大事なポイントは以下の通りです。

その会社の志望動機を深く考えておく

付け焼き刃の志望動機ではなく、どんな質問に対しても対応可能な、論理がしっかりとした志望動機を面接の前に作っておくようにしましょう。

付け焼き刃の志望動機とは、その場しのぎの志望動機のことで、少し面接官に突っ込まれると対応不可能になってしまいます。

そうではなく、面接官にどのようなツッコミを食らおうとも、決して崩れることのない志望動機を、面接の前には考えておく必要があります。

内定が獲れる!!隙の無い志望動機を作る方法という記事でも書いた通り、志望動機というのは、自分がやりたいことを軸にして、熱意とともに、「業界」、「会社」、「職種」ごとに作るものです。

その場しのぎの志望動機ではなはなく、上記のように論理的にしっかりしている志望動機を作るプロセスを踏んで出来た志望動機ならば、「他の志望動機は?」という質問にも対応することが可能です。

他の質問の回答と矛盾しないように注意する

「他の志望動機は?」という質問をされた時に気を付けておきたいポイントが、その他の質問と矛盾しないようにすることです。

「他の志望動機は?」という質問と、似た内容の質問には以下のようなものがあります。

  • 志望動機は?
  • 就職活動の軸は?
  • 他にどのような会社を受けている?

 

「就職の軸」や、「他に受けている会社」を質問された時にした回答が、「他の志望動機は?」への回答と、全く違う内容だったら、面接官はその学生の主張が首尾一貫したものではない、と見なし、評価を下げます。

どのような質問がきたとしても、他の質問に対する自分の回答と、内容的に首尾一貫したものである必要があります。

18卒学生注目の就職マッチングサービス

Meets Company

Meets Companyはイベント参加で内定獲得が叶う新しい形の就職マッチングサービスです。18卒新卒で就活をしている学生の話題を独占中。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問