就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「同業他社との違い」について聞かれた場合の答え方

   

面接の前にしっかりと準備しておかなければ対応できない質問が「同業他社との違いは何だと思いますか?」という質問です。

面接官が「同業他社との違い」を聞く意図

1327353512_d628933894_z

面接官が学生に「同業他社との違い」を質問する理由は、その学生がしっかりと企業研究をしてきているのかを確かめるためです。

企業研究をしっかりとしているかどうかというのは、学生のその会社への志望度に関係してくるので、面接官はこの質問をすることによって、学生のその会社への志望度を測っている、と考えることも出来ます。

「同業他社との違い」に関する質問への適切な答え方

同業他社との違いを調べる方法

同業他社との違いを聞かれた時に、しっかりと答えるためには事前に企業研究をしておく必要があります。

企業研究をする時に、同業他社との違いを見つけるためには、以下のような方法が考えられます。

  • 新卒採用ホームーページの企業紹介ページを見る
  • 会社説明会に参加する
  • 会社説明会で質問する
  • 社員の方から直接話を聞く

 

以上のような方法を用いて、しっかりと「同業他社との違い」を把握するようにしましょう。

回答例

[質問例] 同業他社との違いは何だと思いますか?(SI業界・システム開発業界の場合)

[回答例] 御社の同業他社との違いは、「プロジェクトチームの人数が少数であること」というお話を、説明会の時に人事の方に質問したときに教えて頂きました。私は、各チームメンバーの当事者意識が高くならざるを得ない少人数のチームで働くことに魅力を感じるため、他社さんではなく、御社で働きたいと強く思っています。

情報ソースを敢えて言う

同業他社との違いを答える時には、その違いをどこの誰から聞いたのか、もしくはどのようにして知ったのかに言及するようにしましょう。

上の例の場合だと「説明会の時に質問した」ということを言っています。このように情報ソースを伝えることによって、自分の発言に裏付けがあることを示せるので、面接官が「この学生は適当なことを言っているのではないか」と思ってしまうリスクを軽減することが出来ます。

また、上記のように言うことにより、積極的に情報収集をしていることを面接官に印象つけることも出来るので、プラスに働くはずです。

「その『同業他社との違い』に魅力を感じている」ということを伝える

ただ、違いを述べるだけではなく、その違いに魅力を感じている、ということも伝えるようにしましょう。

違いに魅力を感じているということは、「同業他社ではなく御社で働きたい!!」という強い熱意を伝えることを意味します。

面接では熱意が最も大事という記事でも書いた通り、熱意は合否に大きな影響を与えるので、違いに魅力を感じていると伝えることはとても重要です。

志望動機を作る時に、同業他社との違いをしっかりと調べておくべき

「同業他社との違い」を質問されたときに対応するためではなく、志望動機を作るときにも、同業他社との違いをしっかりと把握しておくことは大事になってきます。

志望動機というのは基本的に以下の三種類あります。

  • 何故その業界を選んだのか
  • 何故その会社なのか
  • 何故その職種なのか

 

以上のような3つの段階の志望動機をそれぞれ考えることにより、隙のない志望動機を作ることが可能なので、志望動機を作るときにも、同業他社との違いを意識しておくことは重要です。

参考隙の無い志望動機を作る方法

18卒学生注目の就職マッチングサービス

Meets Company

Meets Companyはイベント参加で内定獲得が叶う新しい形の就職マッチングサービスです。18卒新卒で就活をしている学生の話題を独占中。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問