就活キング

WEB版就活マニュアル登場

最終面接で「意思確認」された時の適切な答え方

   

厳しい選考を勝ち抜いて、最後の最後にされる質問が「意思確認」です。新卒の面接の場で意思確認をされた時のために、この記事に書いてあることを知っておきましょう。

面接官が意思確認をする意図

2235863503_f0222ea5a8_z 2.40:1 / meblob

面接官はその学生が本当に入社する気があるのかを確かめるために意思確認をします。

もう一つの考えられる意思確認をする理由は、内定承諾書にサインさせるのと同じように、学生に内定を蹴る心理的な障壁を与えることです。

せっかく内定をだしたのに、学生に内定を断られたら企業にとっては損失です。企業は学生が内定を蹴る可能性を少しでも下げるために、内定承諾書にサインさせたり、最終確認として「本当に当社に入社してくれる」と聞いたりします。

意思確認をするときに使われるフレーズ

  • ウチが内定出したら本当に入社してくれる?
  • 入社する意思はある?
  • ウチが内定を出したら就職活動を辞める?

 

面接官は意思確認をするために上記なようなフレーズを使います。学生は、このような言葉を聞いたら、これは意思確認だ!と思って間違いないです。

意思確認をされた時の適切な答え方

意思確認をされたら、以下のように、必ず「YES!」と言うようにしましょう。

[質問例] ウチが内定出したら本当に入社してくれる?

[回答例] はい、面接の場でも繰り返し申し上げてきた通り、御社が第一志望なので、必ず入社します!!

もちろん噓でも上記のように「入社します!」と言うようにしましょう。嘘も方便です。

意思確認をされたときに、「まだ就職活動を続けたいです。。。」などと言うとせっかく貰えるはずだった内定を逃してしまうかもしれません。

内定承諾書にサインをするときは、まだ就職活動を続けたいということを先方に伝えても何も問題がないのですが、最終面接の場では言うべきではありません。

参考内定承諾書の提出は慎重に

オワハラをされた場合には?

最終面接の場では、オワハラを受けることがあります。

オワハラとは、学生にその場で選考中の他の企業に連絡を入れさせることにより、就職活動を辞めることを強制することです。

オワハラは悪質です。しかし、悪質なオワハラという行為をする企業は実際に存在します。

「ウチが内定を出したら就職活動を辞める?」と最終面接の場で質問をして、学生から「はい、必ず入社します!!」という言葉を引き出した後に、「じゃあ選考中の他の会社に今電話して断って!!」と言ってきたら、学生はどのように対応するべきなのでしょうか。

もし、そのように言われたら学生は、「それは出来ません」とキッパリと断るしかないです。「内定を出したら必ず入社すると約束するけれども、他社の先行を辞退するために電話をすることは出来ない」と主張するしか道はないです。

このように主張した結果落とされてしまったらそれはそれで仕方がありません。なぜなら、学生の利益を最大化させるための最善の方法が上記のように答えることだからです。

繰り返しますが、「じゃあ選考中の他の会社に電話して今すぐ選考を辞退して下さい」と面接官がオワハラをかけてくることを恐れて、最終面接での意思確認の質問に対して「他の会社の選考を受けてから考えます。。」と答えるのは間違いです。せっかく手に入るはずだった内定を逃してしまう可能性があるからです。「他の企業の選考も引き続き受けさせて下さい」と正直に答えるのは、内定通知書を貰った後にしましょう。

 

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問