就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「気になるニュース」について聞かれた場合の答え方

      2016/02/07

面接の場で「気になるニュース」を聞かれた場合はどのように答えるべきなのでしょうか。

「『気になるニュース』など聞かれると思っていなくて、不意打ちをくらい、まともな回答が出来なかった。。」ということにならないように、この記事には目を通しておきましょう。

「気になるニュース」を面接官が聞く意図

5993513611_14cde1aae2_z Sunday News / topgold

面接官は、その学生が社会のことを知っているかどうか確認するために、「気になるニュース」を学生に質問します。

ニュースに目を通しているかや、社会のことを良く知っているか、ということは学生の成熟度に関係してきます。面接官は学生の「成熟度」を測ることも目的として、気になるニュースを聞きます。

「気になるニュース」を聞かれた時の答え方

以下の3つのポイントを抑えて、「気になるニュース」を聞かれた時には回答するようにしましょう。

  • 何故気になるのかを述べる
  • 自分の意見を述べる
  • 政治関係は避けるべき

回答例

[質問例] 最近気になるニュースはありますか?(自動車業界の面接)

[回答例] 私が最近気になるニュースは、ドイツのフォルクスワーゲンの不正環境規制逃れ事件です。(参考:Yahooニュース) 私が志望している自動車業界に大きな影響を与えるニュースなので気になりました。この事件に関わっていたフォルクスワーゲンの社員の人は、なぜ「こんなズル辞めよう」と言えなかったのかを考えると、目先の売り上げに目がくらんだからだと思います。私が同じような状況になったら、しっかりと過ちを指摘できるようになりたいです。

何故気になるのかを述べる

「気になるニュース」を答えた後は、なぜそのニュースがきになるのか、という理由を言うようにしましょう。

上の例の場合だと、「自動車業界に興味がある」ということが、フォルクスワーゲンの事件に関するニュースに興味を持った理由として述べられています。

自分が受ける業界のニュースを言うと、「なぜ気になるのか」ということが言いやすくなるので、その会社が所属している業界のニュースを「気になるニュース」として答えると良いかもしれません。

自分の意見を述べる

気になるニュースを答えて、気になる理由を答えたあとは、自分の考察も付け加えるようにしましょう。

上の例の場合だと、「自分はフォルクスワーゲンの社員の人と同じ立場になった時に、誤りを指摘できるようにしたい」という、自分なりの意見を言っています。

ただ、ニュースを見て、知るだけではなく、そのニュースを見てどのように感じるのかも面接の場で回答することが出来たら、他の学生と差をつけることが出来ます。

政治関係は避けるべき

基本的に政治関係のことは避けるべきです。なぜなら面接官の思想信条によって、自分の評価が変わる可能性があるからです。政治関係の話題を言うことは、ある種のギャンブルです。

例えば気になるニュースとして、「安全保障法案の攻防」を挙げて、更に「私は安保法案には反対です」などと自分の立場を表明した時に、もし面接官が「安保法案に賛成」の立場だったら、面接官はその学生のことを悪く評価してしまう可能性があります。

政治に関する意見や、思想信条によって面接の合否を判断してはいけないというルールはありますが、面接官も人間なので、自分の意見と異なる意見を持つ人間に対しては、それが政治に関する話題の場合特に、悪い印象を持ってしまいます。

参考企業が面接時に聞いてはいけない質問

政治に関する話題は避けるのが無難でしょう。

2015年の主要なニュース一覧

2016年になってから行う就職活動のために、2015年に起きた主要なニュースをまとめました。(※参考:YOMIURI ONLINE

  • 大村三梶田さんノーベル賞受賞
  • ラグビーW杯、南アフリカに勝利
  • 日本人2人が「イスラム国」に殺害される
  • マイナンバー制度が始まる
  • 茨木、栃木、宮城の3県で豪雨、堤防決壊
  • 安全保障関連法が成立
  • 北陸新幹線開業
  • マンションの杭打ちデーター偽装
  • TPP大筋合意
  • 東京五輪エンブレム問題

この10個のニュースのうち、ハッピーなものは、「大村さん梶田さんノーベル賞受賞」と、「ラグビーW杯南アフリカに勝利」と、「北陸新幹線開業」の3つです。

逆に、残念だったニュースは、「日本人2人がイスラム国に殺害される」と、「茨木、栃木、宮城の3県で豪雨、堤防決壊」と、「建物の杭打ちデータ偽装事件」と、「東京五輪エンブレム撤回」の4つです。

政治的な前進に関するニュースは、「マイナンバー制度始まる」と、「安全保障関連法が成立」と、「TPP大筋合意」の3個です。

これらの2015年に起きた主要なニュースは、面接官も知っている可能性が高いので、面接の場で「気になるニュース」を聞かれた時の答えとして最適です。

面接対策としての新聞購読

上記のように、就職活動では「最近気になるニュースは何ですか?」という質問を良くされます。

新卒の就活生は日々、新聞などに目を通して情報収集をすることが欠かせません。

新聞には色々な種類がありますが、就活生に購読をお勧めしたいのが、朝日新聞デジタルです。

なぜなら朝日新聞は、新聞業界で唯一、就活生のために割引をしているからです。

朝日新聞を読むためには、普通、毎月3000円を払わなければなりませんが、就職活動をしている学生なら月額2000円まで割り引きをしてくれます。

就活生は朝日新聞デジタルの「就活割」を利用して、面接に万全に備えましょう。

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問