就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接で「入社後にやりたい仕事はなんですか?」と聞かれた場合の答え方

   

「入社後にはどんな仕事をしたいですか?」という質問は、新卒の面接の場で良くされます。「その会社で働くイメージが具体的に出来ているかどうか」というのが回答のポイントです。

面接官が「入社後にやりたい仕事」を質問する意図

2634561264_ac780635b6_z J !wekump / rfeldein

面接官がこの質問をする意図は以下の2つです。

  • 学生の企業への理解度を測るため
  • 学生の価値観を知るため

学生の会社への志望度を測るため

面接官は「入社後やりたい仕事はなに?」と学生に質問して、その答えを知ることにより、学生が会社のことをしっかりと理解しているかどうかを確かめようとしています。

当然のことながら、会社のことを事前に調べていかないと、入社後にやりたい仕事を具体的に話すことは出来ません。

面接官は学生が語る「入社後にやりたい仕事」を聞いて、どれくらい会社のことを理解しているのかや、しっかりと企業研究をしてきたのかなどを調べようとしています。

学生の価値観を知るため

「入社後にやりたい仕事」というのは学生の価値観を反映します。その学生がどのような志向、性格、能力を持っているのかを見極めて、合否の参考にしています。

「入社後にやりたい仕事」を聞かれた時の適切な答え方

11682625885_4e0bdb28d8_z Hard Drive Repair / wwarby

この質問に答える時のポイントは以下の3つです。

  • 具体的に話す
  • 熱意を持って話す
  • 自分の強みと絡める

具体的に話す

入社後にやりたい仕事を話す時にはなるべく具体的に話すようにしましょう。

具体的に話せるということは、それだけ自分がその会社のことを良く知っているということです。事前に入念な企業研究をしたということを面接官に思わせることが出来たら、自分のその会社に対する「志望度」が伝わるため、高評価を貰えます。

熱意を持って話す

その会社に入ってやりたい仕事を話す時には、ハツラツと元気よく話すようにしましょう。

「強い魅力を感じます」だったり、「ワクワクします」などのような言葉を使うことにより、「その会社で働きたいんだ!!」という熱意を面接官に伝えることが出来ます。

熱意は合否に大きな影響を与えるので、しっかりと抑えておきましょう。

参考面接では「熱意」が最も大事

自分の強みと絡める

自分の強みも同時にアピール出来るとなお良いです。

入社後にやりたい仕事が特に思い当らない場合は、自分の強みが最も活かせそうな仕事を「入社後にやりたい仕事」として話すことも可能です。

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問