就活キング

WEB版就活マニュアル登場

「仕事をする上で大切だと思うことは何ですか?」という質門に対する適切な答え方

   

「仕事をする上で大切だと思うこと」というのは、あらためて真剣に考えてみると、なかなか難しい質問です。

また、自分が考えた「仕事をする上で大切だと思うこと」が果たして、面接の場で言うべきなのかどうか、ということも分からないと思います。

この記事では、厄介な質問である「仕事をする上で大切だと思うことはなんですか?」について、まとめました。

企業がこの質問を聞く理由

16199328365_1a524ca52a_z
Centre Street, looking west from Second, Fernandina Beach / stevenm_61

「仕事をする上で大切だと思うことは何ですか?」という質問は、仕事に対する価値観を問う質問です。

仕事に対する価値観は、学生の性格や人柄を反映します。面接官は学生の人柄を知ることによって、自社の企業風土(カルチャー)とマッチするかどうか確かめるために、この質問をします。

どんなに高い能力を持っている人材でも、会社のカルチャーに合わなかったら力を発揮出来ません。

面接の場では、学生の「能力(将来の可能性)」とともに、「自社に合うかどうか」ということも評価しているので、「仕事をする上で大切にしていること」を学生に質問するのです。

 

この質問に答える時のポイント

この質問に答える時のポイントは以下の2つです。

  • 自分の強み・長所とリンクさせる
  • 企業の「求める人材」とリンクさせる

 

「仕事をする上で大切にしていること」は、「自分の強み」をアピールするチャンスです。

なぜなら、「仕事をする上で大切にしていること」と「自分の強み」は同じものになり得るからです。

例えば、自分の強みが「失敗から学べるところ」だったとしたら、「仕事をする上で大切にしていること」として、「同じミスは絶対にしない」と言えます。

このように言うことにより、自分の強みを改めてアピールできるだけではなく、発言に一貫性を持たせることも出来ます。

また、自分のなかで良い「仕事をする上で大事にしていること」が思いつかなかったら、企業のホームページ上に載っている「求める人材」を意識して、作ってみるのも良い作戦です。

この作戦を実行すると、企業のカルチャーにマッチした「仕事をする上で大事にしていること」を作ることが出来ます。

 

実は学生がアピール出来るチャンス

「仕事をする上で大事にしていること」に対する答えを考えることは難しいですが、学生にとってはアピールのチャンスです。

上記の2点のポイントに従って、「仕事をする上で大切だと思っていること」を構成すれば、面接官にインパクトのある回答をすることが出来、内定獲得への手助けになります。

 

回答例

「仕事をする上で大切だと思っていること」の回答例としては、以下のようなものがあります。

  • チームでのコミュニケーションを大切にする
  • 計画を立て、効率的に仕事をする
  • 情報感度を高める
  • 同じミスは絶対にしない
  • ホウレンソウ(報告・連絡・相談)をしっかりとする
  • 上司との信頼関係の構築
  • 毎日コツコツと仕事に取り組む

 

18卒学生注目の就職マッチングサービス

Meets Company

Meets Companyはイベント参加で内定獲得が叶う新しい形の就職マッチングサービスです。18卒新卒で就活をしている学生の話題を独占中。

面接で良く聞かれる質問

 - 面接でよく聞かれる質問