就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接に落ちても、落ち込む必要なんて全くない

      2015/12/01

面接に落ちても、落ち込む必要は全くありません。面接で落ちまくるのは普通という記事でも書いた通り、現在の新卒採用市場は大きく歪んでいるため、面接で落ちるのは普通です。

ワクワクドキドキしながら結果を待っていたのに、お祈りメールが来たら、落ち込んでしまう気持ちは分かります。筆者もたくさんのお祈りメールを貰って、たくさん落ちこみました。

だけれども、大事なことは、いつまでも落ち込んだままでいないことです。お祈りメールをもらって落ち込むのは、長くても一時間ほどにしましょう。

気持ちを切り替えるのも難しい

52177277_9bad070be3_z Power / uaeincredible

「気持ちを切り替えよう!!」と言ったり、意識したりするのは簡単だけど、実際に気持ちを切り替えるのは難しいです。「言うは易し行うは難し」という言葉の通りです。

気持ちを切り替えるためには、どうすれば良いのでしょうか。それは人によるとしか言えません。今まで酷く落ち込んだ経験が誰にでもあるはずです。その時の辛い気持ちも、乗り越えてきたんだから、今回もしっかりと気持ちを切り替えて、また前を見て戦えるようになるはずです。

社会は厳しい

就職活動で落ちまくっていると、「はぁぁぁ、社会は厳しいなぁ」という気持ちになります。

面接に失敗して、落ち込んでいる時はこの動画を見てみようという記事で紹介した動画が人気なことが示している通り、ほとんどの就活生が「社会は厳しいなぁ」という気持ちになっています。

仕事を見つける段階で、これだけ厳しいのだから、社会に出て働き始めたらもっと厳しいことがあるかもしれません。これから先の人生では、面接でお祈りメールを貰った時と同じように、精神的にズーンとくる経験を何度もします。その時にも乗り越えられるように、精神的なタフさを身に着ける必要があります。新卒の就活で落ちまくる経験は、精神力をつける良いチャンスなのかもしれません。

就活は戦い

就職活動は戦いです。だから落ちまくるし、ひどく落ち込むこともあるのです。「戦い」であるから、勝者と敗者がでます。就職活動では、直接的にお金が絡んでくるため、これまでの人生で経験してきたどんな戦いよりも、厳しいものです。

ただし、この就職活動という戦いでは、99社に落ちても、1社にさえ受かれば、「勝つ」ことが出来るのです。

だから、「勝つ」ために一番大事なことは、戦うことをやめないことです。何度、お祈りメールを貰っても、戦う意思だけは消してはいけません、辛いだろうけど、戦うことを辞めなければ必ず「勝利」は見えてきます。

 

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

就活基礎知識はこちら

 - 就活がうまくいかないあなたへ