就活キング

WEB版就活マニュアル登場

総合電機メーカー(テレビメーカー)の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と、業界基本情報

      2017/01/07

テレビを作っている会社の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と、業界事情についてこの記事ではまとめました。

78895709_11d7c10f29_zTV Tower and Fountain Illuminated / pauldavidson

テレビメーカー会社の各種データ比較

会社名 総合職初任給(※1) 平均年収(※2) 3年後離職率(※3) 参考リンク
 シャープ  修士:233,000円
大卒:209,000円
600万円 18.5% 新卒採用サイト
ソニー
修士:244,500円
大学:213,000円
885万円  4.8% 新卒採用サイト
パナソニック 修士:233,000円
学部:209,000円
 691万円 NA 新卒採用サイト
三菱電機 学部:207,000円
修士:230,500円
 746万円  5.7% 新卒採用サイト
東芝 修士:233,000円
学部:209,000円
 575万円 NA 新卒採用サイト
日立製作所 高専:182,000円
学部:207,000円
修士:230,500円
  827万円 NA 新卒採用サイト
※1 総合職初任給は各会社の新卒採用サイトから抜粋
※2 平均年収はマイナビウーマンこっそり年収チェッカーより抜粋
※3 3年後離職率は就職四季報 2017年版より抜粋。各会社の残業時間や残業代、有給消化、ボーナス、平均勤続年数などの、より詳しい情報は就職四季報 2017年版を購入すれば確認出来ます。

ほとんどの日本の大手総合電機メーカーはテレビを作っています。パナソニック、東芝、日立製作所の3年後離職率は不明です。

テレビメーカーの現状

世界の薄型テレビ市場シェア

国内販売台数順位 社名
1位 サムスン電子 韓国
2位 LG電子 韓国
3位 ソニー 日本
4位 ハイセンス 中国
5位 TCL 中国
6位 スカイワース 中国
 7位 シャープ 日本
日経業界地図 2016年版参照 。日経業界地図 2016年版を購入すれば、より細かい業界情報を知ることが出来ます。

世界の薄型テレビ市場の1位と2位が韓国勢です。サムスン電子とLG電子で世界の薄型テレビ市場の4割を取っています。日本の代表的なテレビメーカーであるソニーは3位です。そのあとには中国の会社3社が続きます。中国は経済成長のおかげで国内のテレビ需要が大きいので、その影響で世界シェアでも上位に食い込んでいます。

注目するべき点は、世界の薄型テレビ市場の上位7社がいずれも、日中韓の会社だということです。東アジアの国の会社が世界のテレビのほとんどを作っているということになります。アメリカやヨーロッパのテレビメーカーは世界市場においてはほとんど存在感がありません。

日本で有数のテレビメーカーだったシャープは経営が傾いた影響で、サムスン電子から出資を受けています。

4Kテレビと有機EL

テレビの新しい技術として注目されているのが、4Kテレビと有機ELです。

4Kテレビというのは、画面の画素数が今までのものより、細かいものを言います。これまで細かい画素数と言われていたフルハイビジョンの4倍の画素数を持つのが4Kテレビです。

参考そもそも4Kテレビってなに?-Panasonic

有機ELとは電流を流すと発行して光を出す現象のことです。この現象を利用したものが有機ELディスプレイです。有機ELディスプレイは、バックライトを必要とする液晶ディスプレイに比べて薄く製造することが可能です。また、液晶と違ってバックライトを必要としないため、斜めから見ても解像度が変わらないメリットもあります。有機ELディスプレイのデメリットとしては、値段が高いことと、大画面を造ることが難しこと、寿命が短いことが考えられます。

今後の更なる技術革新次第では、有機ELディスプレイが今後のテレビディスプレイのメインになっていくのかもしれません。

参考有機ELと液晶の違いってなに?

電機メーカーに興味のある学生は下記の記事にも目を通して、他の学生が何を志望動機としているのかを確認しておきましょう。ちなみに、もっとも多く使われる電機メーカーを志望する理由の一つは、「技術イノベーションに関わりたいから」というものです。

関連記事総合電機メーカーを受ける時に使える志望動機

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

初任給

 - 業界別、主要会社の初任給比較