就活キング

WEB版就活マニュアル登場

なぜ自己分析が必要なのか

      2015/08/28

就活生なら一度は「自己分析」という言葉を聞いたことがあると思います。自己分析は面接に臨む前にやっておくべきこととして、新卒の就職活動の現場では有名です。

しかし、「なぜ自己分析が必要なのか」ということを正確に理解している人は少ないのではないでしょうか。そこで、この記事では、自己分析が必要な理由をまとめてみました。

 

志望する会社・業界を決めるため

自分が本当にやりたいと思っている仕事はどんなものなのかを知るために、自己分析は役にたちます。

自己分析で「将来自分は何をしたいのか」と、とことん考えれば、その答えに沿った就職先を選ぶことが出来るからです。

「将来自分は何をしたいか」という問いへの答えが、「家族をもって幸せに暮らしたい」だったら、生活が安定する大企業への就職を考えるべきですし、「組織に縛られず、自由に生きてみたい」だったら、個人で稼ぐ力が早く身に付く仕事を選ぶべきです。

一部の学生は、子供のころから明確な夢があるために、「将来自分は何をしたいのか」と、考える必要がないのかもしれませんが、ほとんどの学生は「自分のやりたいこと」など、特にないため、自己分析として深く考える必要があります。

面接で「自分に関する質問」に答えられるようにするため

面接の場では「自分はどのような人間であるか」を説明しなければなりません。そのためには、「自分は何者か」ということを正確に理解しておかなければなりません。

自己分析をしっかりとしなければ、「自分の強み」や「自分の価値観」などを言語化することは難しいです。面接の場で聞かれたら、しっかりと分かり易く簡潔に「自分」を表現するために、自己分析をする必要があります。

普通の人は「あなたの強みは?」という質問にいきなり答えることは出来ません。しっかりした準備なしに、人に分かりやすく「自分の強み」を伝えることが出来る人はいません。

しっかりと自己分析をして、面接官に「自分」をアピール出来たら、面接で通過する可能性が上がります。面接で良いパフォーマンスを発揮するために、自己分析は欠かせない準備なのです。

まとめ
自己分析は、「自分が望む会社・業界を決めるため」と、「自分を正確に説明するため」に、する必要がある。

18卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2018卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

面接のコツはこちら

 - 自己分析