就活キング

WEB版就活マニュアル登場

面接直前にするべき3つのこと

   

面接直前には時間が限られているため、出来るだけ少ない時間で大きな効果が得られる事柄に取り組むべきです。

この記事では面接前という時間がない状況でも出来る、尚且つ、効果の高い3つのことを紹介します。

熱意を高める

面接の3時間くらい前から、徐々にその会社に対する熱意を高めていきましょう。

新卒の面接では、学生は全員働いた経験がないので、仕事をする能力に大きな差がなく、面接の場ではその企業への「熱意」や「本気度」といったものが、評価されます。

参考面接では「熱意」が最も重要

面接前に、企業のホームページや資料を見たり、説明会で言っていたことを思い出したりして、「その会社で絶対に働きたいんだ!」という気持ちを高めていくべきです、

面接本番には、「本当にその会社が心から好きだ!」と自信を持ってい言えるレベルまで、自分の気持ちを高めていきましょう。

面接を受ける会社のことが、滑り止めとして受けるため、どうしても好きになれない場合でも、自分を騙して、その会社のことを好きになれるように努力するべきです。

熱意を高める時には、「その会社で具体的に働いているイメージ」をしましょう。「熱意」や「本気度」を面接官に伝える時に、このイメージタイムが活きてくるはずです。

 

ESの内容を確認する

面接の前にはエントリーシート(ES)を確認して、自分が過去にESに何を書いてのかをチェックし、面接の場でESに書いてあることと違うことを言わないようにしましょう。

場合によって、エントリーシートの提出日と、一時面接の日が1か月以上離れている場合もあります。そのような時には、過去に自分がESに何を書いたのか忘れてしまっている場合がほとんどです。

ESに書いてあることを元に、面接官は質門をしてきます。学生の質門に対する答えがESに書いてあること全く違かったら、面接官は怪訝に思います。

面接の場では、ESの内容に付け加えるような説明をするくらいが丁度良いです。文字制限の関係で、エントリーシート(ES)に書けなかったことを、面接の場で付け加えるくらいの気持ちで、面接では話すようにしましょう。

 

面接前にこのポーズをとれ!

面接前に出来る最も簡単で、最も効果的な対策方法がこれです。以下の動画で紹介されています。

この動画で話をしている人は、人間の姿勢と行動について研究をしている社会学者です。

彼女がした研究によると、面接前に体を大きく開くあどの偉そうな姿勢を二分間キープするだけで、体の中のホルモンが変化を起こし、面接に良い影響を与えるというのです。偉そうなポーズとは以下のようなものです。

Screen Shot 2015-08-14 at 12.30.41

面接の前にトイレなどに行き、自分の腕と足を思いっきり開いて伸びをするようなイメージで偉そうなポーズを取って見て下さい。そうするだけで、自信のあるオーラを身につけられる可能性が上がります。

まとめ

面接前にやるべきことは、以下の3つ

  • 熱意を高める
  • ESを確認する
  • 体を大きく開いた状態を2分キープする

18卒学生注目の就職マッチングサービス

Meets Company

Meets Companyはイベント参加で内定獲得が叶う新しい形の就職マッチングサービスです。18卒新卒で就活をしている学生の話題を独占中。

面接のコツはこちら

 - 面接のコツ