就活キング

WEB版就活マニュアル登場

就職活動で評価されるコミュニケーション力とは何か

   

「新卒の就職活動で大事なのはコミュニケーション力だ!」という意見は良く聞きます。

企業も働く上で、コミュニケーションは重要だ、ということを言います。

この記事では、「新卒の就職活動におけるコミュニケーション力とはいったいなんなのか?」ということについて説明します。

新卒の就職活動におけるコミュニケーション力

3190967913_9b408c76cb_z -Communication- / darkpaul

就活の面接で見られているコミュニケーション力とは、ビジネスの現場で求めるられるコミュニケーション力と一緒です。

ビジネスの現場で求められるコミュニケーション力とは、以下のような能力です。

  • 最低限のマナー
  • 相手の話を正しく理解する能力
  • 相手の質問に適切に答える能力
  • 簡潔に重要なことを伝える能力

 

どれも仕事を効率良く進めるために、求められる能力です。

気を付けておきたいのは、大学生が考えているコミュニケーションとは全く違う、ということです。

一般的に、大学生が「あの人コミュ力あるよね。。」などと言う人のコミュニケーション力は以下のようなものです。

  • みんなの前で笑いをとる能力がある
  • 彼女がいる

 

このようなコミュニケーション力を、新卒の面接の場でアピールするのは、全くもって検討違いです。

学生の間で一般的に言われているコミュニケーション力と、新卒の面接で求められるコミュニケーション力は、全く異なるものだということを覚えておきましょう。

 

企業が見ているのは「最低限の」コミュニケーション力

新卒の面接の場では、最低限のコミュニケーション力があれば、大丈夫です。

コミュニケーション力がいくら高かったとしても、それはあまり意味がないものだと考えて良いでしょう。

コミュニケーション力は、ある意味で「足切り」のように使われます。

面接の場では、最低限のコミュニケーション力を示せれば、あとは人柄や熱意などの他の要素で評価されます。

 

自己PRでコミュニケーション力を言うのは有り?

ずばり、自己PRや自分の強みとして、コミュニケーション力を言うのは辞めるべきです。

コミュニケーション力は曖昧な能力です。曖昧なことをアピールしようとすると、いつかボロが出ます。

更に、上でも書いた通り、面接官は学生の「最低限」のコミュニケーション力に目を向けているので、コミュニケーション力が「高い」ことはあまり意味がありません。

自分のコミュニケーション力をアピールするのなら、そのコミュニケーション力を活かして、何かを成し遂げた時に使った他の自分の能力をアピールするべきです。

 

 

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

面接のコツはこちら

 - 面接のコツ