就活キング

WEB版就活マニュアル登場

コミュ障就活生が就活で結果を出すために意識しておくべきこと

   

コミュ障は就職活動で不利です。これは認めざるを得ない事実です。この事実は変えることは出来ません。また、コミュ障の人は、コミュ障を克服することは簡単ではありません。

この記事では、コミュ障が就職活動直前に知っておきたい、就活で少しでも良い結果を残すためのポイントをまとめました。

コミュ障はコミュ障であることを言い訳にしない

4384934249_03ddd57954_z Struggle for life / 25228175@N08

最も最悪なコミュ障は、コミュ障であること言い訳にしてばっかりいる人です。

「俺は私はコミュ障だから就職活動が上手くいかなくてもしょうがない。。」などと考えているうちは絶対に就職活動で良い結果を得ることが出来ません。

自分が就職活動で上手くいかない理由をコミュ障だけのせいだと思わないようにしましょう。

確かにコミュ障であることは就職活動では不利に働きますが、コミュ障だからといって就職活動で失敗する訳ではありません。コミュ障は就活が上手くいかない理由の1つに過ぎません。他の部分で十分挽回することが可能です。また、コミュ障の「程度」も努力次第で下げることが出来ます。

彼女が出来ない男が、彼女が出来ない理由として「顔」を挙げるのと構造は同じです。確かに「顔」が悪いと恋愛では不利に働きますが、「顔」が悪いからといって彼女が出来ないわけではありません。「顔」は恋愛がうまくいかない原因の1つにしか過ぎず、他の要素を鍛えることで十分に挽回することが出来ます。

「コミュ障」であることを言い訳にして、他の部分の能力を伸ばすことを怠らないようにしましょう。「俺はコミュ障だから就活がうまくいかなくて当たり前だ。。」などと言い訳ばかりして、努力をしないことが最も愚かです。

コミュ障が就活で結果を出すために知っておきたいこと

コミュ障が少し意識するだけで、面接に通過する可能性を挙げることが出来るポイントは以下の2つです。

  • 面接官の目を見て話す
  • ハキハキと元気よく話す

面接官の目を見て話す

面接官の目を見ずにキョロキョロしていると確実に評価を下げます。面接官の目を見て話すようにしましょう。

面接官の目を見て話すということは、少し意識すればできるようになるはずです。年上のおっさん面接官が来たとしても、威圧に負けないようにして、しっかりと目を見て話すようにしましょう。

ハキハキと元気よく話す

小さな声でゴモゴモと話をすることの印象もかなり悪いです。意識してハキハキと大きな声で話をするようにしましょう。面接の前に練習をしておけば、コミュ障と言えども面接の場でハキハキと元気よく話をすることは可能なはずです。

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

面接のコツはこちら

 - 面接のコツ