就活キング

WEB版就活マニュアル登場

既卒から正社員になるための就職活動の進め方

      2016/03/04

就職が決まらないまま、大学を卒業した既卒の人はどのように就職活動を勧めるべきなのでしょうか。

この記事では、既卒から正社員になるための就職活動の進め方についてまとめました。

6147754416_bd18ac3d16_zOfficers in pursuit / westmidlandspolice

既卒の就活の進め方

既卒の人が正社員になるための就職活動の進め方は以下の通りです。

  1. 既卒の就活の方法を知る
  2. 就職エージェントに登録する
  3. 就職エージェントに行く
  4. 就職エージェントに自分の希望を伝え、求人を紹介して貰う
  5. 面接を受ける
  6. 内定

既卒の就活の方法を知る

既卒として就職活動を始める時には、まずどんなサービスを利用できるのかを把握しましょう。

既卒の人が利用出来る主なサービスには、

  • ハローワーク
  • キャリアセンター
  • 求人サイト
  • 就職エージェント

などがあります。

ハローワークは国が運営している職業紹介サービスです。求人の数は豊富ですが、求人の質はイマイチな傾向があります。

キャリアセンターとうのは、卒業した大学の就職支援センターのことです。大学のキャリアセンターは多くの場合既卒の人でも利用することが出来ますが、どうしても新卒の人優先になりがちです。

求人サイトは、新卒の時のリクナビやマイナビなどのような、企業の求人募集情報を掲載しているWEBサイトのことです。

就職エージェントは、求職者の就職活動を、求人紹介や、面接対策、書類添削、応募手続き代行、企業説明など、トータルに支援してくれるサービスのことです。

これらの既卒の人が利用出来るサービスについては、下記の記事でまとめたので合わせて読んでおくと良いでしょう。

参考既卒が正社員になるために就職活動をする時に、利用できる公的機関や転職サイト、就職サービスまとめ

就職エージェントに登録する

上記で既卒の人が利用出来る就職支援サービスを紹介しましたが、既卒の人が実際に使うもので圧倒的に多いものが、既卒向けの就職エージェントです。

何故なら、就職エージェントを使うと、就職活動における色々な手間を省くことが出来るので、効率良く就職活動を進めることが出来るからです。

参考既卒・フリーター・第二新卒専用の「求人サイト」と「就職エージェント」のメリットとデメリット

なので、この記事では、就職エージェントを利用することを前提として、既卒での就職活動を進める手順について説明しています。

就職エージェントに行く

実際に就職エージェントに行きましょう。

東京の既卒向けの就職エージェントではハタラクティブがお勧めです。何故ならハタラクティブは東京に特化してサービスを行っているからです。

横浜、大宮、名古屋、大阪、福岡、静岡、新潟が近い人だったら、ジェイックを利用すると良いでしょう。ジェイックは10年以上既卒向けの就職サービスを行っている会社です。

それ以外の地方だったら、電話での就職相談や、就職アドバイザーの地方出張があるいい就職.comがお勧めです。

参考地方での就活に強い、「既卒・フリーター」専門の就職エージェント

就職エージェントに自分の希望を伝え、求人を紹介して貰う

就職エージェントに行ったら自分の希望を、就職エージェントの専任コンサルタントに伝えましょう。

就職エージェントは、求職者の希望と、採用企業の特徴の両方を考慮して、求人を紹介してくれるので、自分の就活の希望をしっかりと伝えることはとても大切です。

面接を受ける→内定

就職エージェントに紹介してもらった求人のなかかから、自分でいくつか選んで面接を受けましょう。面接に受かったら内定して入社という流れになります。

以上、既卒から正社員になるための就職活動の進め方についてでした。

    

正社員になれる就職エージェント

ハタラクティブ

ハタラクティブは東京に特化している若者向け就職エージェントです。東京で既卒・フリーターとして正社員になるために就職活動をしている人にお勧めです。

ジェイック

ジェイックは地方在住者にお勧めの若者向け就職エージェントです。東京、名古屋、大阪、福岡、新潟、静岡、横浜、大宮でサービスを提供している唯一の若者向け就職エージェントです。

ウズキャリ

ウズキャリ(元UTWO)は元公務員志望者の既卒・第二新卒・フリーターの就活生にお勧めの就職エージェントです。

 - 既卒就活基礎知識