就活キング

WEB版就活マニュアル登場

「新卒で就職した会社を数ヵ月で辞めてしまった人」が知っておきたい就職活動のポイント

      2016/02/02

新卒で入社した会社で働き始めて、何か決定的に自分と合わない部分を見つけてしまい、直ぐに辞めてしまう人は、毎年大勢います。

そのような人たちが再就職するためには、「既卒」としてもう一度就職活動を行う必要があります。

この記事では、「新卒で入った会社を数か月で辞めてしまった人」が、「既卒」として就職活動を行う時に、知っておきたいことについてまとめました。

新卒で入った会社を数か月で辞めてしまった理由の説明の仕方

8460906742_f6bfed40c5_zA few Rare Ferraris / gfreeman23

新卒で入った会社を直ぐ辞めてしまった人が、「既卒」として就職活動をする時に困るのが、「なぜ新卒で入った会社を数か月で辞めたのか」を説明することです。

どの企業も簡単に辞めてしまうような人材を採用したいとは思わないので、間違いなく「新卒で入った会社をすぐに辞めてしまった」という経歴は不利に働きます。

このような不利な側面を抱えながらも、面接官にマイナスなイメージを抱かれないように、「すぐ辞めてしまった理由」を言う必要があります。

説得力のある、数か月で辞めてしまった理由には以下のようなものが考えられます。

  • パワハラがあった
  • 残業があまりにも多かった
  • 希望していた職種につけなかった

新卒で入った会社が、当初の印象と全く異なり、凄まじいブラック企業であったため、パワハラや残業が酷く、それが原因で新卒で入った会社を短期間で辞めてしまった人は多くいます。

また、新卒の面接の場で希望を伝えた職種と、違う職種を入社後にやらされてしまい、それに納得出来ず、新卒で入った会社を退職した人も多くいます。

上記3つの退職理由は、経験した人が多くいるので、「入社後数か月で辞めてしまった理由」としては、納得感のあるものです。

新卒と既卒での就職活動の違い

「新卒で入った会社を数か月で辞めてしまった人」で、「これから既卒として就職活動を始める人」は、既卒での就職活動のイメージが全く持てないでいると思います。

実際、既卒での就職活動は新卒でのそれと大きく異なります。新卒の時と同じように就職活動を進めることが出来ると思うべきではありません。

既卒の人が使える就職サービスについては、以下の記事にまとめたので合わせて読んでおくことをお勧めします。

参考フリーター・既卒が正社員になるために就職活動をする時に、利用出来る公的機関や転職サイト、就職支援サービスまとめ

    

正社員になれる就職エージェント

ハタラクティブ

ハタラクティブは東京に特化している若者向け就職エージェントです。東京で既卒・フリーターとして正社員になるために就職活動をしている人にお勧めです。

ジェイック

ジェイックは地方在住者にお勧めの若者向け就職エージェントです。東京、名古屋、大阪、福岡、新潟、静岡、横浜、大宮でサービスを提供している唯一の若者向け就職エージェントです。

ウズキャリ

ウズキャリ(元UTWO)は元公務員志望者の既卒・第二新卒・フリーターの就活生にお勧めの就職エージェントです。

 - 既卒就活基礎知識