就活キング

WEB版就活マニュアル登場

既卒で就職活動をする人にとって、有利な年齢と不利な年齢

      2016/02/02

既卒で就職活動をするときには、年齢がとても重要になってきます。

既卒で就活をする人にとって、年齢は、学歴や経歴より大事になってくることが多いです。

この記事では、既卒の人が就職活動をする時に、不利になる年齢と有利になる年齢についてまとめました。

既卒の人が気を付けておきたい年齢

23495808304_81f1fc0fd8_zAnother Year Is Dawning (Explore 03-01-2016) / 22746515@N02

既卒で就職活動をする人が知っておくおく必要がある年齢の境目は、25歳、27歳、30歳の3つです。

何故なら、既卒向けの求人というのは、これら3つの年齢を境に大きく減少するからです。

25歳以下の既卒向けの求人数というのは、27歳以上の求人数より圧倒的に多いですし、27歳未満と30歳以上の求人数を比べると27歳未満の求人数のほうが圧倒的に多いです。

25歳、27歳、30歳という年齢を境として求人数が大きく変わる現象は、既卒向けの求人サイトを見れば確認することが出来ます。

既卒向けの求人サイトには、

という2つが有名なので、どちらかに無料会員登録をして求人を眺めてみれば、「25歳未満の人限定募集」だったり、「30歳以上の人は採用対象外」だったりの採用条件を多く見ることが出来ます。

なぜ、この25歳、27歳、30歳という3つの年齢が、求人数の減少の境目になっているのでしょうか。

それは、日本社会でこれら3つの年齢が、若さの基準を表す年齢として広く用いられてきたからです。

既卒の人の年齢の有利不利

以上の、年齢による求人数の変化を理解すると、既卒の人の年齢による、有利不利の現実が見えてきます。

もちろん、既卒の人の年齢は若ければ若いほど有利なのは間違いありません。

「若ければ若いほど良い」と言う時に使われる「若さ」をより具体的に考えると、既卒の就活では「25歳未満」、「25歳以上27歳未満」、「27歳以上30歳未満」、「30以上」という4つのグループに分けると分かり易くなります。

このように年齢をグループ分けすることにより、ただ「若ければ若い方が良い」と言っている場合に比べて、より分かり易く、自分の年齢が就職活動に与える有利不利をイメージ出来るようになります。

今のタイミングで考えて、上記4つのグループのうち、最も若い期間で就職活動を終わらせることが出来るように計算すると良いでしょう。

このように、年齢をグループ分けして、自分の就職活動を終わらせるタイミングを考える時には、誕生日を強く意識するようにしましょう。

例えば、年齢が26歳11カ月の人と、27歳1か月の人がいたとしましょう。この2人の年齢の差は2カ月しかありませんが、既卒で就職活動をしたならば、求人数に大きな違いが出てきます。

つまり、誕生日のちょっと前か後かという、少しのタイミングの違いが、自分の就職活動の結果に大きな影響を与えてしまうということです。

この誕生日による年齢の変化のせいで起きる求人数の減少などは、知っていればそれなりに対策をすることが出来るので、しっかりと把握しておくようにしましょう。

以上、既卒で就職活動をするときに有利になる年齢と、不利になる年齢についての説明でした。

    

正社員になれる就職エージェント

ハタラクティブ

ハタラクティブは東京に特化している若者向け就職エージェントです。東京で既卒・フリーターとして正社員になるために就職活動をしている人にお勧めです。

ジェイック

ジェイックは地方在住者にお勧めの若者向け就職エージェントです。東京、名古屋、大阪、福岡、新潟、静岡、横浜、大宮でサービスを提供している唯一の若者向け就職エージェントです。

ウズキャリ

ウズキャリ(元UTWO)は元公務員志望者の既卒・第二新卒・フリーターの就活生にお勧めの就職エージェントです。

 - 既卒就活基礎知識