就活キング

WEB版就活マニュアル登場

既卒の就職活動で、面接に臨む時の自己紹介の仕方

      2016/02/02

既卒としての就活の面接での自己紹介はどのようにするべきなのでしょうか。

この記事では、既卒生が実際に面接の場で使うことの出来る自己紹介の仕方について紹介します。

関連記事フリーターの正社員面接における適切な自己紹介の仕方

既卒としての就活での自己紹介の仕方

48860700_9ea3a9b6c0_zinterview with a hero.. / wilperalta

面接の場で既卒として自己紹介する場合も、自己紹介の基本は変わりません。

自己紹介の基本は、自分の基本情報を言うことです。既卒の人の自分自身の基本情報には以下のようなものがあります。

  • 名前
  • 出身
  • 年齢
  • 出身大学
  • 既卒として就職活動をしている理由

名前と、出身、年齢は、どこで自己紹介をしても言うことになります。

既卒の人の場合は、大学を卒業しているので、卒業した大学も言うようにしましょう。

さらに、既卒だけ自己紹介の時に言う必要があるのが、既卒として就職活動を行っている理由です。

既卒として就職活動をする場合には、ほぼ確実に面接の場で既卒になった理由を聞かれるので、自己紹介の時にそれを先に言ってしまうのが王道です。

既卒の自己紹介例

上記なようなことを踏まえて、既卒の人が面接の場でする自己紹介の例は以下の通りです。

就活キング(名前)と申します。出身は東京都練馬区です。1991年生まれの24歳です。○○大学を卒業しています。公務員試験の勉強をしていたため、新卒での就活のタイミングを逃し、今現在、既卒として就職活動を行っています。よろしくお願いします。

既卒の人の自己紹介のポイント

既卒の人が自己紹介をする時のポイントは以下の通りです。

  • 簡潔に分かり易く話す
  • 既卒になった理由をしっかりと考えておく

簡潔に分かり易く話す

自己紹介の時には自分の情報を、過不足なく正確に、簡潔に伝えるようにしましょう。

自己紹介は面接の冒頭に行うのが基本なので、自己紹介の出来栄えは第一印象に大きな影響を与えます。

出来るだけ良い第一印象を与えることが出来るように、上記に挙げた自己紹介の時に話すべきことを簡潔にハキハキと面接官に伝えるようにしましょう。

既卒になった理由をしっかりと考えておく

既卒になった理由は既卒で就職活動をしている人は、ほぼ確実に聞かれます。

「公務員試験を受けていたから」という分かり易い理由ならまだ良いですが、新卒の時に就職活動をしたけれども、内定を取ることが出来ずにやむおえず既卒として就職活動をしている場合などのハッキリと言うのが難しい、既卒として就職活動をしている理由の場合は、面接の場でどのように説明するべきなのかを事前にしっかりと考えておくようにしましょう。

以上、既卒の人が面接の場でする自己紹介の方法について解説しました。

    

正社員になれる就職エージェント

ハタラクティブ

ハタラクティブは東京に特化している若者向け就職エージェントです。東京で既卒・フリーターとして正社員になるために就職活動をしている人にお勧めです。

ジェイック

ジェイックは地方在住者にお勧めの若者向け就職エージェントです。東京、名古屋、大阪、福岡、新潟、静岡、横浜、大宮でサービスを提供している唯一の若者向け就職エージェントです。

ウズキャリ

ウズキャリ(元UTWO)は元公務員志望者の既卒・第二新卒・フリーターの就活生にお勧めの就職エージェントです。

 - 既卒就活基礎知識