就活キング

WEB版就活マニュアル登場

人材派遣業界を受ける時に知っておきたい志望動機

      2016/02/08

人材派遣業界は「人」を対象に商売をする仕事なので、他の業界にはない大変さや、魅力があります。

人材派遣業業界を受ける学生が良く使う志望動機についてまとめました。

人材派遣業界を受ける時に使える志望動機

9908603803_4836c1032a_z Human Structures / darwinbell

  • 人の出会いや成長を本気で応援したいから
  • 1人の人生により深く携わることができる
  • 子供のころから人の相談役になるのが好きだったらから
  • クライアントの経営者と共に企業の成長を考えていく
  • 雇用を創出する仕事に社会的に大きな意義を感じるから

人材派遣業界を受ける学生のなかで最もよく使われる志望動機が「人を応援したい」というものです。

小さいころから、人の相談役に乗ったり、人と会話するのが好きだった学生が人材派遣業界を志望する傾向にあります。

人材派遣業界の営業職では、中小企業の経営者の方をクライアントとして仕事をすることも多いので、そのことも人材派遣業界の志望動機になっています。

「人」を商品として扱うビジネスは非常にセンシティブです。人付き合いが得意でない人は受けるべきではない業界なのかもしれません。

人材派遣業界の基本情報

平均年収  486万円
平均勤続年数  5.7年
 平均年齢  36歳
 労働者数  21,942人
 業界規模  1兆1,895億円

出典:業界動向SEARCH.COM

人材派遣業界は、年収と平均勤続年数と、ともに「そこそこ」と言ってよい水準です。

「派遣切り」が社会問題になるほど、一時期注目を浴びた業界でもあります。政府による規制強化により、業界規模が大きく変動した過去があります。

自民党政権は大企業を優遇する傾向があるので、派遣関連法案はどれも人材派遣業界にとっては嬉しい方向に改正されます。しかし、民主党政権は労働者側をより重視した政策をとるので、派遣業界への規制をさらに強化する法律を作る傾向にあります。

平均勤続年数は5.7年と、長くはありません。これは、人を相手にする商売特有のストレスがあるのが原因の一つだと考えられます。

人材派遣業界での代表的な会社

  • デンプホールディングス
  • パソナグループ
  • メイテック
  • ワールドインテック
  • アウトソーシング

人材派遣業界のみならず、人材サービスを提供する会社に興味のある学生は下記の記事にも目を通して、業界大手の初任給、平均年収、3年後離職率と、業界の基本構造を抑えておきましょう。

関連記事人材サービス業界の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界基本情報

業界別志望動機はこちら

 - 業界・職種別志望動機