就活キング

WEB版就活マニュアル登場

証券会社を受ける時に使える志望動機

      2016/02/08

証券業界の仕事は、学生にとって具体的にイメージするのが難しいです。そんな証券業界を受けるときに使える志望動機について、この記事ではまとめました。

証券会社を受ける時に使える志望動機

3263881885_aab773ebb4_z American Stock Exchange / nancydevine

  • お客様との信頼関係が欠かせない仕事に魅力
  • 投資の社会的な意義の発展に貢献したい
  • ファイナンスに関するあらゆることが勉強できる
  • 厳しい環境で成長したい
  • マネー(投資)が好き

証券会社を受ける学生が良く使う志望動機は、「お客様の資産を預かるためには、お客様から信頼をいただかなければならない。そんな仕事に魅力を感じる。」というものです。

証券会社の新卒採用のために行う説明会では、この「信頼関係」というのが一つのキーワードとなってくるため、「信頼関係」を志望動機に入れる学生が多いのかもしれません。

「お客様との信頼関係が欠かせないことが魅力」ということの次に目立つ、証券会社を受ける学生の志望動機は、「投資をもっと浸透させたい」というものです。

「日本には金融資産を持っているのに、投資をせずに貯蓄をしている人が多い。この状況を変えるための一助になりたい」というような感じで、「投資」を社会に広めること自体を志望動機として多くの学生が用います。

その他には、「金融知識を身に着けることによってビジネスマンとしての基礎をつけたい」などのように、ファイナンスの勉強の一環として証券会社で働きたいということを志望動機にする学生もいます。

数は少ないですが、「証券会社という厳しい業界で仕事をすることによって自分を鍛えたい」ということや、「お金が好きだから証券業界で働きたい」ということを志望動機にする学生も存在します。

証券会社の基本情報

平均年収  761万円
平均勤続年数  9.3年
 平均年齢  40.6歳
 労働者数  7,551人
 業界規模  3兆9,006億円

出典:業界動向SEARCH.COM

証券会社の平均年収は761万円と非常に高い水準になっています。

業界規模も4兆円近くと、とても大きいです。

ただし、証券業界は過酷な仕事という噂が多い業界です。飛び込み営業などのノルマが課され、そのノルマを達成できないと、こっぴどくお叱りを受ける仕事なので、平均年収が高いのはもっともなのかもしれません。

証券会社での代表的な会社

  • 野村ホールディングス
  • 大和証券グループ本社
  • SBIホールディングス
  • 岡三証券グループ
  • 三菱UFJ証券ホールディングス

証券会社を受ける学生は下記の記事に目を通せば、下記の記事で紹介されている証券会社だけではなく、他の証券会社の初任給、平均年収、3年後離職率の傾向を知れます。また、証券会社で働いている人なら誰でも知っているような基本情報も紹介されています。

関連記事証券会社の初任給、平均年収、3年後離職率の比較と業界基本情報

17卒向け、今話題の就活サイト

キミスカ

キミスカはスカウト型の新卒向け就職支援サービスです。17,187名の2017卒の新卒学生が既に登録している、今話題の新しいタイプの就活サイトです。

業界別志望動機はこちら

 - 業界・職種別志望動機